──ルームメイトの面接から、3日後。

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(蒼山くんから連絡こないなぁ。
面接、落とされちゃったのかな?)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(でも、不合格の場合も
必ず連絡するって
言ってたし……)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(あ、メールがきた!
差出人は……蒼山くんだ!!)

差出人 Deep blue
宛先 xxx@xxx.ne.jp
件名 蒼山です。ルームシェアの件で
日付 20xx/03/05 19:28

栗崎由衣 様

お世話になってます。蒼山悠斗です。
先日はルームメイトの面接に
来てくださって
ありがとうございました。
是非、栗崎さんとルームシェアをさせて
いただきたいと思います。
栗崎さんのご意向も聞きたいので、
都合の良いお時間に電話をください。

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(うそっ?
やった、合格だ!
これで蒼山くんと暮らせる!!)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(まあ、振られたばっかりだけどね。
それでも蒼山くんの側に居たいなんて、
私も未練がましいなあ……)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(あ、そうだ。
さっそく電話しないとっ)

はい、蒼山です

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

くっ、栗崎です!
メール見ました!
ありがとうございました!

こちらこそ。
栗崎さんの方はどうですか?
予定は変わっていませんか?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

是非よろしくお願いしますっ。
今日か明日にでも、
入居したいんですけど……

……え?
今日か明日ですか?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(あ、変に思われちゃったかな。
家出してるってこと話したら、
断られちゃうかもしれないし……)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

すみません。
いくらなんでも
急すぎますよね

いえ。
何かご事情が
あっての事でしょうし、
すぐ来ていただいても構いませんよ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

えっ、いいんですか?
私がどんな人間かも
わからないのに……

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(あー、なに言ってんだろ私。
なんで自分から
怪しまれるようなこと
言ってるの?)

ははっ。
面接で話した感じでは、
とても信頼できる印象でしたよ。
それに……

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

それに?

あ、いえ。
とりあえず準備もあるので、
明日でもいいでしょうか?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

は、はい!
じゃあ、明日行きますね!

じゃあ、
住所をメールしておきます。
これからよろしくお願いしますね、
栗崎さん

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

こちらこそ、
よろしくお願いします

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(蒼山くん、優しい。
私が思った通りの人で、
本当に良かった……)



──翌日。

 部屋に集まったのは、私と、蒼山くん。

 そして……。

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

飯田隆司です!
改めてよろしく!

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

飯田……くん?
面接に受かったんですか?

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

ああ!
これからよろしくなっ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

よろしくお願いします……

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(あーあ。
嫌な人が受かっちゃったな。
他に応募した人が
いなかったのかなぁ?)

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

これから3人で
仲良くやっていこうぜ!
なあ、悠斗?

 そう言いながら飯田隆司は、
蒼山くんの肩に手を置いた。

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(なんか馴れ馴れしい……。
蒼山くんに触らないで欲しいなぁ。
私のモノじゃないけどさ)

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

はい、よろしくお願いします

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

だめだめ!
これから一緒に暮らす
っていうのに、
堅苦しすぎ!

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

そうですか?

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

面接でも言ったけど
俺は18歳で悠斗とタメだから、
タメぐちでいいぜ。
あと、名前も呼び捨てでいいから

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

はは。
じゃあそうさせてもらうよ、隆司

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(蒼山くん、順応性ありすぎ!)

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

由衣も、
俺のこと隆司って呼んでくれよな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

えっ……?
どうして私の名前、
知ってるんですか?

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

ん?
この間の面接で、
自己紹介してたじゃん

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

ああ、覚えてくれてたんですね

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

だからあ、敬語やめようぜ。
タメぐちタメぐち!

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

う、うん

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(ぐいぐい来るタイプだなぁ。
でも、思ったより
悪い人じゃなさそう)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(それにしても、
飯田隆司って名前……。
どこかで聞いた気がするなぁ……)


 それからなんとかバイトも見つけて、
新しい生活にも慣れてきた頃……。


 蒼山くんに、
ずっと疑問に思っていたことを聞いてみた。

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

ねえ、蒼山くん。
どうして私と隆司を合格させたの?

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

唐突だな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

だって、ずっと気になってたから

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

そうだな……。
最初の隆司の反応を見て、
栗崎には恋愛感情を
持たなさそう……
って思ったからかな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

恋愛禁止だもんね……。
私に魅力が無くて
良かったね……

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

いや、そういう意味じゃなくて!
隆司はしっかりとしていたから、
軽率な行動は取らないと思って……

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

いいよ、無理しなくても。
蒼山くんも私のこと、
しっかりしてそうだから
選んでくれたと
思ってもいいのかな?

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

ああ……。
もちろんそうだよ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

ありがとう。
ちょっと嬉しいなぁ

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

お礼を言うのは俺の方だよ。
栗崎みたいないい子が来てくれて、
感謝してるんだ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

蒼山くん……

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

どうした?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

う、ううん。
なんでもないっ

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

そうか?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(どうしようっ。
今のめちゃくちゃ嬉しい!)

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

そういえば、
バイトの方はどうなんだ?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

なんとかやってる。
アルバイトなんて生まれて初めてだから
緊張してたけど、
周りの人たちが優しくしてくれるんだ

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

それなら良かった。
栗崎に合ってるのかもな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

えへへ、そうかな?
そういえば蒼山くんこそ、
大学はどんな感じ?

