3話:安らぎは貰い受けた。心はざわつく。

さ、陽太。お姉ちゃんと一緒に家に帰りましょうね。

えへへ、手を握られている。なんだか恥ずかしいぞ。

じゃなくて、じゃなくて。俺は弟に会わないとならないんだった。

ええと、お姉ちゃん。僕、寄りたいところがあるの。僕は大丈夫だから、先に帰ってて。

だめ。

あらそう……

病み上がりの弟を一人にさせるわけないでしょ。どこかの変な大人に連れていかれたらどうするの。お姉ちゃん、許さないんだから。 サァがんじがらめにして連行します。

ウワー過保護だった!

さあ、行きますからね。

羨ましいにゃあ。

万力のような力で手を握られている。とても逃げられない。

引きずられていく~~

陽太……! 元気でよかった……!

あんな交通事故に巻き込まれて……奇跡みたいだ。おかえり、陽太!

出迎えてくれたのは、涙を流しながらも安堵の笑みを浮かべる二人。

あ……

暖かい。最初にそう思って。次に……羨ましい、そう思ってしまった。 この暖かさは、俺に向けられられたものじゃない。陽太に向けられたものだ。

同じことじゃにゃあい? お兄さんはこれから陽太くんになるんだからサ。

そんな簡単に割り切れんよ……というか、あんたここまでついてきたの……

(愛されていたんだな、陽太は。俺とは、大違いだ。)

(俺に、陽太の人生を奪って、のうのうと生きる資格はあるんだろうか……)

どうやら陽太くんもお兄さんと一緒で、交通事故にあったみたいニャン。転生先の器は、魂の消え行く直前の肉体が一番なの。

陽太くんは放っといたって死んじゃった体にゃんよ。だから気に病む必要ないのよ。にひひひひ。

…………

俺は――

!? ぐあっ眩しい……! なんだ!?

~~♪

楽しそうね、陽太。

雪華(セツカ)お姉ちゃん! 見て、折り紙作ったんだ。あげる!

あら、お花……素敵。ふふ、ありがとう。

陽太は手が器用ね。将来は何か物を作るお仕事が向きそうかしら。

将来? ううん、僕サッカー選手になるんだ!

あらそう……

これは……この光景は……

陽太の記憶、か?

あ、ようやく始まったね。

いけね、間違えた。 ……陽太くん自身の魂は事故で吹き飛んでしまったけれど。それでも、肉体には何らかの記憶が刻まれてるんだろうね。

ああ、ああ……あったかいなちくしょう。知れば知るほど、恵まれた人生だよ、こいつはよ。

だけどまあ、お陰でわかったこともあるからよしとするか。

――――

どうしたの陽太。ご飯冷めちゃうよ。

……ううん、なんでもないんだ。雪華お姉ちゃん。

……!

やっと、名前呼んでくれた……

お姉ちゃんね。陽太が帰ってきてくれてほんと嬉しい……

陽太が病院にいる間ね、怖かったんだ……
わたし一人になっちゃったらどうしようって、目の前が真っ暗になっちゃった。何も考えられなくて、時計の音だけ聞こえて……

カチカチ、カチカチ……それで、気がつくともう外が暗くなってて――うぅ……ぐすっ

お姉ちゃ……!

泣いてる。俺の目の前で。

涙を止めてやりたい。俺にできるだろうか。この子のことを何も知らないのに、なんとかしてやりたい、そう思ってしまった。

(難しく考えるのはやめだ。今、この暖かい抱擁を受けられるのが俺だけってんなら、ありがたく頂戴してやるぜ……)

うふふ。だいぶ、らしくなってきたじゃんお兄さん。転生者はそうやって、誰かの人生を奪っていくんだよ――

続く……

03 安らぎは貰い受けた。心はざわつく。

facebook twitter
pagetop