刑事・検事・弁護士(女)

がんばれ公務員。
キーワード:茶髪 ボブ スーツ 大人

タグ登録

梅丸さんの他のイラスト

このイラストを使用しているストーリー

ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換して田舎コンビニ店員の日常を綴る

 これは藤花のエッセイ『ぼっちソロ充オタクを黒髪美少女に脳内変換シリーズ』の第五弾! 嘗て夢を叶えて就職した筈の藤花だったが、理想と現実のギャップに悩み、仕事の出来なさに悩み、ついに鬱病を発症。休職にまで陥った。その後復帰しても職種は転落。処遇改善の約束は果たされず……結局辞職して実家に帰る事に。 それから実家療養期間を過ごした藤花だったが、されどもオタク。『推しの為に金が欲しい』と職探しをする事に。 しかし親にその気にさせられて行ってみた職場の内定は貰えず、憧れのアルバイトさえ落ちてどん底になった藤花。そんな時一筋の光が。 『昔経験したアルバイトならどうだ?』そう思った藤花が電話を掛けたアルバイト募集先は……コンビニだった! 二つ返事で面接に漕ぎ着け、更に面接に行くと経験者なのが生き、今までの失敗が嘘のように雇って貰える事になり! そうして現在も働き続けている藤花だが、ふと前職を辞めて一年の月日が経とうとしている事を自覚する。 そんな時に回ってきた接客業についてのツイート、あるあるリプの数々。 それに背中を押されるように藤花はコンビニお仕事記を綴る事を決意する。 社会人になってから上手く行かない事ばかりだった。その上鬱病まで発症してしまった。そんな藤花だって再スタートが切れているんだ。だから今辛い人も辛かった人もきっと大丈夫になる時が来る。もしかしたらそれは……何十年先の未来かも知れないけれど。 そんなメッセージを込めて綴る、接客業共感ネタ多数な筈の……田舎コンビニ店員のほんわかお仕事体験記。 黒髪美少女“スカイ”に脳内変換して見る日常記は少し違って見えるかも知れない?

2020.05.01 連載中 (1)
0
0

もうすぐ、私の書いた本を、君に。

【短編】ヤー君は天才だった。私は凡人だった。

2015.09.27 完結 (1)
2
3

秋風に誘われて

【第2部銀杏大学編 連載中】届かぬ思い、すれ違う時間。男は何を思い、女は何を感じるのか?大人の階段を登りつつある、思春期を少し卒業しかけた高校生たちの物語。

2017.11.16 連載中 (58)
4
81

おすすめのイラスト

コメント

0/140
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 現代
  • ノンフィクション
  • 若者
  • 女性
  • 真面目
  • ミステリー向け delete
  • スーツ delete
  • 茶髪 delete
close