優月瞬歌(ゆづきしゅんか)。今日から『芸能総合国元学院』の学生です。

 所属学部は『アイドル学部』。『アイドルコース』と『作曲家コース』があるこの学部でわたしが選んだ専攻は『作曲家コース』の方です。

 小さい頃からアイドルに曲を作る事を夢見ていたわたしは……夢を叶える為にこの学院を受験しました。

 『芸能総合国元学院』は一年間でアイドルや作曲家等になる為の勉強をする学院です。
 元より倍率が高く、入学試験も卒業試験も厳しくて有名ですが……上手く行けば一年後に学院長である『レインボウ国元』先生の経営する『レインボウプロダクション』から芸能界デビューが決まります。

 入学試験は人の多さに驚いたけれど……合格して本当に良かったと思います。
 もしかしたら作曲のデータを送った事が……良かったのかも知れません。

 そうして今わたしは……夢を叶える為の場所に足を踏み入れようとしていました。
 でも今日に限って電車が遅れてしまいました。

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

はぁはぁはぁ……も、もう少し……


 諦めて途中の駅で降り、走って来たものの……そろそろ限界です。

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

ううう……もう駄目。ちょっと休憩です……


 ふら付きながらも何とか止まった時でした。
 わたしの後方から走って来て追い抜いた二つの影がありました。

???

兄さん、遅いって

???

桐波(きりなみ)が速過ぎるんだよ~


 思わず見てしまうとそこに居たのは既にアイドル『antithese(アンチセーゼ)』として活躍している兄弟アイドル。
 冬夏藤空(とうかふじぞら)さんとその弟の桐波さんでした。

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

ほ、本物のアイドル様が……目の前に!

 思わずわたしはその場に静止してしまいました。
 ……そんな時。

 再び後方からの足音が聴こえたと思った瞬間……背中から衝撃が伝わってきたのは。

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

きゃっ


 思わず悲鳴を上げてよろけてしまい、尻餅をついてしまいます。

あぶねーな、糞女!
道のど真ん中で止まってんじゃねーぞ!!


 怒る相手の顔を見て……その姿勢のままで必死で頭を下げました。

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

すみませんっ!


 だけど相手はわたしの謝罪の言葉を待つ様子さえ無く、忙しなく駆けて行ってしまいました。

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

どうしよう……わたしのせいで嫌な思いをさせてしまった


 そう思ったら更に申し訳無くなって、顔が上げられなくなってしまいました。

 思えば小さい頃からこんな事ばかりでした。鈍臭いから……人に迷惑を掛けてばかり……。
 そのまま落ち込みそうになった時……。

???

君、大丈夫……立てる?


 そんな声と共に目の前に手が差し出されました。
 顔を上げるとそこには……

冬夏桐波(とうかきりなみ)

…………

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

え!?き……桐波さん!?ゆ、夢じゃなくて!?


 緊張と恥ずかしさでもう訳がわかりません!

冬夏桐波(とうかきりなみ)

ほら、捕まって

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

は、はひ!あ、有難うございますっ

 早口で御礼を言うのが限界でした。
 混乱したままですが、何とか捕まって立たせて貰います。
 するとその桐波さんの後ろから……藤空さんが何かを差し出していたのが見えました。

冬夏藤空(とうかふじぞら)

あ、あの……落ちちゃった荷物です


 確かに良く見るとそれはわたしが持っていた荷物でした。
 ぶつかった拍子に落としてしまったようです。

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

す、すみません!あ、有難うございますっ


 ああもっとちゃんと御礼を言いたいのに……緊張でどうしても上手くいきません。

冬夏藤空(とうかふじぞら)

あ、い……いや。
それよりだ、大丈夫ですか?怪我してない……?


 藤空さんは勢い良く荷物を受け取ったわたしを驚いたように見て……それからそんな風に言ってくれました。

優月瞬歌(ゆづきしゅんか)

へ!?は、はいぃ!だ、大丈夫です。
すみません!


 折角心配してくれたのに……わたしはそう答えるのが精一杯でした。

 その後は二人に対し反射的に頭を下げ、勢い良く去るのが限界でした。
何て申し訳無い対応をしてしまったんでしょう……もっと上手に対応したいのに。

 心機一転、どうにか頑張ろうとは思うのですが……中々難しい。
 そう思っていた。この時はまだ……。

Chapter0 登校初日

facebook twitter
pagetop