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

ああ、色々と
良い刺激を受けてるよ。
高校とはやっぱりレベルが違うな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

蒼山くんって、すごいよねえ。
有名大学に現役合格したんだもん。
勉強なんて楽勝でしょ?

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

そんなことないさ。
受験勉強でかなり
プレッシャーを感じて、
ストレスで髪が抜け落ちるかと思ったよ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(頭が光る蒼山くん……。
思わず想像しちゃったけど、
ハゲてる蒼山くんも大好きです!)

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

なに笑ってるんだよ。
今、ハゲの俺を想像しただろ?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

し、してないしてない!

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

嘘つけっ

コツン☆

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

いたーいっ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(優し~く頭を叩かれちゃった。
幸せ……)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

そういえば学費も部屋代も、
ご両親に出して
もらってるんだよね。
どうしてルームシェアを始めたの?

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

部屋代といっても、
少ししか援助して
もらえなくてさ……

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

本当は友達と住む予定だったけど、
部屋が決まった後に
友達の親が倒れてしまったんだ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

そうなんだ……

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

で、その友達は家業を継ぐために、
実家に帰ったんだ

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

部屋を引き払うことも考えたけど、
せっかく条件のいい部屋なのに、
もったいなくなって

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

ああ、わかる。
駅から近くて便利な割りに、
家賃が安いもんね

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

そうそう、眺めもいいし

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

ところで、その友達って……。
実は彼女だったり……?

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

はは、違うよ。
男の友達

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

なんだぁ、そっかぁ!

蒼山 悠斗(あおやま ゆうと)

どうしてそんなに
嬉しそうにするんだよ。
変なヤツだな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

嬉しそうになんかしてないよぉ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(蒼山くんって、
高校の時は寡黙でクールな
イメージだったけど……)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(こうやって実際に話してみたら
すごく楽しくて、
前よりもずっと
好きになっちゃった)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(でも、恋愛禁止なんだよね。
ツライなぁ……)

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

入ってもいいか?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

どうぞー

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

この前借りた漫画、
ぜんぶ読んだから返す!

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

もう読み終わったんだ。
どうだった?

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

けっこう面白かったぜ。
女向けの漫画も読んでみるもんだな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

そう?
勧めて良かった

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

サンキュ。
お礼に俺の秘蔵のDVDを
貸してやろう

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

秘蔵って……。
やらしいDVDだったら
いらないけど

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

失礼だなあ、そんなんじゃねーよ。
この映画マジで感動するぜ。
由衣なら絶対ハマるから!

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

そんなにオススメなんだ。
じゃあ、今から一緒に観ようよ

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

悪りぃ。
今から学校に行かないといけねえんだ。
そんでその後はバイト

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

日曜なのに学校に行くの?

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

デザインの課題、
来週の月曜までに提出しないと
ダメなんだよ

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

今日はたまたま先生が
学校に来てるらしいから、
届けに行こうと思って

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

一日でも早く提出しなきゃ駄目なんだ?
デザインの専門学校って、
結構キツそうだね

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

いや、そうでもねえよ。
俺が早めに出したいだけ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

へえー、意外。
隆司ってマジメなんだね

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

意外ってなんだよ。
こう見えても俺は学費を自分で払ってる
超マジメ人間なんだぜ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

えっ、そうだったの!
大変じゃない?

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

そりゃ大変だけど、
親父が金は出さないって言うから
仕方ねえだろ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

隆司のお父さんって、
厳しいんだね……

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

厳しいっつうか、
親父に普通の大学へ行け
って言われて
大ゲンカしたんだよ

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

俺は自分の店を持つのが夢だから、
親父の反対を振り切って
専門学校に進んだけどな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

そんな話、初めて聞いた。
なんかすごい……。
自分の将来、きちんと考えてるんだ

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

まあな。
その為にバイトして、
軍資金も貯め込んでるんだぜ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

ねえねえ、
隆司が出したいのって何のお店?
教えてよ

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

ばーか。
夢は他人に言うと
叶わなくなるって言葉、
知らねえのか?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

えーっ。
ケチーッ

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

あっ、そうだ。
さっきのDVDだけど、
悠斗と観るなよ。
一人で観ろよ?

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

どうして?

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

一人で観た方が集中できるだろ?
じゃ、俺はもう行くから

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

あ、うん。
行ってらっしゃい

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

なんか新婚さんみたいだな

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

なに馬鹿なこと言ってんの。
早く行きなよ

飯田 隆司(いいだ りゅうじ)

はははっ

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(もうっ。
私なんかに興味無いくせに、
たまに変な冗談
言うんだから……)

 深夜になってから、
私は隆司に言われた通りに一人でDVDを観た。


 その映画は、切ないラブストーリーだった。


 お金を持たずに夢だけを持って
上京して来た男の子が、
初恋の子と再会するんだけど、
その女の子が記憶喪失になっていた
というお話で……。

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(胸が締めつけられちゃう。
映画の中の出来事なのに、
他人事とは思えないよ……)

栗崎 由衣(くりさき ゆい)

(すごくいい映画。
明日、隆司にお礼を言わなくちゃ)

 私は涙を拭いながら、映画を最後まで観た……。



第2話 ルームシェアの始まり

facebook twitter
pagetop