生贄の花嫁 背徳の罠と囚われの乙女

完結(3)

「いやだって? こんなに蜜を溢れさせてねだっているのに」
「まるで私が下僕のようだな。跪いて体を洗ってやるなんて」
二日だけという約束で自動人形のふりをして伯爵家に納品されたヴィオラは、買い主である伯爵令息アレックスに執拗に愛される。入浴させられ、いやらしく触れられても声を出さずに耐えたヴィオラだが、結局は彼の罠にかかり正体を曝かれて、彼の尋問を受けることに。処女を散らされ朝夕問わず激しく抱かれて淫らに変わっていく身体。彼はずっと傍にいろと言うけれど――!?

★この作品はストリエ配信用に再編集を行ったものです。
★この作品はお試し読み用です。1巻の途中までの配信となります。
ⓒ如月・すがはらりゅう/竹書房

竹書房

乙女のための絶対的エロティックラブ!!

すずね凛、みかづき紅月、斎王ことり、人気作家の作品がストリエに続々登場。
クラクラするほど濃密で極上のラブストーリーをお届けします。

蜜猫文庫の他のストーリー

戦神皇帝の初夜 姫は異教の宴に喘ぐ

異教徒に攫われた過去を持つ王女リヴェラは、幼い頃から不吉だと忌み嫌われ居ない者のように扱われていた。だが大国のアスガルドの皇帝グエンは彼女の前に跪いて求婚し強引に花嫁とする。戦に優れ死神と畏怖されるグエンは意外に快活な性格でリヴェラには優しかった。「もっとかわいい声で啼け。俺の淫らな花嫁」宴の席、各地にある寺院、あるいはサウナの中、あらゆる場所で抱かれ乱れさせられ、喜びを覚えるリヴェラは!?★この作品はストリエ配信用に再編集を行ったものです。★この作品はお試し読み用です。1巻の途中までの配信となります。ⓒ藍杜雫・DUO BRAND./竹書房

2016.08.01 完結 (5)
35

ミッシング 王太子妃の密室の淫戯

「こんなに濡らして、いけない人だ」王太子アーベルに嫁いで二年になるセリア。怜悧で美しい夫はいつも優しいが、彼女は何かが足りない気がしていた。ある日、護衛の男性に迫られている場面をアーベルに見られたセリアは、いつになく冷たい彼に地下室に連れてこられる。「他の男に痕を付けられたあなたには、罰が必要ですね」ベッドに四肢を拘束され、媚薬を盛られて責められ、初めて知る気が狂うような快感。目覚めたあともそのまま監禁され愛され続けるセリアは――!?★この作品はストリエ配信用に再編集を行ったものです。★この作品はお試し読み用です。1巻の途中までの配信となります。ⓒ白石まと・DUO BRAND./竹書房

2016.08.01 完結 (3)
18

略奪花嫁 炎の愛撫に蕩ける氷華

戦に敗れた一族の利益を守るため、敵将であるルガートに差し出されたアウローラ。<氷の美姫>と呼ばれる彼女をルガートは当然の権利とばかりに組み敷き、悦楽に堕として処女を奪うが、その後も情熱的に愛して気遣ってくれる。「もっと乱れろ。蕩けてしまえ」残忍だと恐れられる男の意外な優しさと熱さにとまどい心惹かれていくアウローラだが、次期国王になると噂されるルガートにとって彼女は一人の寵姫にすぎなくて!?★この作品はストリエ配信用に再編集を行ったものです。★この作品はお試し読み用です。1巻の途中までの配信となります。ⓒ小出みき・SHABON/竹書房

2016.08.01 完結 (3)
38
pagetop

タグ登録

タグ削除

  • 恋愛
close