無色の青年

――君は何色に染まる?――
作られたばかりのロボットの青年、これから過ごす人生で彼は何色に染まるのか?

通常の表情の目はグレーベースに7色をちりばめました。
感情が表に出るときはそれに応じた色が強く出ます。それを積み重ねて彼の色は決まる…
髪の色も徐々に色が作られていきます。

タグ登録

設定資料

有働さんの他のイラスト

このイラストを使用しているストーリー

エリーに住む人

エリーに住む人の話。

2017.02.10 完結 (1)
0
2

機花異譚 - KIKAITAN -

※2016年8月16日 更新、連載スタート。※2018年4月14日 「Assembly.」更新。 ヒトが絶滅し、発展した機械と進化した動植物、主に植物が争う世界。 機械側の生物学者、エルゴは植物の女王となれる姫株の少女の管理、研究を任されていた。 適温で睡眠保存される中、夢を見ては彩取り取りの花を咲かせる姫株の少女を見詰めながら、エルゴは思いを馳せる。“いつか、共存出来はしないだろうか”と。機械vs植物のSFファンタジー、不定期更新です。

2018.04.14 連載中 (5)
0
3

彼は約束を破らない

生活にも軍事にも、高性能の人工知能が深く関わる近未来。人々はスマホ感覚で生活補助用の超高性能人工知能搭載端末を所持する時代。そんな時代に逆行する様に、どこにでもいるガサツな女子高生・衣子はアナログな生活を送っていた。衣子は機械音痴と言うか、もはや神懸った機械破壊体質と表現すべき業を背負っていたのだ。衣子と関わった機械類は死滅する。それが世界の理として定着していた。デジタルに生きようにも、神物が総出でそれを邪魔するのである。もうしゃーない、ってことで、衣子は今日もアナログなりに青春を謳歌していた。そんなある日、彼女の前に現れたのは、国家機密レベルの最新技術によって生み出された至高のアンドロイド少年。衣子の父が彼女のために用意した、最強タフボディな人工知能搭載端末。「俺は絶対に壊れない。君の物で在り続ける。約束しよう。宣誓書を書いても良い」「……保証書は無いの?」「……壊れないと言っているだろう」果たして、アンドロイド少年は無事に約束を完遂できるのか。それとも衣子の武勇伝の一ページとなってしまうのか。SFの皮を被ろうとしている物理完全無視系単純娯楽コメディ。

2016.01.29 完結 (11)
0
13

おすすめのイラスト

コメント

0/140
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • COLORイラコン
  • SF
  • 男性
  • ロボット
close