蝉の鳴かない街

完結(1)

「僕は実態を持たない。民意という名の化け物だ。」

おざなりさんの他のストーリー

君と出会った頃の話をしよう

明日のことはわからない

2016.07.14 連載中 (1)
1
12

23歳

23歳、社会人2年目のとある1日

2016.05.01 連載中 (1)
0
14

昔、死のうと考え深夜のタクシーを拾って「海まで」と頼んだ時の話

古いドラマや小説では死を考えている人が深夜にタクシーを拾って「海まで」と告げるシーンがしばしば存在する。これは私がそれを行った時のタクシーの運転手との会話である。

2016.04.13 完結 (1)
11
169

イラストレーター

おすすめのストーリー

とあるポンコツぬいぐるみのありふれた(?)日常

↑た、タイトルのまんまです……あ、えっと……一応、ぴょんが主役です……(たぶん)

2018.10.23 連載中 (1)
0
2

猫かぶりの優等生と非行少年らは空を翔ぶ

十代特有の悩み、自分がなにものであるのか。自分は周りと違うのだろうか。永遠に終わらないように感じるルーティンは彼等彼女等を週五で拘束する。自由に生きたい。でも自由がわからない。何を求めているのかも分からない。その虚無に埋まるものとは?

2018.10.24 連載中 (5)
0
1

化け物クリエイターズ

 西暦2033年、世は『ジャンク』と呼ばれる貧民層に溢れている。 ジャンクの1グループである『化け物クリエイターズ』は幼なじみを『ペスト』で殺された。『化け物クリエイターズ』は闘う。幼なじみを殺したこの『世界』に打ち勝つ為に。【アイコン等のイラストは、彼方ゆうあ@えあてぃれん様( http://eathiren.web.fc2.com/ )に担当していただいております。 一部イラストは相方である、魅羅ちぇ555様( https://twitter.com/mirache555 )に担当していただいております!】

2018.09.30 連載中 (28)
10
14
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • ファンタジー
  • 天才ストコン
  • 社会
  • 書き起こし
  • 短編
close