君はラプンツェル

完結(9)

「ねえ、ラプンツェルって知ってる?」
僕の知っているラプンツェルは、“君”は、みんなが知るような、あんなお伽噺じゃない。


はいどうも。胡蝶丸です!
「君」シリーズ第二弾です。
前回同様よくわからないストーリーかもしれませんが、読んでくれると嬉しいです!

胡蝶丸さんの他のストーリー

卒業証書

15歳になり、卒業式をむかえた榎本翔(えのもとしょう)。その帰り、彼は隣の席でもあり、大切な人でもある小雪(こゆき)のもとへむかう。そこへいくといつもは笑顔の小雪がなぜか泣いていて___?

2017.03.24 完結 (1)
2
1

君は夏に消えていく

___八月。暑い夏。「久しぶり。また来たよ。」___...君のもとに、僕は行く。八月のある三日間を舞台とした、儚く脆い、青春ストーリー。「僕」視点で語られていくこの物語に隠された真実、真相、本当、現実、、__。__貴方は、たどりつくことができますか?(最初は意味がわからないこともあるかもしれませんが、読み進めていくうちに理解できていくと思いますので、とりあえずは読み進めてみてください!)(タグ編集もどうぞお願いいたします!)

2017.02.28 完結 (9)
0
3

イラストレーター

おすすめのストーリー

鍵のかかった小部屋

キャラクターイラスト musubi様からお借りさせていただきました!鍵をかけた小部屋に帰ってきた。鍵はどこか無くしてしまった。渡した鍵の所在はあるけどもう開ける子もいない。すごく大人になってしまったから。いつでも待っているけど。私の時間ももう少ししか残ってない。だからどうかその子に伝えたい大人になってしまったあの子だけがこの扉の鍵なんだ。子供心に渡された鍵もう覚えてないかもしれない手遅れだとしてもこの物語を語ろうそのときなのだろう。

2020.04.06 連載中 (2)
2
5

恋の始まりは喫茶店にて

喫茶店で働くアイドルウェイトレスのアイリーンは、お店に関わる誰かの粋なはからいで、年明けから開校する魔法学城へ入学する。 魔法学城での生活を楽しく感じながらも、誰が自分の学費を払っているのかを知りたくて、お礼がしたくて、とにかく気になって、勉強なんて頭に入ってこないし、喫茶店の仕事もミスが増えるばかり……。そんな日々が続いて数ヵ月後の初夏。遂にアイリーンのために学費を出資してくれている人物が明らかに! 果たしてどうなってしまうのか。。これは、喫茶店に集う男女と、魔法学城に通う学生たちの、恋のかたち、愛のかたち。※BL要素もあります。

2019.01.15 連載中 (1)
1
2

時生クンが心配ですっっ

《24h×365日、働く男》と異名をとる新進気鋭の青年実業家、冴島時生(さえじま ときお)。でも、じつは、それには色々と事情があって・・・

2020.06.18 連載中 (55)
4
6
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 短編
  • 日常
  • 恋愛
close