憧憬

完結(1)

ストリエさん今まで有難うございました。

かにたま子さんの他のストーリー

才なくば滅びよ

時は明治。或る青年は語る。2016/9/15 ストコン8月「天才」部門佳作ありがとうございました!

2016.08.28 完結 (1)
2
12

砂漠の花職人(イケメンクリエイター)

ホストクラブで癒されたい一心で書きました

2016.07.31 連載中 (2)
0
3

ひそかのうた

―――つまらぬ、身の上話をします。僕がまだ、日本の奥地にある、とある村に住んでいた時の話です。そのころ僕は10もゆかぬ歳で、世の中の事は右も左も分かりませんでした。なっていったって、人は死んでも、願えば生き返ると信じていたくらいです。とにかく僕は無知で罪深い、今思えば空恐ろしい子供でした。そんな僕でもただ一つ真実として知っていたことがありました。それは村のみんなが口癖のように言っていたこと。「教主様は世界で一番偉い御方」だという真実。教主様は当時の僕よりも少し年上の、村で一等美しい少年でした。とびきり白い肌と、絹のような御髪と、澄み切った瞳とをお持ちで、その儚げな美しさと言ったら、見る者の呼吸を奪うほどです。教主様のその涼やかな双眸に見つめられたなら。その凛とした声で話しかけられたのなら。どんな者でも、たちまち教主様の虜になりました。無論、僕もです。そのような美しい教主様が、ある1つの出会いをし、その出会いが教主様の人生をすっかり狂わせ、ひいては僕の運命をも丸っきり変えてしまいました。その話を今から致しましょう。少し、長くなるかもしれません。

2016.04.27 完結 (6)
0
2

イラストレーター

おすすめのストーリー

鍵のかかった小部屋

キャラクターイラスト musubi様からお借りさせていただきました!鍵をかけた小部屋に帰ってきた。鍵はどこか無くしてしまった。渡した鍵の所在はあるけどもう開ける子もいない。すごく大人になってしまったから。いつでも待っているけど。私の時間ももう少ししか残ってない。だからどうかその子に伝えたい大人になってしまったあの子だけがこの扉の鍵なんだ。子供心に渡された鍵もう覚えてないかもしれない手遅れだとしてもこの物語を語ろうそのときなのだろう。

2020.04.06 連載中 (2)
2
5

恋の始まりは喫茶店にて

喫茶店で働くアイドルウェイトレスのアイリーンは、お店に関わる誰かの粋なはからいで、年明けから開校する魔法学城へ入学する。 魔法学城での生活を楽しく感じながらも、誰が自分の学費を払っているのかを知りたくて、お礼がしたくて、とにかく気になって、勉強なんて頭に入ってこないし、喫茶店の仕事もミスが増えるばかり……。そんな日々が続いて数ヵ月後の初夏。遂にアイリーンのために学費を出資してくれている人物が明らかに! 果たしてどうなってしまうのか。。これは、喫茶店に集う男女と、魔法学城に通う学生たちの、恋のかたち、愛のかたち。※BL要素もあります。

2019.01.15 連載中 (1)
1
2

時生クンが心配ですっっ

《24h×365日、働く男》と異名をとる新進気鋭の青年実業家、冴島時生(さえじま ときお)。でも、じつは、それには色々と事情があって・・・

2020.06.18 連載中 (55)
4
6
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 短編
close