眼鏡のおじさん

気さくな雰囲気の先生など大人の男性モブにでも

タグ登録

altさんの他のイラスト

このイラストを使用しているストーリー

白百合シンドローム

 河村由梨は広島県の平凡な町で暮らす平凡な中学生で、ドラマのような恋愛に憧れながらも、これと言って変わったことがない日常を送っていた。ある日、くじ引きで当たったためにやりたくもない文化祭の実行委員に任命され、自分の不運を呪う。そんな時、幼なじみの篠崎鳩美から誰もいない学校の屋上に呼び出されて告白され、それを境に平凡な日常が急転し始める。由梨は突然のことに戸惑い、禁断の世界に踏み入れることにためらいを感じながらも、空気のようにあるのが当然で特に意識していなかった鳩美の存在が急に浮上し、そのことが脳裏から離れなくなる。その夜、自分が幼稚園で鳩美と初めて会った日の夢を見て、二人の始まりの記憶を思い出し、心がざわめき始める。翌週、文化祭の実行委員のミーティングで偶然同じく実行委員になった鳩美と会うが、なぜか意識してしまい、いつも通りに接することができない。そんな経緯を過ぎる中で揺れ動く自分の感情に気付き始める。そして、ふとしたことから鳩美が美男子としても知られる生徒会長の若王子樹とも親密な関係にあることを偶然知ってしまい、あの告白は何だったのかと思い、心境が激しく動揺する。同じ頃、既に離婚して今は離れて暮らしているが、それからも度々会いに来てくれた母親が由梨を高級レストランに連れ出し、再婚して東京に引っ越すことを告げる。由梨は母親との別れを受け入れるとともに、自分の前を往来する人が絶えず通り過ぎて行くことに諸行無常の摂理を感じ、切なさに満たされる。それと同時に愛する対象を求めている自分に気付き、鳩美のことが好きなんだとやっと自覚する。それから数日後、鳩美が登校中に車にはねられて入院してしまう。急いで病院にお見舞いに行った由梨は鳩美が軽傷ですんだことに安心し、その場で鳩美から樹との本当の関係を知らされ、二人が恋仲になったと思い込んでいたのは誤解だったと気付く。その夜、鳩美と初めて会った日の記憶を思い出し、常識に囚われなかった自分の感情を呼び起こす。そして、鳩美の告白を受け入れることを決意した由梨は鳩美が退院すると学校の屋上に呼び出し、素直な想いを告げ、その場で愛を誓った二人は結ばれることとなる。

2018.04.27 完結 (4)
0
0

転生したら、ロボットでした。

因幡稲葉はある朝、自分の記憶が丸一日抜け落ちていることに気がつく。そこから彼女の周りに不思議な出来事が起こり始める。

2018.03.02 連載中 (38)
2
3

落ちこぼれ転生派遣員の人生論。

『人生』人が生きる事、人が生きた証あなたは今の人生に満足していますか?長い長いとても長い人生時には辛くて辛くて生きるのを諦めたくなる事もあるでしょうこれは、そんな自分の人生に疲れた人達今の人生を諦めた人達の物語です。

2017.12.17 連載中 (14)
0
4

おすすめのイラスト

コメント

0/140

はじめまして! 眼鏡のおじさん大好物です! 次回もたのしみにしています。

コメントを通報
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 現代
  • 男性
  • 中年
  • 地味
  • 平凡
close