4話:いつだって悪魔の話は美味しそうなのだ

――次の日の朝――

むにゃむにゃ、ねーむ。ゴシゴシゴシ……よし。

おはよう、俺!

ニャンで鏡の自分に向かって挨拶してるの……

え、えー普段通りだけど? なんかおかしいのこれ?

な、何を変なことしてるの陽太……

ウワーン、2対1。これは多数決の暴力……

(じゃなくって。陽太はしない習慣だったのかもな。気をつけないと。)

あっ雪華お姉ちゃん、その髪飾り綺麗だね。お姉ちゃんの髪にすっごく似合ってる。

まあ、おませさん。あんまりそういうことばっかり言ってると、軽薄なやつって思われますからね。 小学生男子にてその着眼点、さすがはわたしの弟だわ。

(最初から思ってたけど、お姉ちゃんもなんか変な子……)

(言ってくれるな。こんな完璧な彼女に、おかしなところなどない。)

恋は盲目ってやつぅ~?

他愛もない会話、些細なやりとり、だけど大切な時間。俺は、こういった時間を大切にしてこれからを行きていくんだ。

――兄ちゃん――

真(シン)――!!

あ……俺は、何をして……? 何で、弟のことを一瞬忘れてたんだ? 誰よりも大事な真のことを――

こうしちゃいられねぇ。行くぞ俺は。

あっ慌ててどうしたの。退院して一晩しかたってないのよ。まだ無理しちゃあ……

もう一晩も、だぜ……! (その間俺は、ずっとあいつをひとりぼっちにさせてたんだ!)

お願い、行かない―――

後ろで雪華ちゃんが何か言ってる気がするけど、一秒だって惜しい。俺が死んでから、真はずっと一人で心細い思いをしているはずだ。 俺は家を後にした。

走る。走る。静かな住宅街を抜けて、車が行き交う大きな道路を抜けて。ああ、信号待ちの時間ももどかしい。

途中、小さな男の子が話しかけてきた。

陽太じゃーん! 事故ったって聞いて心配してたんだぜ。元気そうじゃん!

誰だお前は。

えっ そんな 一週間会わないだけで忘れられたの僕?

(やっべぇ知り合いか? こんなところで……! 名前なんて知らないぞ!)

その子は大地(ダイチ)。隣のクラスの子。一緒にサッカー選手への夢を語った友達だよ……!

頭を走るノイズ。知らない記憶が流れて……?

痛っつ……だ、大地? 悪いけど、急いでて、サッカー談義はまたね……!

お、おう。忘れてなかった、よかった。またな! 無理すんな!

公園の中を抜けて、並木道路を、川沿いの道を駆け抜けて、走る。

はあっはあっ……

ちゃんと道はわかってるのぉ~?

涼しい顔でついてきやがった。俺全力で走ってるのに……お前、足速いな……

なんだって、道? さっきちゃんと住所調べてきたんだ。ここは隣町。俺のもとの家の、な。

なら後は簡単だ。自分の家だぜ? 忘れるわけがない――

!……!?

思い出せない……何で!?

頭の中が……薄ぼんやりと霞む。雑に消しゴムをかけたみたいに、そこに何かあった跡だけ残して、道筋も過程も全部思い出せない……

俺の兄弟……

違う! そっちじゃない! 俺の……!

……

おい、お前だろ! お前がなんかしたんだろ……!

うふふ~ん♪ つっても、オイラが何かしたってわけじゃないけど。

ねえお兄さん。転生なんて大それたことしといて、記憶も何もかもそのままなんて、虫が良すぎると思わな~い?

お兄さんは、今、少しずつその肉体と同化し続けてるの。おめでとう! 陽太くんの体がお兄さんを受け入れたんだね。

完全に同化したら、お兄さんは陽太くん。ううん、新陽太くんかな。 そうなったら、もはや不要な過去の記憶は消え去るニャン!

冗談じゃねええええ騙したな!!

騙した? 嘘は言ってないニャン。魂が同化するまで2日間、それまでに誰かにバレたら、魂が吹き飛ぶ。2日間耐え抜けば、肉体と魂が同化して生まれ変わるの。

いちおう言っとくと、オイラも気を使ってるんだからね。

正体がバレて、お兄さんの魂が消滅したら、その空っぽの体は……死にゆくだけだもん。 それはオイラも望んでないの。

俺の記憶が薄れたり、知らない記憶が入ってくるのはそういうわけか……

入ってくる記憶のお陰で、陽太のふりをするのは難しくなくなってきた。むしろ問題なのは――

2日間って……もう、今日しか残ってねぇ!

俺は! 俺は消えたくない……!

ああ、ああ……

続く……

04 いつだって悪魔の話は美味しそうなのだ

facebook twitter
pagetop