ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換して『双極性障害』の実態を晒す

連載中(5)

 これは藤花のエッセイ『ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換シリーズ』の第四弾!

 始まりは突然だった……のか?それとも今までのストレスの蓄積に我慢の限界が来たのか?
 突如職場で久々の過呼吸を起こしたぼっちソロ充オタク。
 職場の方に迷惑を掛け、居た堪れない気持ちと共に足を踏み入れたメンタルクリニック。
 そこで医師に言われた言葉、それは……。

 『今あなたに必要なのは薬の服薬と休息』『すぐに仕事を休んだ方が良いと思います。このままでは圧倒的に休息が足りない』

 有無を言わさぬ医師の言葉に閉口するしか無かったあの頃……。

 社会人一年目、しかも夢を叶えて大好きな仕事に就いた筈で……。
 独り暮らし継続も許され、充実していた……筈だったのに。
 医師の書いた診断書に書かれていた物、それは『双極性障害』だった。

 鬱と躁鬱を繰り返す鬱病の一種。苦しくて苦しくて仕方の無かったあの日々。

 このまま自分は元の生活に戻れるのか?戻りたい。だけど戻りたく無い気もする……。
 迷走に迷走を繰り返し、止める人が居なかったらきっと今自分はここには居なかった。そんな闇の鬱トンネルにひょんな事から足を突っ込んでしまっていた。

 そこから出てきて数ヶ月。Twitterで苦しい実体験を上げている人が居る。それに救われている人も居る。
 そういえば自分があの頃救いを求めて読んだ物も鬱病の実体験本だった。

 それを思った瞬間作者は思った。
 もしかしたらこの苦しい体験を晒す事で救われる人が居るのでは無いか?
 そして同時にそれを書く事で……自分もこの治らない病気と付き合い続ける覚悟も決まるかも知れない。

 そんなぼっちソロ充オタクの『双極性障害』体験記。

※今まで書いていたエッセイとは毛色の違う物語です。非常に暗い物語になる恐れがありますので、読む時は覚悟を決めてからでお願いします

使用させて頂いたアイコンメーカー様はこちら↓
https://picrew.me/image_maker/3595

藤花詩空さんの他のストーリー

何でも屋とお姫様―『何でも屋・蜜』の章―

 和の国・大和帝国の都・和に暮らす数えで十九になる高天野原蜜門は『茶屋・高天雅原』を営む幼馴染で想い人の高天雅原法乃・その妹で許嫁に当たる法音姉妹の店の二階を借りて姉・蜜知と暮らしながら生まれ持った霊力を生かして主に人外相手の祓屋として活躍する『何でも屋・蜜』を営んでいる平凡な少年。面倒臭がりなのが玉に瑕だが、器用貧乏ながら様々な術を使いこなす事で評判はそれなりに高い。そんな彼は幼い頃から世界各国を飛び回っている祓屋の両親に連れられて十年前に行った国民が魔法を使える不思議な国が集まる・魔法連邦の一部に所属する魔洋王国(まひろおうこく)でとんでもない事態を引き起こしてしまった。何と両親の仕事先の王宮で当時三歳だった小さなプリンセスに好意を持たれてしまったのだ! 当時蜜門は彼女が自分を忘れる未来を考え『王女様が魔法を使えるようになった頃、それでも気持ちが変わらなければ会いに来て』と伝える事で事なきを得た……筈だったのだが……。 ある日何でも屋で何時も通り暇をしていると……突然突風が吹き込み……十三歳になった魔洋国のプリンセス・ロウカ(浪華)が魔法を使って本当に会いに来てしまって……!? 更に和では大和大国では使えない筈の魔法を使った怪事件が発生し、ロウカ(浪華)に疑いの目が向く中、法乃がストーカーに出遭う事件も発生して……!? なんちゃって和国から送る和風ファンタジーラブコメ。

