槻影

◇◇◇連絡◇◇◇
11/5 笹宮さんが完結しました。
多くの方に楽しんでいただけてとても嬉しいです!
ストリエは終わってしまいますが、他のサイトの方で小説を投稿しているのでもしよろしければそちらも宜しくお願い致します(Twitterで更新連絡、自サイトにリンクがあります)
◇◇◇◇◇◇◇◇

新人ライトノベル作家にして、取り敢えず何にでも手を出してみる不思議生物。プロフィール画像はイメージ図。
書きたいものを書き、書きたくないものを書かないのがモットー。

いつもは他のサイトで小説をあげていますが、画像とか有効活用してみようかなーとか考え、試し登録してみました。
何が出来て何が出来ないのか全然わからないですが、今後共によろしくお願いいたします。

ついったー:https://twitter.com/ktsuki_novel
サイト:http://siroirokuroiro.blog120.fc2.com/
小説家になろう:http://mypage.syosetu.com/27455/
カクヨム:https://kakuyomu.jp/users/tsukikage

ファミ通文庫にて『堕落の王』発売中です。

美少女天才ストーリーテラー笹宮さんと僕の愉快で退屈な日々

【2016/11/5 完結しました!】特に努力などした事無いけど、昔から勉強も運動も出来た。容姿だって決して悪くないし、家は元財閥の大金持ち。未来に特に不安もないけれど、人生順風満帆過ぎて、だけど余りにも面白くない。常に最低のモチベーションで唯々諾々と生活を送ってきた僕は、何となく親の言われるままに入学した国内トップクラスの進学校で、一芸入試で入学を達成した笹宮さんと出会う。本来接点がないはずだった、常に物語の事だけを考えて生きてきた笹宮さんと偶然交わした会話。「へぇ、物語を作ってるんだ。何か面白いのある?」「私の作る物語に面白くない物なんてない」それが、天才(頭おかしいという意味で)ストーリーテラー笹宮 明(貧乳)と人生つまらない系男子高校生、神城 鋭(僕)の物語の幕開けだった。

2016.11.05 完結 (34)
99
504
pagetop