元魔王だが転生先が勇者の娘な件

完結(10)

魔王と勇者の戦い。その決着は、勇者の勝利で幕を降ろした。お互い死力を尽くし、正々堂々真正面から戦った魔王と勇者に恨みなどなく、ただ静かに終わりを見せる。そして魔王と勇者の物語は、そこで全てが終わったかに見えたが――

タイトル通り、魔王が勇者の娘となって転生するお話です。

笹村工事さんの他のストーリー

あんこ&安価ぽいものをやってみよう

サイコロ転がしてお話の方向性を決めるよ⇒あんこ読者からリクエストを受けてお話作るよ⇒安価かなり雑な感じの説明になってますが、そんな感じの物を作っていこう、という代物です。やる夫系スレみたいなのが好きなので、こっちでも流行ってくれんかな~、みたいな気持ちで書いてます。

2017.08.10 連載中 (22)
20
4

かくて魔王は殺される

魔族と魔王が平穏に生きる、とある大陸。そこには人間も住んでいた。人造の神を頂く人間達は、旺盛な繁殖力で数を増やし、遂には数の力を頼み魔王と魔族を全滅させるべく、戦いを起こそうとしていた――既に投稿しています「元魔王だが転生先が勇者の娘な件」の前日譚的な話になります。「元魔王だが転生先が勇者の娘な件」の続きを書こうかと思い、その前に設定などの創り込みも兼ねて、今回投稿しています。

2017.05.08 連載中 (4)
0
1

ごった煮

適当にダベる感じに、とりとめなく書いていく代物です。なんかこの先こういうのがあると良いなぁとか、企画とかするとしたらこんな感じとか、その場の気分で即興で話を作っていったりとか、そんな感じの代物です。

2017.03.06 連載中 (4)
3
2

イラストレーター

おすすめのストーリー

鬼灯村

橘光輝、東龍二、上野信也、神宮司隼人、佐倉有希の5人は興味本位に過去に惨殺事件があった村に夏休みを利用して訪れる。その村で5人に襲いかかる悲劇と5人が知る事となる村の真実とは・・・

2018.06.13 連載中 (15)
0
6

恋色季節風

 由梨は幼い頃から父子家庭で育ったが、父が亡くなったため高校生にして天涯孤独の身となり、広島にある伯父の家に引き取られることになる。この家で暮らすのはこれが初めてではなく、七歳の頃、父が海外出張に行ったとき二カ月ほど預けられたことがあった。当時、由梨は従兄の聖二に想いを寄せていた。それが由梨の初恋だった。その新しい家庭で暮らすうちに由梨は当時の感情を再び呼び覚ましていく。そんなある日、近所にある薔薇園を通りかかったとき偶然、物や場所に宿った残留思念を読み取る超能力、サイコメトリーに目覚め、幻想の中で自分が聖二とその姉、涼子と寄り添う情景を見る。由梨は子供の子頃にささやかな愛情を注いでくれた涼子を姉のように慕っていたが、後にふとしたことから涼子だと思い込んでいたその人物が実は死別した聖二のフィアンセ、伊織だったことを知ってしまう。由梨は七歳の頃、伊織ともよく会っていたことを思い出し、短い間だったが三人で過ごした幸せな日々を思慕するが、同時に聖二がまだ過去の記憶を引きずっていることに嫉妬と苛立ちを感じるようになる。やがて再婚して三年前に東京に引っ越した母親が会いに訪れ、由梨を引き取りたいと言い出す。由梨は突然のことに戸惑い、故郷や聖二から離れたくないという想いを募らせ、自分の境遇を受け入れられずに思い悩むが、それでも実の母親が引き取ると言う以上は抗えない。漠然とした不安を抱えながら最後の時を過ごす中で東京の高校に転校する準備が進み、友達にも別れを告げて、これまで人生に一区切り付けるが、東京に行く前日に聖二が胃潰瘍で入院してしまう。医師によると、病状は軽いが本人に生きようとする気力がないため回復しないのだという。由梨は生きる希望を失った聖二を前に伊織の言葉を伝えれば励ませると思い立ち、薔薇園におもむいて最後に伊織との記憶を伝えようとサイコメトリーする。その時、死期が迫っても最後まで希望を捨てずに気高く生きようとした伊織の生き方に共鳴し、二人への嫉妬や心のわだまかりが溶け出していく。同時に自分の運命を受け入れ、過去に囚われていた自分と決別して未来へと歩み出すことを決意する。そして、病室の聖二に別れを告げ、未来への希望を胸に秘めて東京へ旅立って行く。

2018.04.14 連載中 (10)
0
1

ヴァンパイアくんとオオカミちゃん

吸血鬼と狼と人間と、その他諸々の物語。コメディとシリアスを半々程度でお送りします。人外愛と人間への憎悪と、彼らへの偏愛と諦めを添えて。

2018.03.04 連載中 (4)
0
2
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • ファンタジー
  • コメディ
  • 転生ストコン
  • 日常
  • アクション
close