‘ ひかえめな子 ’ を使用しているストーリー

ストリエ終了→復活に伴うストリエ作者・藤花詩空からの大切なお知らせ

2021年3月、ストリエ終了。それについてのお話。今後の創作活動について等。移行未定作品の裏話なんかも語っています。※ストリエ再始動に伴い残存作品・移行済作品語りの頁は非公開になっている為、Noがズレている可能性があります

2021.07.03 連載中 (4)
0
2

ふれられない ゆき

あらすじ だれに触ってほしくない主人公、小雪彼女はライン、デートの誘いにOKしてしまうノリで付き合ってしまうのだが・

2018.12.23 連載中 (6)
0
0

空の国

『お題deストリエ』参加作品第二弾。

2018.06.30 完結 (1)
14
4

幻想の青と白

明るいディストピア風連作短編集。世界の風景を一変させた『大災害』の後、人工知能と共に世界を管理する『管理官』尤理。短期間だけ、小さな町や村に滞在することが許される『管理官』として、人工知能との掛け合い漫才を楽しむ尤理が遭遇する、過去と現在、二重写しの物語。

2022.04.10 完結 (18)
0
5

僕が君を好きだったころ

僕⇒君へ

2017.01.07 完結 (1)
0
2

儚物語

ただ徒然なるままに、どこか儚い物語を乱雑に挙げていきます

2019.12.03 連載中 (6)
22
10

歯車の姫は時の歌を紡ぐ

昨今、巷を賑わせている事件がある。殺され、その遺体の一部が持ち去られるという事件だ。被害者が皆、女性だということも賑わせている要因だろう。事件を追っていた大庭晴紘(おおば はるひろ)の同僚もその毒牙にかかる。自分にはなにもできない。あの日、彼女の近くにいたのは自分だったのに。自分にはなにも見えてはいなかった。失意の底に落ちていた彼に、少女は手を差し伸べる。「過去を、お見せします。ただし、見るだけ――」

2020.03.28 連載中 (99)
18
36

天使が「作れ」と言ったから出来たお城に行きました

 本を片手に旅に出ました。まともな地図もなく、気ままに歩いて怖いことになりました。でも、世界はやっぱり綺麗でした。

2016.07.22 連載中 (4)
0
7

探したのはこの場所で

とある街の、とある書店。記憶にあるのは、本との出会いだけではなかった。

2017.02.14 完結 (23)
12
21
pagetop