‘ 岩虫 ’ を使用しているストーリー

大正使役師奇譚

 時は大正時代。 夕日千代は女学校で有名な文学少女。常に本を読んでいる変人とされ、美人お嬢様・昼長貴美しか寄り付かない程で完全に浮いていた。 そんなある日の帰り道、貴美と別れた千代は暗い裏路地に迷い込む。更にそこで朝焼陽多、宵闇月少という小学校の幼馴染と再会するが……二人は得体の知れない何かと戦っていた。 そんな二人を助けようと脳裏に浮かんだ呪文を唱えた千代は……人外の生物を居るべき異界へと還してしまう。その事をきっかけに千代は不思議な能力を持った一族だという事を理解する事となり、姉妹や友人に危険が迫っている事を知って……。

2019.11.07 連載中 (1)
0
0

勇者は席を外しております

【メインイラスト:風知草様】ーー何かがウソをついているーー魔王アインスタークの滅せし後、不可視な闇は勇者とその妻に忍び寄る。……静かに、そして静かに。【ダークファンタジー長編】                             * * * *  かつて魔王アインスタークを倒した勇者は、新たな魔王ツヴァイ討伐の旅に出かけた。その間、残された妻シーラは………* * * *ここアルザレア王国は、かつて魔王「アインスターク」の魔の手に晒されていた。しかし、この地を訪れた勇者により魔王「アインスターク」は倒され事なきを得た。ーあれから3年…。新たな魔王「ツヴァイ」がこの地を侵略し始めた。アルザレアに居を構えていた勇者は、再びこの地を護るべく旅立つのであった。※この物語はフィクションであり実在の人物団体とは一切関係ありません

2020.05.01 連載中 (89)
48
251
pagetop