2話:デジタルとアナログと麺類

俺の名は一郎(イチロウ)、17歳。小学生の弟との二人兄弟だ。都内の公立高校に通う、学生。ごくごく平凡な高校生と言えよう。 ああ、俺のことは覚えなくていいぞ。なぜなら、

死んだからな!

ところが世の中捨てたもんじゃない。魂だけ転生した俺は、別人の体に乗り移ることで復活を果たした。

それがこれ。うむ。見知らぬ肉体とは言え、だんだん愛着が湧いてきたぞ。くりっとした瞳、愛くるしい頬。サラサラの髪。なんだ、天使か。

ナルシストにゃん。

だまらっしゃい。

陽太、どうしたの? まだ調子が悪いの?

おっと、この子を忘れる所だった。

(今までの行動から考えると、きっとこいつの姉なんだろう。そして、この子供の名前は陽太か。)

(俺の事がバレたら、魂が消えてしまう。ボロを出さないように、気をつけないとな。)

どうせすぐバレるよ。無駄な努力ニャン。

うるさいな、こっちは命かかってるんだ。あと、あんたこそ人前でしゃべってていいのか? 珍しいから怖い人に連れてかれてサーカス工場に就職だ。おめでとう。

オイラの声? 心配なくていいよ。お兄さん以外には聞こえないようになってるから!

不公平感……!

そして、ということはですよ。さっきから俺は独り言いう寂しいやつに見えるってことじゃん……泣けてくるね。

ブツブツ言ってどうしたの。

陽太……大きな事故にあって、一時は意識不明の重体になって……だめかと思ったの。ほんとうに、よかった。

お姉ちゃん……心配かけて、ごめんなさい。

ううん、いいの……あのね、わたし陽太にお土産持ってきたんだ。

ゲーム機と、画集と、ラーメン(出来たて)

ややっこれはどうもどうも。

できたてラーメンが出てくるとは思わなかったわ……

さ、好きなの選んで。

わーい、どれにしようかな~

…………

(俺、こいつの好み知らねーじゃん)

(やっばーい、適当なの選んで怪しまれたらどうしよう。)

選んで。早く。

(ぐいぐい来る! わたし責められてる……!)

もしかして疑われてるのかニャン? ま、いいんじゃない? 一か八かで適当に答えてみれば? きっと当たると思うよお。外れたって、どうせ消滅するだけだしぃ。

そっか~! 粉々になるだけだもんな。よかった!

よくなぁい!

たかだかちっちゃな魂じゃない。そんなにこだわってどうするの~?

はやく、選んで。選ばないとお姉ちゃん容赦しません。

ぬおお、きちゃまらーー! ぬぉ、お! のぉ……! 一瞬の逃げ場もなし!

うおおおおおおおやるしかない! でやああああああああ!!

カタカタペラペラズルズル~~~!

……!

ゲームしながら本読みながらラーメン食べてるニャン……

ぎゃはははこのゲーム面白い……ゴフッゴフッ熱っちぃ~~~

やるわね……

こうしてなんとかごまかし危機を乗り切った俺。このまま2日間、乗り切ってやる……ぜ……!

それにしてもこの子は、いったいどういうつもりなのかしらね……?

続く……

02 デジタルとアナログと麺類

facebook twitter
pagetop