ヤンキーたちは一人の少年を囲んでいた。
その様子は一触即発のただならぬ気配を漂わせていた!

ヤンキー1

おう、なにガン飛ばしてくれちゃってんの?

ガン…?

……???

ヤンキー1

オマエ、どこ中よぉ?
なめてっとイタイ目みるぞ、おら!

なめ…?

……
What???

ヤンキー1

ふざけんな!

ええと…
日本ではあまりケンカしないっておばあちゃんが言ってました
とりあえず謝っちゃえばいいですよね?

思案する少年の反応にしびれを切らし、気が短いヤンキー君は、彼に殴りかかろうとした!

スミマセン!

何という不幸な出来事であろうか!

姿勢を下げて飛びかかってきたヤンキー君の後頭部に、誤って思いっきり頭突きを食らわせてしまった!

ヤンキー1

ぐはぁあああ!

後頭部へのクリーンヒットでヤンキー君は地面に突っ伏し、うっかりご先祖様に会いかけてしまった。

ヤンキー2

う、うわぁ!
真島ぁ!

うん?

少年はようやく自分の足元でのびているヤンキー君の姿に気づいた。

ヤンキー2

こ、このガキャ!!!

ああ〜!!!
大変デス!
人が倒れてます!!!

慌てて下げていた頭を上げた瞬間、またもや不幸な出来事が!

誤ってもうひとりのヤンキー君にも頭突きを食らわせてしまったのだ!

ヤンキー2

ぐわぁあああ!

二人目のヤンキー君は盛大に鼻血を噴きながら、弧を描くように吹き飛ばされていく。

ヤンキー3

ひ、ひい!

先輩

俺たちのNo.1、2が一瞬でヤラれちまうなんて!

ヤンキー3

く、クソ!
今日はこのくらいで勘弁しておいてやる!

あー、ハイ
アリガトウゴザイマス?

ヤンキーたちは倒れていた仲間を抱えるようにしてその場を走り去っていった。

がんとばす…って何だったのでしょう?
飛ばす…

Oh!
そう言えば雁という鳥がいますね!

Bird watchingの邪魔して怒られちゃったみたいですね!

あー、頭ぶつかったのも謝れませんでした!
今度会ったら謝りましょう

その様子を物陰からこっそり見つめる者の姿があった…

結衣

はわわわわ…
本物のヤンキーさんたちのナマケンカ見ちゃった!

結衣

なんて言ってたかわからなかったけど…
きっと誰がボスか?とか、
縄張りがどうとか、
そういう抗争だったんだわ!

結衣

…ということは、勝ったあの子が頭ってこと?

結衣

迫力あったな〜!

結衣

少年マンガみたい♪

お買い物して帰らないとおばあちゃんが心配しますね…

結衣

ひっ!
こ、こわいぃ!

結衣は物陰に身を隠しつつ、その場を後にした…

第1話 終

第1話 2 オオカミ少年、あやまる

facebook twitter
pagetop