眼鏡パパ

個人的に、脇にも使えるちょっと年上の眼鏡の男性があるとうれしいなあと思ったので。
脇キャラとしての使用をイメージしているのでとりあえず一番ベーシックと思われる構図にしてあります。

パパと書きましたが、お父さんかもしれないし、先生かもしれません。
お父さんで先生かもしれないし、案外独身かもしれません。
実は人に言えない秘密があるかもしれません。
なんにも裏表のない、ただの人のいい男性かもしれません。

 差分は1枚目の笑顔のほか、にこやかに話す/真面目/哀しい/困り笑い/びっくり/動揺・ごまかし/眼鏡にヒビ(逆光)になります。
せっかくの眼鏡キャラなので眼鏡芸をそっと潜ませてしまいましたが、もう少しノーマルな、咳払いや目を伏せたポーズがあっても使い勝手がいいでしょうか。
起きぬけのちょっとぼんやりした眼鏡なしの姿などもあると便利かなあなどと思うのですが。

眼鏡の位置を直すときに片方のつるだけ持ってなおしておこられたりしてるかもしれないなあなどと妄想しながら描きましたが、もしお使いいただくようでしたら自由に妄想していただけたらと思います。

タグ登録

このイラストを使用しているストーリー

風雷坊-ふうらいぼう-

私立東大路学園高校に通う北条俊樹(ほうじょうとしき)はごく普通に高校生活を送っていた。ある日、俊樹のクラスにロングヘアーの美少女、藤原綾子(ふじわらあやこ)が転校してきた。たまたま仲良くなった俊樹は綾子と友人達と一緒に地元で開催される七夕祭りに行く約束をする。※「光影の灯」を思いつく前に書いた処女作を発見しましたので、投稿してみました。

2017.07.16 完結 (1)
4
1

放浪の錬金術師

中世ヨーロッパから、ひっそりと現代へと受け継がれてきた総合学問『錬金術』。現代において不人気ナンバーワンのその職業を志し、その道へと飛び込んだ青年が、師匠から卒業を言い渡されて世界を放浪する。果たして彼の眼に何が映るのか……。感想などもらえると大変嬉しいです。

2017.04.29 完結 (9)
1
3

コモレビ劇場~ストリエ三題噺~

コモレビ劇場へようこそ!ここでは短編の三題噺が上演されています。三題噺とは、適当な三つのお題をお客さんにだしてもらって、出されたお題三つを折り込んで即興で演じる落語の一種です。現代では落語のみならず、テレビ番組や小説を書く際にも使われてます。

2016.09.23 連載中 (3)
2
3

おすすめのイラスト

コメント

0/140
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 男性
  • 中年
  • 眼鏡イラコン
  • 地味
  • 現代
close