ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換して『双極性障害』の実態を晒す

連載中(5)

 これは藤花のエッセイ『ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換シリーズ』の第四弾!

 始まりは突然だった……のか?それとも今までのストレスの蓄積に我慢の限界が来たのか?
 突如職場で久々の過呼吸を起こしたぼっちソロ充オタク。
 職場の方に迷惑を掛け、居た堪れない気持ちと共に足を踏み入れたメンタルクリニック。
 そこで医師に言われた言葉、それは……。

 『今あなたに必要なのは薬の服薬と休息』『すぐに仕事を休んだ方が良いと思います。このままでは圧倒的に休息が足りない』

 有無を言わさぬ医師の言葉に閉口するしか無かったあの頃……。

 社会人一年目、しかも夢を叶えて大好きな仕事に就いた筈で……。
 独り暮らし継続も許され、充実していた……筈だったのに。
 医師の書いた診断書に書かれていた物、それは『双極性障害』だった。

 鬱と躁鬱を繰り返す鬱病の一種。苦しくて苦しくて仕方の無かったあの日々。

 このまま自分は元の生活に戻れるのか?戻りたい。だけど戻りたく無い気もする……。
 迷走に迷走を繰り返し、止める人が居なかったらきっと今自分はここには居なかった。そんな闇の鬱トンネルにひょんな事から足を突っ込んでしまっていた。

 そこから出てきて数ヶ月。Twitterで苦しい実体験を上げている人が居る。それに救われている人も居る。
 そういえば自分があの頃救いを求めて読んだ物も鬱病の実体験本だった。

 それを思った瞬間作者は思った。
 もしかしたらこの苦しい体験を晒す事で救われる人が居るのでは無いか?
 そして同時にそれを書く事で……自分もこの治らない病気と付き合い続ける覚悟も決まるかも知れない。

 そんなぼっちソロ充オタクの『双極性障害』体験記。

※今まで書いていたエッセイとは毛色の違う物語です。非常に暗い物語になる恐れがありますので、読む時は覚悟を決めてからでお願いします

使用させて頂いたアイコンメーカー様はこちら↓
https://picrew.me/image_maker/3595

藤花詩空さんの他のストーリー

指名執事~使用人学校の小悪魔お嬢様~

 城ヶ崎財閥令嬢、城ヶ崎真理愛はもうすぐ高校二年生になる。 彼女は生まれた時から許嫁が居る、女子校育ちの箱入り娘で我が儘放題に育った生まれながらのお嬢様。その為彼女の人生には家族以外の男子はほぼ居た事が無い。それでも少女漫画や乙女ゲームをこよなく愛し、ゲームのような恋に憧れる所があった。 しかし真理愛は一年後、小さい頃に関わっただけの許嫁が十八歳になった時にそのまま結婚する事が決まっており、このまま恋をせずに好きでもない相手と結ばれるという人生を覚悟していた。 そんなある日、真理愛の幼い頃に駆け落ちをする事で家から逃げ出した母親の代わりに面倒を見てくれていたメイド長で、早くに夫を亡くして女手一つで兄弟を育て続けて来た女性・千穂里と一人娘の真理愛を溺愛する父親・真賢が子連れ再婚する事になるという話をされる。 母親代わりだった憧れの女性と父親の再婚は当然喜ばしい物だと思い、千穂里の息子達とも幼い頃からの付き合いだった為、受け入れない選択肢は無かった。しかし真理愛はこれをチャンスだと感じ、真賢に再婚を許す代わりに男性の居る学園生活を高校二年生の一年だけでもしてみたいと申し出る。その目的はゲームをするように男性達を翻弄して自分に惚れさせ、婚姻までの間に一時だけの恋を楽しむという不純な動機だったが……それを受けた真賢は真理愛の為に用意した使用人養成校に偽名でメイドの振りをして通うのであれば手配すると約束をしてくれる。しかし同学校に居る義兄弟に護衛を兼ねて貰い、彼等以外に正体がバレた事がわかれば即終了、元の学院へ戻るという条件付きだった。 そうして使用人養成校に城崎真理(しろさきまり)という名前のメイドに扮して正体を隠しながら通い始めた真理愛。彼女は個性的な執事達や彼女の状況を心配し追い掛けて来た許嫁、義兄弟達と関わり合いながら……偽りの恋を探す事に。「落とそうと思っていた筈なのに……まさかわたくしが落とされるなんて」 彼女にこの台詞を言わせられるヒーローは居るのか!? ゲームのような恋に憧れるお嬢様の学園偽装恋愛ゲーム……ここに開幕!

