7話:また会おうよ

ついた……

ここが……

あ、あれっ 何で僕ここにいるの。雪華お姉ちゃん、どうして?

……! しっかりして、今日が終わるまではもう少しあるよ。せっかくここまで来たんでしょ!

うっ……そうだったそうだった。

一人だったらとっくに思い出せなくなってたな、これは。

さて、どうしようかな。もう夕飯時か。こんな時間の訪問者なんて、不審に思われないかな……

……

(真……!)

呼ばれたような気がしたけど……気のせい、だよね。

真、俺だ!

君は? 誰……?

あっ……

当然じゃないか。今の俺は、一郎じゃない。わかってもらえるわけないじゃないか。一体何を言うつもりだったんだ。

信じてもらえない覚悟で、本当のことを話すか? ……だめだ。仮にわかってくれたとしても、俺はもう消えるんだぞ? かえって真を悲しませるだけだ……

……うっうっ……(俺は、何のためにここまで……)

……

ぐすっ……ねえ真、いや真くん……こんなの気持ち悪いかもしれないけど……会えて良かった……手、握らせてくれないかな……

えっ……

やっぱりおかしいよね、こんなの……

……いい、よ。

減るもんじゃないもの……

真、真……! ああっやっと会えた……ッ!

ああ、暖かいよお……! うあああ……!

……寂しかったんだね。わかるよ。

ばっ 俺は、別に……

僕、最近大好きな人が…いなくなっちゃって……ね……

寂しい、のは……よく、わかるよ……

うう、う…… だ、だめ……泣いたって……兄ちゃんは帰ってこないの……

(真――!)

俺が慰められてどうするんだ。俺が弟を助けてやらないとだろうが……!

なんでもいいから、声をかけたい。そう意気込んで、一歩踏み出したその時。

やっと追いついたー! よくもオイラを出し抜いてくれたね。もう怒ったぞ。その魂、2日間と言わず今すぐに! 食べちゃう!

な、何あの気持ち悪いやつ!

オグルちゃんだぞ。ビギー!

なにあれ……

危ない真――!

青白い雷は俺達の方を向いて、思わず俺は真を押し倒して、そして

ぐあああああああああ!!

陽太……!!

背中に、衝撃。何かが、決定的に抜け落ちていくような―――あ―――

よーし、魂が出てきたね! じゃあいただきまーす!

あ、あれ。何で隙間の空間に? オイラ移動してないよ?

ぎええ、上級悪魔様!!

オグルよ。少々おいたが過ぎたようだな。

な、何で! オイラ、ちゃんとノルマを……

無関係な人間への危害、そして二重契約――それでも同じことをほざくか。

ぎゃん! バレてた!

しばし地獄で反省しておれ―――!

GIIIIIIIIIIIII―――――!!

………………

この魂。ほぼ同化しておるな。今更記憶は大して残っておるまい――こんなものはいらん。少年よ、せいぜい、好きなように使うがよい。

ねえ、大丈夫!?

あ……うん……僕は、大丈夫。 ふわ……何で僕、倒れてたんだろ。

……! 君……

もう嫌だよ……誰かが死ぬのは……兄ちゃん……ああ、あああ……

お、落ち着いて! 大丈夫だよ……僕は、死なないよ……!

そうだ! ねえ、お兄ちゃんがいるの?

うん。事故で死んじゃったけど……優しくて、楽しくて。僕のこといつも考えてくれて。自慢の、兄ちゃん。

そっか。羨ましいな。僕にもお兄ちゃんがいてさ。真くんとこみたいに、出来たお兄ちゃんじゃないけど。

学校でも家でも、いつも問題起こしててさ。

おバカちゃんなんだよ、ほんと。

お兄ちゃんって……それって、君自身のことじゃない……! 君は、もう……

お兄ちゃんのこと、好きなんだね。

ふえっ結構バカにしたつもりだったけど。

だって、すっごく楽しそうに話すんだもの。わかるよ。

…………

まあ、ね。好きなのかも。

もうこんな時間。家に入らなきゃ……

あっ ま、待って!

ね、真くん。僕、陽太。僕、君ともっと話がしたい。友達に……なってくれないかな。

友達……

ご、ごめん。なに言ってるんだろう僕……なんか今日、変なんだ――

ううん、びっくりしただけだから。今までそんなこと言ってくれた子いなくて。だから、大丈夫。

ほんと! じゃあ、友達一号だね! よろしく!

友達……ともだち。嬉しい! こちらこそ、よろしく。

(友達……)

(よかったん、だよね。記憶を失ったとしても、消えることのない、新しい関係を築けたのなら――)

陽太、そろそろ帰ろう。お父さんたちに、心配かけちゃう。

あ……はーい! 真くん、またね!

うん。バイバイ。

日もすっかり暮れ、自転車をひくわたしと陽太。もう、日もかわる。そしたら、君はきっと――

今くらいはこうやって、ゆっくり話ながら、歩きたかった。

さっきの君、真くんを守ってたよね。……かっこよかったよ。

僕もよくわかんないの。気がついたら、体動いてて。だから僕は、何もすごくないよ。

あー今日は疲れたな。なんだかオムライスが食べたくなってきたぞ。

ねえ雪華お姉ちゃん。最近オムライス食べてないよね。お母さんの得意技。 明日作ってってお願いしてみようよ!

そうね……

ねえ雪華お姉ちゃん。ここまで連れてきてくれて、ありがとう。

! どうし、て。

わかんない。とにかく、今のうちにお礼を言わないとって思ったんだ。

あれ……なんで、だろう。涙が……

君……ッ!

とっさに抱きしめる。もろく、折れてしまいそうな体を。ガシャン、バランスを失った自転車の倒れる音が響いて――

そして、時は終わりを告げた。時刻、12時。

お姉ちゃん? どうして僕達、外にいるの?

!!! ウッ…

ど、どうしたの! 泣いてるの……?

何でもないの…… 頑張ったね。頑張って、生きたね……ッ

むにゃむにゃ。なんだか僕、眠くなってきたよ……

帰りましょう……わたしたちの家に。一緒に、ただいましないとね、陽太。

帰ろう。そして、わたし、忘れない。例え君が忘れてしまったとしても。君がいたこと。弟のために何をしたかってこと――

続く……

pagetop