来月帰るから。えーと……そうだな、じゃあな。

うん。ごちそう作ってあげる。

恵さんに料理ができるとは知りませんでした。

……あの、エイミさんお願い、もっと間を。間をくれない? さっきまで電話中。

で、料理の話だけど。エイミさんが作るに決まってるじゃない。

道隆様をお騙しになったのですか。

人聞きの悪い……言葉のあやでしょうが。お父さんは、ごちそうが食べられれば何でもいいんだから。

自分と親密な方の作られた料理は、味は同じでもとても楽しいと聞きます。ここは一つ、恵さんも挑戦してみては。

また今度ね。永遠に今度。

……親密って、別にあたしだけじゃ無いじゃない。エイミさんが作ったって喜ぶわよ。

ふえっ

それはそうと、恵さんは道隆様に反発したりしないようですね。

話題変えたの……何よ、反抗期の話? そんなこと無いわよ。結構死ねとか言ってるよ。

お父さんは……いつも家に居ないから。反感も何も、どう振る舞えばいいか、今でも戸惑うのよ。

帰ってこられても、正直ぎこちなくてさ。……お父さんには悪いけど。

反抗心というのは親密な関係の裏返しなのかもしれませんね。薄い関係ではそもそも反感を持ちようがない、と。

きっと、それなら道隆様も同じでしょう。戸惑っているのではないですか。

でも、大人じゃん。親じゃん。そんくらいリードしろよって思わない?

エイミの外見上の設定は24歳ですが、こう見えて製造日は1年前です。

道隆様のことも、ああ見えて1歳だと思えば寛容になれるのでは。

発想が自由すぎやしませんかー

08 家族:切っては切れぬもの

facebook twitter
pagetop