とくまるさんの他のイラスト

このイラストを使用しているストーリー

歯車の姫は時の歌を紡ぐ

昨今、巷を賑わせている事件がある。殺され、その遺体の一部が持ち去られるという事件だ。被害者が皆、女性だということも賑わせている要因だろう。事件を追っていた大庭晴紘(おおば はるひろ)の同僚もその毒牙にかかる。自分にはなにもできない。あの日、彼女の近くにいたのは自分だったのに。自分にはなにも見えてはいなかった。失意の底に落ちていた彼に、少女は手を差し伸べる。「過去を、お見せします。ただし、見るだけ――」

2019.01.04 連載中 (94)
16
35

私と姉 私達

『あなたがどんなに否定したって、冷たいものは冷たいし、痛いものは痛いんだ』どこかぎこちなかった姉妹が、あるべき姿を取り戻す物語。

2019.01.11 完結 (18)
2
13

一瞬を束ねて、

短編のような、掌編のような。それだけでいい。それしかできない。でも、彼らの日常は生き続ける。

2018.06.04 連載中 (37)
35
19

おすすめのイラスト

コメント

0/140
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 現代
  • 自然
  • 屋外
  • 悪天候
  • 建物
  • delete
  • delete
  • delete
close