今日はクリスマス。
 普段は町民の憩いの場である広場も……今日ばかりはイルミネーションで彩られていた。

 恋人達で街は賑わいを見せている。そしてその中には……桐波とその彼女の姿もあった。
 二人のデートは終盤を迎えようとしている。

桐波

今日は楽しかったよ。あんたは?

 イルミネーションを寄り添って見ながら……桐波は静かに尋ねた。
 彼女は嬉しそうに微笑む。

桐波

そっか、それは良かった

 桐波の言葉に……二人は微笑み合った。

桐波

これ、プレゼント。あんたに似合うと思って。
受け取ってくれるか?

 銀のチェーンに百合を象った小さなモチーフが付いているブレスレットだ。

 彼女は一瞬驚いた表情をしたが、すぐに笑顔になった。

桐波

喜んでくれてよかった。
来年も一緒に過ごせるといいな


 静かながらも嬉しさを滲ませた声音で……桐波が呟いた。

Ⅰ-Ⅱ クリスマスデート(冬夏桐波編)原作:桐花波

facebook twitter
pagetop