2019.09.17 連載中 (1)
0
1

DreamersYouth――夢見る者達の青春――

 夢魅世(ゆめみせ)学院は芸能界デビューを目指す子供達の通過点。この学院に入るには芸能事務所のスカウトを受け、推薦される必要がある。 そんな夢か幻のような場所へと足を踏み入れる事が許された少女・樹下空藍。しかし彼女は数値化出来ない倍率を潜り抜けて来たというのに自信が持てないでいた。 そんな空藍は既に活躍し、名の知れて居る三つ子アイドル・Triplett★Fantasieや女性アイドルとして活躍し初めている日高陸那と同じ最優良クラスであるSSS(トリプルエス)クラスに配属されるが、自分にそこまでの魅力があるとは思えず、どこか他人事のような気持ちで授業に出る日々を過ごしていた。そんな空藍の唯一の楽しみはTriplett★Fantasieの一人・野上朝光と会える事だった。明るく優しい朝光は正反対である空藍も気に掛け、自信のない空藍を気に掛けてくれていたのである。 そんなある日、同じクラスの別のアイドルと二人ずつレッスンを受ける授業で空藍は朝光とペアになる。しかし最初の授業で一緒になったのは何故か朝光の弟・野上夜光だった。驚く空藍に夜光は『俺がペアを代わった』と告げ、その理由を『御前は兄貴の足を引っ張るだけだから解消させた』と衝撃の言葉を放つ。更に夜光は努力もしていないのに自信の無い空藍が気に入らないと言い放った。 言葉のキツイ夜光に怯えながらも授業を受ける空藍だったが、一生懸命な彼に刺激され自分も頑張って憧れの朝光と並び立てるようになりたいと思うようになる。そんな空藍に夜光も協力を約束し……。 夢を魅せる立場である少年少女達の……掛け替えの無い青春の一頁。

2019.09.10 連載中 (1)
0
1

SEASONS~梅雨女子と四季男子~

 夜明紫梅雨はネガティブで人見知りで引っ込み思案な少女。そのせいで何かと理由を付けては引き籠もろうとする癖がある。 そんな彼女を幼い頃から知って居る四人の幼馴染は代わる代わる彼女に声を掛けて外に連れ出す事が朝の日課になっていた。 天然マイペースながらふんわり優しい雰囲気を纏う春のような少年・真昼桃春。少し素直では無い所もあるが、元気で明るい夏の太陽のような少年・深夜黄夏。芸術家肌で多趣味なのだが、昼寝好きで不思議な雰囲気を纏う秋色の少年・夕暮秋橙。クールで沈着冷静な性格から冬の澄んだ空気のような少年・早朝冬水。 四季のような男子達は紫梅雨を連れ出す事が出来るのか……? 梅雨のような特徴を持つ女子と四季のような特徴を持つ男子達のゆるーい日常短編集。使わせて頂いたメーカー様はこちら↓https://picrew.me/image_maker/40704https://picrew.me/image_maker/16871

2019.08.27 連載中 (1)
0
0

イラストレーター

おすすめのストーリー

僕らのアセンション・ダイアリー

高校生達の次元上昇奮闘記。          第4話「デジャヴとジャメヴの狭間で」を更新。

2019.09.22 連載中 (4)
4
8

Bit&ワンダーランド!

ブラウン管とレトロゲームが織りなす放課後ボーイズミーツガール※この物語はフィクションですが、一部実在のゲームソフト等をモチーフとした作品が登場します。権利者様から連絡があった場合は直ちに必要な対応を取ります。

2018.03.16 連載中 (3)
3
1

365日内に好きな人と結ばれないと死ぬ呪いにかけられたんだが

朝起きて、学校行って、部活して、家帰っていつもと変わらない平凡な一日を過ごすはずだった…その日の夜突然現れたのは、恋の死神と言い張る少女その死神曰く自分はいつの間にか(365日以内に好きな人と結ばれないと死ぬ呪い)にかかっていた!

2017.12.30 連載中 (1)
0
1
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 体験談
  • エッセイ
  • 書き起こし
  • 双極性障害
close