ジャンマルフォイフォイ

ここ…いい…すごいいい…

Fake ―少し不思議な夏休み―

 8月の中旬。夏休みを暇に過ごし、時間を無駄にしていた彼は、クラスメイトの暮らしているはずのの洋館に違和感を覚えた。自転車を飛ばし、真夏の夜の涼しさを感じながら、彼は洋館に足を踏み入れた―― 夏休みの終わる少し前、少し不思議で、ちょっと楽しいあの思い出を、彼は―― 夏ということで真夏のホラーを書きます!

2015.07.16 連載中 (2)
1
0
pagetop