6話:車輪を回せ 運命すらも巻き込んで

町を自転車で、飛ばす飛ばす。誰にも追いつけないくらい。俺は雪華ちゃんの背にしがみつき、歯を食いしばる。

お姉ちゃんね、……ううん、わたしね、君に謝らないといけないんだ。

うぐぐ、しがみついてるのも結構キツイなこれ……えっ! なんだって!?

わたしは、君にわがままを押し付けてる。 陽太が意識不明の重体だった時間に……目覚めてくれるなら、何でもする、なんだっていいって……願っちゃった。

……!?

そしたら……こんな奇跡が、起きるなんて。

試すマネしちゃって、ごめんね。どう違うのか、知りたかったんだ。

まさか、お姉ちゃん、気づいて……?

それ以上言わないで!

それ以上言ったら……ごまかしが効かなくなる。魔法が、解けちゃう。

(一昨日のことだわ……)

打ちひしがれていたわたしの目の前に、悪魔が現れた。

死んだ子を復活させる? そんなの簡単だよ。誰かの魂を「転生」させればいい。

転生……

2日間、お姉さんがその子を陽太くんとして扱えば、魂と肉体は同化して、ほとんどもとの陽太くんに戻るはずだよ。

ただし、誰かに陽太くんの中身に気づかれたら失敗だけど。そしたら、死んじゃうから。でも、簡単でしょ?

何も残っていないわたしには、その悪魔の提案はすごく魅力的で。まるで天使の祝福のように思えたのだ。

でも、こんなの間違ってる。

わたしの心の弱さがこんな苦しみを招いた――もう、君はどっちにしたって辛い未来しか無い……窮地に追い込まれてしまった。

許されることじゃないけど、ごめんなさい……

…………

そこまで、君は陽太のことを大切に思ってたんだな。陽太、聞いているか。恵まれてたんだぞ、お前は。……もう、それを伝えることも出来ない。

記憶を失ってしまったら、この今感じている熱も、ぬくもりも風の心地よさも……全部消えてしまうのか。

違う……

お姉ちゃん。

雪華お姉ちゃん♪

お姉ちゃんってば……!

お姉、ちゃん……

たとえ魂を失ったとしても、この体は、覚えていただろうが……!

俺は、そして陽太は、この体で生きているんだぞ。そう簡単に記憶だけ、すっぽり消えてたまるか……!

…………

……お姉ちゃん。僕のことは心配しないで。僕は、陽太だから。これまでも、これからも。

……!

覚悟は、決めた。怖くて、声は震えてたけど。だからあとは。残された時間で、俺は……!

お願い、僕を連れてって!

うん! もう少しだけ我慢してて。もうすぐだから!

街道を走り、角を曲がり郵便局を過ぎて。緩やかな傾斜の坂を必死に登って……!

続く……

06 車輪を回せ 運命すらも巻き込んで

facebook twitter
pagetop