ただいま。テストが一限分なくなっちゃってさ。もう学校終わっちゃった。

―――――――

あれ……

ちょっ……んで……いないの、よ……!

今度は気をつけないといけませんよ。

ごめんなしゃい……うえええ~~

大人が近くにいないときの木登りはリスクが高いんです。砂遊びとかおままごとをお選びください。

ううう~今度は上手に木登りするぅぅ~

説得に失敗しました。

何やってんだか……

ピ! 保護対象が例外的に接近。可能性の低い事象です。状況の確認の優先度を最高に引き上げます。

無骨なエラー文っぽいのがダダ漏れじゃない。……まったく。

今日はたまたま早く帰ってきたのよ。そしたらエイミさんいないんだから。……そんなの、驚くわ。

そうでしたか。心配をかけてごめんなさい。

別に、心配なんかしてないわよ。ただ、ただ……

そんなんで、オロオロしちゃう自分がなんかイヤで……

こんなの……エイミさんに依存してるみたいじゃない。

――――――

人はみんな、何かに、誰かに多かれ少なかれ依存しているといいます。悲観すべきことでも無いのではないですか。

一般論はいいのよ。ただあたしは、対等でいたい。エイミさんがいなけりゃ何もできなくなるなんて……小さな子どもみたいじゃない。

恵さんと会話するとき。

前例のない返答ばかりでエイミのデータベースは更新されっぱなしです。

その意味において、恵さんはエイミにとって対等であると感じています。

あたしを珍回答量産機みたいに言うのやめてくれる……エイミさんだって、何言ってくるのかまるで予想つかないわよ。

そんなの、単に会話の話じゃない。そんなんで対等? 対等なのかしら……?

そんなものですよ。

とりあえず、エイミが家をあけるのは恵さんにとって好ましくないようですね。対策を考えます。

これからは頭部パーツを玄関に置いてから、外へ出ますね。それをエイミと思って大切にしてください。

またそういうこと思いつく。心臓に悪いわ。

09 依存:必要と依存とは違うのでしょうか

facebook twitter
pagetop