才なくば滅びよ

完結(1)

時は明治。或る青年は語る。

2016/9/15 ストコン8月「天才」部門佳作ありがとうございました!

かにたま子さんの他のストーリー

憧憬

ストリエさん今まで有難うございました。

2016.10.07 完結 (1)
0
4

砂漠の花職人(イケメンクリエイター)

ホストクラブで癒されたい一心で書きました

2016.07.31 連載中 (2)
0
3

ひそかのうた

―――つまらぬ、身の上話をします。僕がまだ、日本の奥地にある、とある村に住んでいた時の話です。そのころ僕は10もゆかぬ歳で、世の中の事は右も左も分かりませんでした。なっていったって、人は死んでも、願えば生き返ると信じていたくらいです。とにかく僕は無知で罪深い、今思えば空恐ろしい子供でした。そんな僕でもただ一つ真実として知っていたことがありました。それは村のみんなが口癖のように言っていたこと。「教主様は世界で一番偉い御方」だという真実。教主様は当時の僕よりも少し年上の、村で一等美しい少年でした。とびきり白い肌と、絹のような御髪と、澄み切った瞳とをお持ちで、その儚げな美しさと言ったら、見る者の呼吸を奪うほどです。教主様のその涼やかな双眸に見つめられたなら。その凛とした声で話しかけられたのなら。どんな者でも、たちまち教主様の虜になりました。無論、僕もです。そのような美しい教主様が、ある1つの出会いをし、その出会いが教主様の人生をすっかり狂わせ、ひいては僕の運命をも丸っきり変えてしまいました。その話を今から致しましょう。少し、長くなるかもしれません。

2016.04.27 完結 (6)
0
2

イラストレーター

おすすめのストーリー

とあるポンコツぬいぐるみのありふれた(?)日常

↑た、タイトルのまんまです……あ、えっと……一応、ぴょんが主役です……(たぶん)

2018.10.23 連載中 (1)
0
2

転生したら、ロボットでした。

因幡稲葉はある朝、自分の記憶が丸一日抜け落ちていることに気がつく。そこから彼女の周りに不思議な出来事が起こり始める。

2018.03.02 連載中 (38)
2
6

例の勇者

僕自身、こんな勇者はいらないって思ったよ。

2017.05.30 完結 (17)
6
7
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 天才ストコン
  • 短編
  • 歴史・時代
close