廃墟に鳴るはずのないノイズが四人を釘付けにした。テレビに映る黒い画面にまるで激しい雪が降っているようだ。

 誰もがテレビに注目していた。背中に寒気を感じた淳はあえて確認をした。

鮫野木淳

なぁ、ここに電気は通ってないよな

藤松紅

俺が見に行っただろ

 紅は踊らいた様子で答えた。

 そうだよ。通ってないよな。これだから廃墟は嫌なんだ。何が起きるかわからない場所なんだよ。だから行かないと約束したんだ。

 奇妙な現象に声も出ない。ただテレビを見つめていた。そんな時、再び女の子の声が淳だけに聞こえた。今回ははっきりと言葉になっていた。

 その声に驚くこともなく淳は何かに導かれるようにテレビに近づいて行く。

小斗雪音

淳くん、待って

 様子の可笑しい淳に雪音は手を伸ばして止める。淳は振り返って伝える。

鮫野木淳

聞こえたんだよ。誰かがこの街は偽りに包まれているって

小斗雪音

それってどういう意味なの?

鮫野木淳

わからないけど……

 確かに理由はわからないけど俺は向かわないといけないと思っていた。砂嵐に気を取られていたせいか。

 淳はテレビを確認した。相変わらずテレビは気味の悪いぐらい砂嵐を写していた。変わりのしない画面は少し不気味だった

凪沙新吾

もう帰ろうよ。テレビが点いたのは何か偶然だよ

 そんな不気味な雰囲気に耐えられないかったのか新吾は弱々しかった。

鮫野木淳

凪佐……

鮫野木淳

そうだな、帰ろう。もともとここに来てはいけないんだ。もう良いだろ

 もう帰ったほうが良い。何事もなく帰ろう。後でユキちゃんに謝らないといけないし。

 帰ろうと決心して淳は廃墟から出ようとした。その後を新吾と雪音が続いた。

 その様子を見て紅が声をかける。

藤松紅

持ってくれ鮫野――

 途中で紅の声が途絶えたと同時にテレビの方から新吾の悲鳴がした。

鮫野木淳

おい。どうした……

小斗雪音

淳くん……アレ

 振り返るとテレビから無数の影のような手が紅を拘束していた。口を押さえつけているせいで声が出せないようだ。

 次の瞬間、影のような手が紅をテレビに引きずり込んだ。紅は何度も抵抗したが水面のようなになっているテレビの画面に消えていった。

 まるで漫画みたいな光景に声も出ない。

凪沙新吾

藤松くん

 新吾は震えながらテレビから離れようと後ずさりしていた。その新吾を狙うように影のような手が数十本テレビから伸びる。

凪沙新吾

た、助けて――

 助けを求めようと声を上げたが紅と同じようにテレビの中に消えた。

 二人がテレビの中に引き込まれた光景を傍観することしか出来なかった。そんな淳と雪音に落ち着く隙を与えないかのように影のような手がテレビから伸びてきた。

鮫野木淳

どうしてこんな事に

小斗雪音

何、ぼーとしてないで逃げるよ

 落ち込んでいる淳の手を引いて逃げようとする雪音の足を影のような手は鷲掴みテレビの中に引きずり込もとした。

鮫野木淳

ユキちゃん

小斗雪音

淳くんは逃げて!

 無数の影のような手が次々と雪音を掴んでテレビの中に引きずり込んだ。

鮫野木淳

おい、やめろ!

 雪音を助けようと手を伸ばしたが淳の手は届かなかった。無残にも一人になってしまった淳に影のような手が伸びる。

 これは俺が廃墟に来た罰なのかな。紅も新吾もユキちゃんもあの手にテレビの中に引き込まれた。

 俺もそっちに行くよ。みんな……。

 淳は何も抵抗せずテレビの中に引き込まれた。

 そしてテレビが消えた。廃墟に静かな時間が流れる。そこに元々、人が居なかったように。

 廃墟の外に二人の大人の姿があった。一人は背が低く子供と勘違いされそうな見た目をした白衣を着た女性だった。もう一人は男性だった。男性と女性の身長差はまるで親子に見える。

小野寺鬼灯

人があれほど行くなって念を押したのに

吉良正

高校生の好奇心は時に抑えられないですから、先輩のせいじゃないですよ

 男性は廃墟に入った生徒に怒りを覚える鬼灯を抑える。鬼灯が怒ると怖い事を知っているからだった。

 鬼灯はため息をつき男性と共に廃墟に向かっていった。

廃墟の中は……。

次回

裏の世界

つづく

pagetop