ナギのせいで!

完結(5)

「ナギのアホっ!起こしたげるとか言ってナギも寝ちゃったんでしょ!」
「寝とらん!起きてたが!」
「なら何でこんな山ん中に来ちゃってるんよ!」
「携帯のゲームが面白ぉてな。そいで気がついたら…」
「ドアホーっ!おまけにそれ私の携帯な!勝手に使うな!」
「落としたの拾ったげたんよ!『ありがとう』は?」
「……………」
 真冬の夜、津山の街までボランティアに行った帰りの汽車。ナギにすすめられるまま一眠りして、揺り起こされたら見たこともない山の中だった。
 とりあえず次の駅で降りて家に電話しようとしたら、ナギがゲームやったせいで電池切れ。まわりに何もない山奥の無人駅は、ナギが待合室のドアを壊したせいで氷のように寒い。そして戻る汽車は来る気配すらない…。
「なあ!山の向こうまで線路歩いて、おばあちゃん家に行こ!」
「はぁ?!」
 ナギが言うには、一つ先の駅…長いトンネルで山を越えた向こうに祖母の家があるという。
 けどだからって、なんでそんなムチャな…
 でも、たしかにココにいても凍え死ぬばかりで、そして他にアテはない…。
 大冒険、疑惑、衝撃、そして静かな感動が待つ、幼なじみの少女二人のドタバタ珍道中。

田島葵さんの他のストーリー

落ちたい入試

「ホンマにウチだけ、受かっちゃってええん?」。高三の秋。大学のAO入試を控えたウチは面接練習に励むも、大事な質問でヘマを繰り返す。思い浮かぶ深雪ちゃんの顔や足音が、ウチの調子を狂わせていた。 まわりが推薦やAO入試などで簡単に進学先を決めていく中、一人ぼっちで一般入試の勉強を続ける深雪ちゃん。そんな深雪ちゃんを置いて、ウチまでサッサと大学を決めちゃってええん? …聞きたいけど、恐くて聞けない。そして、その彼女をめぐって生じる新たな疑惑…今時の受験事情を背景に、今時の「友達との距離」を笑い&腐女子ネタとともに描く短編。

2016.02.15 完結 (4)
1
9

みのり二人

寒い大雪の日。体調を崩したみのりが学校を早退してくると、母親がいるはずの家には鍵がかかり、なぜか雨戸までが固く閉ざされていた。家の前にうずくまっているところを通りがかりのお姉さんに助けられ、みのりはそのお姉さんのアパートに落ち着く。同じ「みのり」という名前で、顔もみのりによく似ている…そんなお姉さんが、みのりの性格や趣味、そして誰にも言えないでいる悩みまで次々に言い当ててくる…。あなたの生きづらさや将来への不安をきっと癒やしてくれる、心温まる短編SF。

2015.06.04 完結 (5)
6
8

イラストレーター

おすすめのストーリー

鍵のかかった小部屋

キャラクターイラスト musubi様からお借りさせていただきました!鍵をかけた小部屋に帰ってきた。鍵はどこか無くしてしまった。渡した鍵の所在はあるけどもう開ける子もいない。すごく大人になってしまったから。いつでも待っているけど。私の時間ももう少ししか残ってない。だからどうかその子に伝えたい大人になってしまったあの子だけがこの扉の鍵なんだ。子供心に渡された鍵もう覚えてないかもしれない手遅れだとしてもこの物語を語ろうそのときなのだろう。

2020.04.06 連載中 (2)
2
5

この空はどこまでも続いている。

 空を見上げて、手を伸ばしたら、空に届きそうと感じたことはありませんか?これはそれについての物語です。 天気や空が好きな女子中学生の2人。その子も時が流れれば流れるほど空がもっと好きになってゆく。その子の周りの子たちも空に魅せられていってー・・・

2020.06.17 連載中 (9)
17
9

恋の始まりは喫茶店にて

喫茶店で働くアイドルウェイトレスのアイリーンは、お店に関わる誰かの粋なはからいで、年明けから開校する魔法学城へ入学する。 魔法学城での生活を楽しく感じながらも、誰が自分の学費を払っているのかを知りたくて、お礼がしたくて、とにかく気になって、勉強なんて頭に入ってこないし、喫茶店の仕事もミスが増えるばかり……。そんな日々が続いて数ヵ月後の初夏。遂にアイリーンのために学費を出資してくれている人物が明らかに! 果たしてどうなってしまうのか。。これは、喫茶店に集う男女と、魔法学城に通う学生たちの、恋のかたち、愛のかたち。※BL要素もあります。

2019.01.15 連載中 (1)
1
2
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 学園
  • コメディ
  • 中編
  • 友情
  • ハッピーエンド
close