戯言喫茶

完結(16)

何気ない外回りで見つけた小さな喫茶
誰もいない喫茶店で「相席は良いか?」と声をかけられた。

そこから始まるちょっと不思議な物語

藍沢 七星さんの他のストーリー

ドライブ日記

愛車でのドライブ日記になります。物語のように誇張して書いているので、笑っていただければ幸いです。車両のナンバーはマイカー以外は隠してあります。

2018.06.27 連載中 (1)
0
1

お城の地下に魔王が寝ていた。

城の地下室・・・そこには棺があった。

2017.05.11 連載中 (5)
0
5

ウズメビヨリ

ある日のこと、お昼の朝ドラ再放送を見ていた私は……あることに気づきました。帰ってきた。山陰復興できたらいいな小説

2016.12.09 連載中 (3)
0
2

イラストレーター

おすすめのストーリー

鍵のかかった小部屋

キャラクターイラスト musubi様からお借りさせていただきました!鍵をかけた小部屋に帰ってきた。鍵はどこか無くしてしまった。渡した鍵の所在はあるけどもう開ける子もいない。すごく大人になってしまったから。いつでも待っているけど。私の時間ももう少ししか残ってない。だからどうかその子に伝えたい大人になってしまったあの子だけがこの扉の鍵なんだ。子供心に渡された鍵もう覚えてないかもしれない手遅れだとしてもこの物語を語ろうそのときなのだろう。

2020.04.06 連載中 (2)
2
5

この空はどこまでも続いている。

 空を見上げて、手を伸ばしたら、空に届きそうと感じたことはありませんか?これはそれについての物語です。 天気や空が好きな女子中学生の2人。その子も時が流れれば流れるほど空がもっと好きになってゆく。その子の周りの子たちも空に魅せられていってー・・・

2020.06.17 連載中 (9)
17
9

恋の始まりは喫茶店にて

喫茶店で働くアイドルウェイトレスのアイリーンは、お店に関わる誰かの粋なはからいで、年明けから開校する魔法学城へ入学する。 魔法学城での生活を楽しく感じながらも、誰が自分の学費を払っているのかを知りたくて、お礼がしたくて、とにかく気になって、勉強なんて頭に入ってこないし、喫茶店の仕事もミスが増えるばかり……。そんな日々が続いて数ヵ月後の初夏。遂にアイリーンのために学費を出資してくれている人物が明らかに! 果たしてどうなってしまうのか。。これは、喫茶店に集う男女と、魔法学城に通う学生たちの、恋のかたち、愛のかたち。※BL要素もあります。

2019.01.15 連載中 (1)
1
2
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 日常
  • サクッと短編
close