異世界に行った時の正しい魂の使い方 -桜に誓う約束-

完結(37)

魂が具現化した物を『人具』と呼ぶ世界へ飛んだ赤石。自分の人具はまさかの『赤い石』。そして、人の魂を引き抜き『仮面』に変える力を持った不思議な青年・飛騨零璽との出会いと輪廻の物語。


※アルファポリスで書いていたものをストリエ版に改定しています。今後、ストリエ中心に展開していくことにしました。

%☆@◆#* さんの他のストーリー

異世界へ行った時の正しい魂の使い方ーアルファポリス版ー

18歳の主人公が元居た世界の科学・オカルト知識・ヲタク文化を輸出しながら日本によく似た異世界で町お越しを始める異世界転生系ファンタジー。平民として生まれた少年は下克上を掲げて駆け抜ける!『想像』して『創造』する。『思考』して『施行』する。 魂が具現化したものは『人具』と呼ばれた。 人具……――それは、神でいう『神具』に同じである。 その魂の前世に深い縁のあったものが、その姿を取って具現する。 人具は、己の分身。己の人具を信頼せよ。それは、己を信ずることど同意義である。 *・*・*・*・*・*・*・* 設定では溺愛されている予定です。見切り発車仕掛けているので、矛盾が生じていたら、すみません。出来るだけ矛盾しないように務めます。 魂から出てくるモノは武器から農具、子供の玩具などなど様々。 普通の刀剣や、槍などの武器から、 トマト、仮面、おはじき、釣り竿のような道具まで千差万別。 ギャグを目指して書いていきますが、作者が根暗なのでシリアス走る可能性は大いにあり得ます。 あまり表現は上手ではありません。好き勝手書いていきます。 読んでくださる方に、楽しい時間を提供できるように書かせていただきます。

2017.05.30 連載中 (28)
2
4

異世界へ行った時の正しい魂の使い方 ーギルド『天之御中主』ー

とある王国・テルファートにある何でも屋・ギルド『天之御中主』。モンスター退治から護衛などさまざまな仕事の請負人達。今日も彼らの仕事は大忙しで大騒ぎ。そんな仕事請負人達の鮮烈なるほどグダグダした日常を、ここに綴る。 ○○○○○アルファポリスにて連載していたものを改変して投稿します。本編だとギャグが猛烈に下手なので、ここでは作者の馬鹿さをごらんください

2017.03.31 連載中 (3)
0
2

現代怪異譚 ―捜し物語り―

「ねぇ。お人形の体、探してくれる?」両手両足のない人形を持った子供がそうお願いしてくる。だが、決してその子供の願いを聞き入れてはいけない。もしそれを聞いてしまうと……――。以前、とあるジャンプ漫画のキャラクターを使って二次創作していた時に書いていた、作者の趣味全開のホラーファンタジー。ハッキリ言って怖くありません。『着信○り』レベルの心臓がドキドキするようなホラー御所望の方は申し訳ありませんがブラウザバックお願いします。 アルファポリス第十回ホラー大賞応募作品……なのですが、ストリエでやって良いのか謎に思いながらも投稿します。 選考員の方『文字だけ勝負でお願い』でしたらコメント欄などでご連絡ください。私から応募を取り消します。<a href="http://www.alphapolis.co.jp/cont_access2.php?citi_cont_id=697104795" target="_blank"><img src="http://www.alphapolis.co.jp/cont_access.php?citi_cont_id=697104795&size=300" width="300" height="45" /></a>

2017.05.11 連載中 (7)
0
5

イラストレーター

おすすめのストーリー

鍵のかかった小部屋

キャラクターイラスト musubi様からお借りさせていただきました!鍵をかけた小部屋に帰ってきた。鍵はどこか無くしてしまった。渡した鍵の所在はあるけどもう開ける子もいない。すごく大人になってしまったから。いつでも待っているけど。私の時間ももう少ししか残ってない。だからどうかその子に伝えたい大人になってしまったあの子だけがこの扉の鍵なんだ。子供心に渡された鍵もう覚えてないかもしれない手遅れだとしてもこの物語を語ろうそのときなのだろう。

2020.04.06 連載中 (2)
2
5

この空はどこまでも続いている。

 空を見上げて、手を伸ばしたら、空に届きそうと感じたことはありませんか?これはそれについての物語です。 天気や空が好きな女子中学生の2人。その子も時が流れれば流れるほど空がもっと好きになってゆく。その子の周りの子たちも空に魅せられていってー・・・

2020.06.17 連載中 (9)
17
9

恋の始まりは喫茶店にて

喫茶店で働くアイドルウェイトレスのアイリーンは、お店に関わる誰かの粋なはからいで、年明けから開校する魔法学城へ入学する。 魔法学城での生活を楽しく感じながらも、誰が自分の学費を払っているのかを知りたくて、お礼がしたくて、とにかく気になって、勉強なんて頭に入ってこないし、喫茶店の仕事もミスが増えるばかり……。そんな日々が続いて数ヵ月後の初夏。遂にアイリーンのために学費を出資してくれている人物が明らかに! 果たしてどうなってしまうのか。。これは、喫茶店に集う男女と、魔法学城に通う学生たちの、恋のかたち、愛のかたち。※BL要素もあります。

2019.01.15 連載中 (1)
1
2
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • ファンタジー
  • アクション
  • 長編
  • 転生ストコン
close