柊瑞穂

お疲れ様、平君。この一週間で色々な目に遭ったみたいね

職員室にて報告を終えると、柊先生は俺に労いの言葉をかけた。


室内には他の教師はいなかった。

平桔平

本当ですよ。ここに来てから気の休まる時がないです

何が恐ろしいって、俺がここに来てまだ一週間しか経ってないんだよな。


これが後二年間続くとなると、もう無間地獄に等しい。


命短しとか言った奴出てこい。

柊瑞穂

それだけあなたがあのクラスで必要とされてるのよ。言わばみんなの精神的支柱ね

平桔平

支柱ねえ……

多分すぐぽっきり折れる柱だろう。


支えてるものが重すぎて、消耗が激しいからだ。




一応、褒め言葉をいただいて光栄だが、やはり嬉しさもそこそこだ。


その理由は、先生の所作に見え隠れする微かな強張りにあった。

平桔平

訊きたいことがあるんですけど、いいですか?

柊瑞穂

どうぞ

平桔平

先生は、いや、学校側は今回の件をどれだけ把握していたんですか?

俺は単刀直入に切り込んだ。


質問の真意を汲み取ったのか、柊先生がピクリと目元を動かしたのが分かった。




そこからしばらく、黙りこくる状態が続いただろうか。


やがてごまかしは無用と思ったのか、先生はその細くしまった顎に軽く握った拳を添えた。

柊瑞穂

……あまり余計な情報を漏らすのは組織としては好ましくないんだけど、あなたが一人で勘づいたの? 昏忌高校の裏の事情に

平桔平

いえ、細かく仮説を立てたのは巴です。でも他のクラスメイトも、うっすらと違和感は感じ取ってるみたいですよ

聞くと先生は、「そっか」とどこか遠い目をした。

柊瑞穂

学校も、やり口があからさまだったものね。いずれ生徒が疑心を抱くだろうとは思ってたけど、もう隠し立てする意味もない、か……。結論から言わせてもらえれば、あなたや巴君をはじめ、全員の推測しているであろうことは、正しくもあり、間違ってもいるわ

平桔平

……どういう意味ですか?

先生は職員室内を慎重に見回すと、意を決したように学校の正体の片鱗(へんりん)を語りだす。

柊瑞穂

犯罪者予備軍更生計画は、主に防衛省の管轄で運営を行っていて、計画に携わっているのは省内の高官達と一部組織。そこに警察など他の公安組織や民間企業の一部が加担しているの。計画の機密性ゆえごく少数で、ほぼ全員が上層クラスの人間だけど

初めて、これまで『政府』とのみ呼称されてきた運営組織の具体名が明かされた。


学校側には不利益なこの暴露に、監視者から即座に相応の処置が下るのではと思い身構えたが、先生は恐れることなく、事実だけを淡々と告げていく。

LINK

89|七日目 罪校生一同―ざいこうせいいちどう―

facebook twitter
pagetop