「怒っているときの自分。」

こもたろが
携帯ゲーム機をゲットしてから数ヶ月。

だいぶ使いこなせるようになりました。

ゲーム内容をちゃんと理解してプレイする姿は
親が見てもビックリするものがあり
こういったところからも成長を感じています。

ただ・・・
思い描いた通りに操作できないもどかしさというものがあり
そこでイライラが募ることも。

こもたろ

おねえちゃん、
てつだってー。

こもろ姉

えーっ
お姉ちゃんも
今やってるんだけどっ

こもたろ

うまくできないー。

こもろ姉

自分でやりなよ。

ケンカのきっかけは最初は小さいもの。

そこから発展して

本格的なものに。

母ちゃん

あー、
始まったか・・・。

こもたろ

おねえちゃんなんか
しらない!

こもろ姉

たろくん、
声が大きいっ

こもたろ

ぼくのやってって
いったじゃん!

こもろ姉

うるさーいっ

こもたろ

どうして
いうんだろうな!

こもろ姉

ちょっと静かにして。

こもたろ

やってでしょ!

こもろ姉

もーっお母さーんっ

母ちゃん

はいはい。

母ちゃん

こもたろ、
ちょっと話を聞いて?

こもたろ

だって
できないじゃー!

母ちゃん

こもたろくーん。

こもたろ

うるさい!

母ちゃん

小さい声で話して。

こもたろ

ぼくの
たろくんがー!

母ちゃん

じゃあ
お母さんも
大きい声で話そうかな!

こもたろ

・・・・っ

母ちゃん

たろくんが
大きな声で
話すんだもんな!

母ちゃん

お母さんも
そうしようかな!

こもたろ

ダメ。
ごめんなさい。

母ちゃん

どうしてダメ?

こもたろ

こわい。

母ちゃん

そうだよね。
大きい声で話すと怖いよね。

母ちゃん

でも、こもたろ、
大きい声で喋ってたよ?

こもたろ

ごめんなさい。

こもたろ

おおきいこえは
だしません。

母ちゃん

そうだね。
ちゃんと聞いて
話をしよう。

この後、
お姉ちゃんとは仲直りしました。

こもたろ

・・・・・。

こもたろ

ぼくのおにが
おそろしいよぅ。

僕の鬼?

自分の中に鬼がいるって
言いたいのかな。

お・ま・け

こもたろが描いたイラストです。

ちょっとストーリー系。

ベルトコンベアの上に
ロボット。

解体されていくー。

腕も外されちゃった。

後ろにお兄さんが通りすがってます。

が、特に意味はなし。

どんどん解体。

解体する機械には「営業中」の文字。

ちょっと怒ってる?風な解体マシン。

この辺りから、様子が変わってきた。

壊すんじゃなくて、作ってる?

扱いが丁寧。

何かを入れてる。
オイルかな?

ちゃんとしてきた。

足らしきものが。

と、思ったらロボットに。

よかった、動いてる

壊れたロボットを直したお話でした。

LINK

ライブドア公式ブロガー

『3刷出来!』
ブログが本になりました。

「ぎゅっと抱きしめたい」主婦と生活社刊

定価:900円+税

『3刷出来!』
すくパラぷらす連載中の4コマ漫画が単行本になりました。

「生まれたのは自閉症くん。」竹書房刊

定価:1,100円+税

25│怒っているときの自分。

facebook twitter
pagetop