いま、星を数えている途中

完結(1)

仕事をクビになった帰り道。彼女は、『星を数えている』と話す、不思議な少年と夜の海で出会う。
少年は当たり前のようにそこに居るが、何故居るのか、いつから居るのか、細かい事情を何も語らない。
そこには、隠された理由があって……

陽樹くらげさんの他のストーリー

夢は現のケットシー

既に黒猫は、身動きひとつ取る事は出来なくなっていた。意識は朦朧とし、感覚は遠くなっていた。恨む余裕もなく、また悲しむ暇もなく、黒猫は目を閉じた。次に目が覚めたのは、自分が元居た場所だった。傍らには、死んだ自分の遺体が転がっていた。そうして、知る。ああ、自分は死んだのだ、と。ところが、黒猫には身体があった。それも、今までの猫のそれとは違う身体。人間のものだった。訳も分からず歩いていると、黒猫はある人と出会う。黒猫が夢現のうちに関わっていた青年だった。

2016.02.26 完結 (10)
2
7

レベッカ・アレンの愉快な食卓

暴走すると止まらない母、レベッカ。性格がロンパリ気味の娘、ジェニファー。のんびり屋でいつも姉より賢い息子のクリス、ちょっぴり毒舌で悪戯好きな父、ジョージ。アレン家の食卓はいつも元気です。くだらないけれど、一生懸命生きている。五分で読める、『エセ』・アメリカン・ホームコメディー。今日も彼女らは、ニューヨークの『どこか』に住んでいるかもしれません。

2016.03.09 連載中 (3)
2
6

クレスィーヴの祝福

そこは、とあるオーロラで観光地として有名な街、『ノルマンスィ』。特別美しいと言われる『クレスィーヴ』と呼ばれるオーロラを観測しに写真家が向かったが、それきり帰って来なくなってしまった。普段は北部地方の救助隊が駆け付けるのだが、その日はたまたま別の救助隊が現れることに。現れた救助隊を名乗る男は、どうにもとびきり変な奴で……

2015.09.24 完結 (2)
2
2

イラストレーター

おすすめのストーリー

フォーチュンクッキーゲーム

私の通う学校では、3年に一回、フォーチュンクッキーが配られていて…

2021.01.01 連載中 (6)
2
1

あやかし食堂

毎週金曜日の夕方にアップ予定です。ここは元々原住民である妖(あやかし)と戦争で勝利した人間が共存する島。戦争が終わって10年。すっかり、人間が持ってきたハイテクな技術と機械、知識によりこの島も豊かになった。妖も敗戦の経験により人間を受け入れて仲良くすることが出来るようになった。ただ、それにより失われたものもあった。それは妖の健康。人間の持ってきた恩寵は全て妖の心と身体に合うとは限らなかった。すぐ、アレルギーのような症状が出て亡くなった者。中毒を起こすくらいに乱用して依存から抜け出せなくなった者。少しずつ心身の機能が落ちて、老化も早まってしまう者。……特に、飲食物の被害が顕著だった。特に戦後5年までは。そして、島の都市部に小さな食堂がある。元々は薬を作っていた家系の妖だったが、戦時中から少ない食材で周りの健康を守りたい。と考え薬堂を食堂に変えた。この食堂を切り盛りしていた妖の双子の姉弟。特に弟は終戦後。人間の食べ物が増える中、新しい食材を妖に合うように料理の研究に励んでいた。しかし、10年が経ったある日。弟の身体に異変が生じた。歩行障害により彼は厨房に出ることができなくなった。代わりにいつもホールで持ち前の明るさとお世話好き、ちょっと料理は苦手な姉が1人でこの食堂を切り盛りすることになった。介護とお店の両立。長くは続かなかった。半年で弟の魂は旅立っていった。姉はなんの迷いもなく食堂を完全に1人で再スタートさせる事を決意した。また自分の料理を上達させる。お客様も新たに作って来る方が妖でも人間であっても元気になって欲しい。その熱意と明るさを持って今日も【あやかし食堂】の看板を出していた。『よーーし。今日もよろしくお願いしまーーっす。』※キャラクターアイコンはイメージです。投稿イラストを使用しています。イラストレーターの方々、誠にありがとうございます。

2021.07.30 連載中 (30)
1
6

砂漠の戦士アイラ

◆毎月21日更新◆用心棒の少女が傍若無人な少年の護衛として砂漠を旅する話。

2021.07.01 連載中 (9)
33
4
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 仕事
  • 短編
  • ヨミキリストコン
close