油断禁止令

完結(1)

王様は憂いていました。いつか小さな油断が大きな損害になるのではないかと。
それを防ぐために王様が思いついた方法とは?

神坂 理樹人さんの他のストーリー

魔法使いは奇跡を起こさない

 高校生になった村島和(むらしまのどか)の隣の席には無口で本ばかり読んでいる小岩焔(こいわほむら)が座っていた。 端正な顔立ちながら話しかけても一切反応しない焔に和はどうすれば仲良くなれるかと悩んでいた。しかし、とある事件をきっかけに二人はともに事件に立ち向かうことになる。※勢いで始めたシリーズです。↑で壮大に煽りましたがそんなことは一切起きないかもしれません。事件とトリックが思いついたら書くため、続きが一切でない可能性があります。このストーリーは常に最終回です。

2019.01.22 連載中 (23)
18
8

parasitemare(パラサイトメア)

神代大翔(かみしろひろと)は夜が楽しみだった。 夢の中で自分の意思のままに動けることに気がついたのだ。毎晩自分が活躍する夢を思い描きながらも何もない廃墟のような世界を一人歩き続けていた。 ある夜、大翔はいつもと同じように眠りに落ち、夢の中で人を喰らう怪物、カベサーダに襲われる。同じく夢の中にいた橋下尊臣(はしもとたかおみ)に助けられ命からがら夢から覚める。 翌日、学校で夢の中で出会った尊臣と再開し、あの夢の中でカベサーダに襲われていた男が現実世界でも死んでいることを知る。 さらに同じく夢の世界にいた千源寺光(千源寺光)、仁坊乃愛(じんぼうのあ)と協力しながら、四人は悪夢から抜け出す方法を探索する。

2017.03.02 完結 (45)
0
17

白刃と翼

【毎週日曜日更新】 石油というエネルギー資源を失った人間は、その代替方法を自分たちの中に求め、魔法という新たなエネルギー源を手に入れた。人間の体内にある魔力をエネルギーとして利用するために人々は誰しも杖を持ち生活していた。 その魔法杖の職人である青年アーロンドは、辺境の村ラスクニアで人との関わり合いを薄くしながら生活していた。ある時、アーロンドは村の近くで倒れていた魔族、バーリンの少女と出会う。本来なら黒い羽を持つはずの少女、サイネアの背中には純白の翼が生えていた。 人と敵対する種族に生まれながら仲間から迫害され、行く先のないサイネアとともにアーロンドは安住の地を求めて答えの見えない旅に出る。彼もまた一ところには永く留まれない理由があった。 コンセプトは「剣と魔法のテンプレファンタジー」。食傷気味と思いながらもたまには書きたくなってしまいますね。※基本的に「書・即・載」の自転車操業投稿になりますので、途中矛盾とかしていても温かい目で見てやってください。

2017.03.05 完結 (38)
1
13

イラストレーター

おすすめのストーリー

鍵のかかった小部屋

キャラクターイラスト musubi様からお借りさせていただきました!鍵をかけた小部屋に帰ってきた。鍵はどこか無くしてしまった。渡した鍵の所在はあるけどもう開ける子もいない。すごく大人になってしまったから。いつでも待っているけど。私の時間ももう少ししか残ってない。だからどうかその子に伝えたい大人になってしまったあの子だけがこの扉の鍵なんだ。子供心に渡された鍵もう覚えてないかもしれない手遅れだとしてもこの物語を語ろうそのときなのだろう。

2020.04.06 連載中 (2)
2
5

この空はどこまでも続いている。

 空を見上げて、手を伸ばしたら、空に届きそうと感じたことはありませんか?これはそれについての物語です。 天気や空が好きな女子中学生の2人。その子も時が流れれば流れるほど空がもっと好きになってゆく。その子の周りの子たちも空に魅せられていってー・・・

2020.06.17 連載中 (9)
17
9

時生クンが心配ですっっ

《24h×365日、働く男》と異名をとる新進気鋭の青年実業家、冴島時生(さえじま ときお)。でも、じつは、それには色々と事情があって・・・

2020.06.18 連載中 (55)
4
6
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • コメディ
  • 短編
  • ヨミキリストコン
close