ayu-iさんの他のイラスト

このイラストを使用しているストーリー

ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換して『双極性障害』の実態を晒す

 これは藤花のエッセイ『ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換シリーズ』の第四弾! 始まりは突然だった……のか?それとも今までのストレスの蓄積に我慢の限界が来たのか? 突如職場で久々の過呼吸を起こしたぼっちソロ充オタク。 職場の方に迷惑を掛け、居た堪れない気持ちと共に足を踏み入れたメンタルクリニック。 そこで医師に言われた言葉、それは……。 『今あなたに必要なのは薬の服薬と休息』『すぐに仕事を休んだ方が良いと思います。このままでは圧倒的に休息が足りない』 有無を言わさぬ医師の言葉に閉口するしか無かったあの頃……。 社会人一年目、しかも夢を叶えて大好きな仕事に就いた筈で……。 独り暮らし継続も許され、充実していた……筈だったのに。 医師の書いた診断書に書かれていた物、それは『双極性障害』だった。 鬱と躁鬱を繰り返す鬱病の一種。苦しくて苦しくて仕方の無かったあの日々。 このまま自分は元の生活に戻れるのか?戻りたい。だけど戻りたく無い気もする……。 迷走に迷走を繰り返し、止める人が居なかったらきっと今自分はここには居なかった。そんな闇の鬱トンネルにひょんな事から足を突っ込んでしまっていた。 そこから出てきて数ヶ月。Twitterで苦しい実体験を上げている人が居る。それに救われている人も居る。 そういえば自分があの頃救いを求めて読んだ物も鬱病の実体験本だった。 それを思った瞬間作者は思った。 もしかしたらこの苦しい体験を晒す事で救われる人が居るのでは無いか? そして同時にそれを書く事で……自分もこの治らない病気と付き合い続ける覚悟も決まるかも知れない。 そんなぼっちソロ充オタクの『双極性障害』体験記。※今まで書いていたエッセイとは毛色の違う物語です。非常に暗い物語になる恐れがありますので、読む時は覚悟を決めてからでお願いします使用させて頂いたアイコンメーカー様はこちら↓https://picrew.me/image_maker/3595

2019.08.11 連載中 (5)
0
1

外道アサシンと青髪の幼女

 高校三年生ながら、それは仮の姿。その実裏社会で『非道な稲妻』として恐れられているアサシン、稲妻大志。彼の主なターゲットは人ならざる物の存在や言葉を見聞きし、その物達を操り人に仇なす人間だ。そんな彼には血の繋がらない家族が居る。 嘗て捨てられていた彼を救い名前もくれたが、数年後にその大志の手によって殺された女性の子供、由槻真凛だ。 出会って五年。名前のように真っ直ぐで、芯の強い性格に育った小学二年生の真凛を大切にしながらも大志は殺しに精を出す毎日を過ごしていた。仕事である為、特に殺す事に対して何も思わない大志だが、ある日殺しに真凛が割り込んで来た上に人質に取られてしまう。 何とか真凛を助け彼女の目を塞いで相手を殺したが、その後に真凛と押し問答になってしまう。「殺しは仕事」だと考えて殺しを行う大志に対して「もう大志に人を殺して欲しくない」と願う真凛。 真凛の願いは大志を変えられるのか? 相反する想いを抱えた二人の……優しい愛の物語。

2019.07.22 連載中 (1)
0
0

金魚になった人魚

ぽっちゃりしたペッパーとやせっぽちのソルトは仲の良い人魚の男の子。ある日、海底のどこかにある洞窟に住んでいるという魔女に会いに行ってあるお願い事をするのだが――金魚の画像がなくて普通の魚になってます…すみません…

2019.05.01 連載中 (2)
0
2

おすすめのイラスト

コメント

0/140
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 演出
close