設定資料

ほりんさんの他のイラスト

このイラストを使用しているストーリー

変人巫女姫と変態皇子

 皇帝が政治を行う月初国の王都、平等京。そこはその地を守護する神と契約を交わす事で貸し与えられた土地。都存続の為に代々月初国では『巫女姫』と呼ばれる役職の女性が契約神に祈りを捧げるのが伝統となっていた。 この『巫女姫』は王家の汚れを祓うと言う役目を持つ為、自らが汚れを寄せ付けないよう恋愛、結婚、出産を禁忌とされる生娘であるのが絶対条件である。しかし先代『巫女姫』はそれを破り、王都から追放され、代替わりする事となった。その先代『巫女姫』の娘である宝源鈴は追放された故に郊外にある屋敷で暮らす一般庶民。自由奔放で様々な男の許を遊び歩き、帰って来ない母親のせいで一人暮らしとなっていた。そんな彼女は人外の物に攻撃出来る強い霊力と術の知識を持ち、それを生かして人外の物絡みと思われる事件を調査し悪しき物を調伏する『祓屋』を生業として生計を立てていた。 そんな生活をしているせいで世間的に見れば変わり者。そのせいで一般的には数えで十二、三で嫁に行くと言うのに……十六歳と行き遅れていた。 更に人外の物が視える者は年々減っており、関連する信仰も薄れていた為に『祓屋』の収入は少なく生活も楽では無い。今後の為に副業でも始めようかと悩み始めている頃、強力な大妖怪を倒して欲しいと言う……久々の大物依頼が舞い込む。しかし敵は出遭ったが最後、妖気に当てられ動けなくなり、果ては気を失うというレベル。流石の鈴でも歯が立たず、窮地に追い込まれてしまった。そんな時、一人の少年が現れる。彼は息吐くように口説き文句を連発する変態だったが……確かな実力で確実に敵を倒し、鈴の安全を確認するという優しさも持ち合わせていた。しかしその日彼は名乗る事さえせずに去り、数日後鈴に第二皇子・旺林として求婚してくる事に。しかし怪し過ぎると鈴は断ってしまう。すると代わりに収入は出すから後宮で行方不明となった巫女姫の代理巫女姫をしないか……と誘われる。割の良い仕事の上、旺林に借りを返したい鈴は引き受け、後宮の巫女姫が暮らす『百合の間』での生活をスタートする事となるが……実は現『巫女姫』の和歌は行方不明でも何でも無く、何故か侍女に扮して仕えてくれる事となっていた。しかも鈴はそれを機に旺林と共に様々な事件に巻き込まれる事となって……!? 和中混合の国で繰り広げられる、ファンタジーラブコメディ。

2019.11.11 連載中 (1)
0
0

おすすめのイラスト

コメント

0/140
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 和イラコン
  • 女性
close