2020.07.07 連載中 (1)
0
0

何でも屋とお姫様―『旅少年・何でも屋』の章―

 不可思議生物が所々に生息する大陸。この大陸には不可思議生物を従える事の出来る術・召喚術を駆使する人間も多数居て、その人々の御陰で人間と不可思議生物は共存出来ていた。この大陸を旅している“旅少年”の鼓も数えで十七歳の召喚術使い。しかも人外の物相手に活躍する祓屋家系・高天野原家の生まれである。両親の様な立派な祓屋に成る為、鳥怪獣の火焔鳥、火炎を相棒に『何でも屋』と自分を称しながら修行の旅をしている最中なのだった。そんな鼓はある日大陸の中でも凶暴な怪獣が多く生息していると言われる術中皇国の手前で怪獣に追われていた様子の術中皇国第一皇女、蕾と遭遇する。火炎が自主的に助けて事なきを得るが、蕾はその一件で鼓が優秀な召喚師だと勘違いし、依頼を受けて欲しいのだと頼み込んできた!困っているなら断る訳にはいかないと、鼓は引き受ける事にするが、彼は今までに野生怪獣退治等した事が無く……。鼓は初の野生怪獣退治を成功させる事が出来るのか……!? 立派な祓屋を目指す何でも屋の旅少年と彼が従える不可思議生物達が大活躍を見せるファンタジーラブコメディ。※本作は『【藤花の零れネタ】自称物書き・ぼっちソロ充オタク・藤花詩空の未公開作品粗筋&プロローグオープニング集』の『零れネタ3 和風ファンタジー1 怪獣(モンスター)使い』の章だった物をタイトル・キャラ名・性格等を大幅に改変したリメイク作品です藤花の零れネタ↓https://storie.jp/creator/story/14259

2020.07.05 連載中 (1)
0
1

HoneyButterfly

 就職に失敗した主人公・羽翼葉花はアルバイトもせずに親の脛齧りをする日々を送っていた。 そんなある日、幼馴染で親友の飛風達樹からの急な電話により見兼ねた両親によって経営しているアイドル事務所の一つ、しかも弱小でありアイドルユニットも一つしか無いという『翼プロダクション』の社長を任されたと知る事に。 そこでは個性豊かなアイドル達が有名になって羽撃く事を夢見ながら待っていた! 美しき蝶達を葉花は羽撃かせる事が出来るのか!?使用させて頂いたアイコンメーカー様↓https://picrew.me/image_maker/52798https://picrew.me/image_maker/196270

2020.06.02 連載中 (1)
0
0

イラストレーター

おすすめのストーリー

鍵のかかった小部屋

キャラクターイラスト musubi様からお借りさせていただきました!鍵をかけた小部屋に帰ってきた。鍵はどこか無くしてしまった。渡した鍵の所在はあるけどもう開ける子もいない。すごく大人になってしまったから。いつでも待っているけど。私の時間ももう少ししか残ってない。だからどうかその子に伝えたい大人になってしまったあの子だけがこの扉の鍵なんだ。子供心に渡された鍵もう覚えてないかもしれない手遅れだとしてもこの物語を語ろうそのときなのだろう。

2020.04.06 連載中 (2)
2
5

この空はどこまでも続いている。

 空を見上げて、手を伸ばしたら、空に届きそうと感じたことはありませんか?これはそれについての物語です。 天気や空が好きな女子中学生の2人。その子も時が流れれば流れるほど空がもっと好きになってゆく。その子の周りの子たちも空に魅せられていってー・・・

2020.06.17 連載中 (9)
17
9

恋の始まりは喫茶店にて

喫茶店で働くアイドルウェイトレスのアイリーンは、お店に関わる誰かの粋なはからいで、年明けから開校する魔法学城へ入学する。 魔法学城での生活を楽しく感じながらも、誰が自分の学費を払っているのかを知りたくて、お礼がしたくて、とにかく気になって、勉強なんて頭に入ってこないし、喫茶店の仕事もミスが増えるばかり……。そんな日々が続いて数ヵ月後の初夏。遂にアイリーンのために学費を出資してくれている人物が明らかに! 果たしてどうなってしまうのか。。これは、喫茶店に集う男女と、魔法学城に通う学生たちの、恋のかたち、愛のかたち。※BL要素もあります。

2019.01.15 連載中 (1)
1
2
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 体験談
  • エッセイ
  • 書き起こし
  • 双極性障害
close