La dernière 12.開始と決別の朝

ヤミゾノ・ノアール

・・・・。

グレンヌ

…闇園様

ヤミゾノ・ノアール

例の予定は変更なく
時間は正午

あとは指示した通りの
準備を

グレンヌ

…Oui

闇人形

ヴォレロおはよ~さん

ヴォレロ・フルウ

おっはよー
ヨロシー!

闇人形

そのヨロシーって
呼び方やめろよ!

ヴォレロ・フルウ

え、なんで?
かわいいのに…

あ!

ヤミゾノ・ノアール

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

社長っ!
おはよう
ございます!

ヤミゾノ・ノアール

声が大きい…!
そんなに吠えなく
ても聞こえるん
だけど?

ヴォレロ・フルウ

す、すみません…

ヤミゾノ・ノアール

これだから犬は
嫌いなのよ

ヴォレロ・フルウ

狼です…!

グレンヌ

Bonjour…

ヴォレロ・フルウ

グレンヌさん
おはようございます

ペタル

Bonjour~

ヴォレロ・フルウ

おはよペタル…

パルテ

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

パルテ!
おはよ

パルテ

何か…思い出した?

ヴォレロ・フルウ

えっ?

パルテ

いや…自然に思い出す
わけないよね…

ヴォレロ・フルウ

あの…?

パルテ

ごめん、急ぐから

ヴォレロ・フルウ

思い、出す…?

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

あ…

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

あの夜からずっとパルテと
話がかみ合ってないような
気がする…それにこの感じ
たしかこの人と初めて
会った時もあったような

ギアマン

…ヴォレロ

ヴォレロ・フルウ

あっはい!?

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

ギアマン

フバタキに…何か変なこと
されなかったか?

ヴォレロ・フルウ

ふ、ふばたきさん?
変なことって言っても…
あの人いつも変だし

ギアマン

体に違和感は?変な傷や
痣の痕があったりしたか?

ヴォレロ・フルウ

特に無いです、けど…?

ギアマン

…そうか

ヴォレロ・フルウ

あ、あの…フバタキさんは
たしかに変な人ですけど
暴力を振るったりなんて
しないと思いますよ?

やるとしても、ふざけて
抱き着いてくるくらいで
基本的には良いひとだと…

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

あれっ怒ってる!?

ギアマン

ヴォレロ…!

ヴォレロ・フルウ

はいっ…!

ギアマン

お前は誰でも彼でも
気を許し過ぎだ!!

だから簡単に触られ
たり、半裸を写真に
撮られたりするん
だよ!少しは警戒
しろこの尻軽女!!

ヴォレロ・フルウ

はぁあ!?

ギアマン

事実を言ったまでだ

誤って彼氏以外の
種が宿らないことを
祈るんだな雌犬

ヴォレロ・フルウ

なんであたしが
あんたにそんなこと
言われなきゃいけ
ないの?!

ギアマン

言わなきゃ分からない
ようだから教えてやった
んだろ、感謝してほしい
ぐらいだ

ヴォレロ・フルウ

余計なお世話!
人の事より、その
仏頂面どうにか
したら?

怖いんですけど!

ギアマン

な…

ヴォレロ・フルウ

あれ?もしかして
気にしてる?

ギアマン

…!

ヴォレロ・フルウ

…っ!!

な、なに?言っとくけど
睨んだって怖くないから!
もも…もう慣れたし…!

ギアマン

…そうか、だったら

ヴォレロ・フルウ

え…なに…

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

…っ?!

ギアマン

…馬鹿な女だ

ヴォレロ・フルウ

っ!

ギアマン

お前がここで五体満足に
働けているのは奇跡に
近いんだよ…

なぜなら、ここでお前が
何をされても助ける者は
一人もいないからだ

ヴォレロ・フルウ

…そんなこと…

ギアマン

試してみるか?

ヴォレロ・フルウ

やっやめて…
誰かっ助けて!!
ヨロシー!

闇人形

おやめください!
第1体目お兄様…!!
それは、あなたの
本意では…

ギアマン

・・・・。

闇人形

そんなお兄様…っ

ヴォレロ・フルウ

まって…気を悪くしたなら
謝るから…お願い!

ギアマン

怖いのか…?
壁に追い詰められた
だけで、身動き一つ
とれないとは…

これじゃあ、何を
されても文句は言え
ないな

ヴォレロ・フルウ

やめて…なんでも
するから…!

ヴォレロ・フルウ

…あ、あれ?

ギアマン

・・・・。

闇人形

お、おにいさま?

ヴォレロ・フルウ

??

ギアマン

この状況で…
“何でもする”なんて
よく言えたな
煽ってどうする気だ
馬鹿か…?!

ヴォレロ・フルウ

ごめんなさい…

闇人形

あれ…急に説教しだした

ギアマン

いいか、ヴォレロ
さっきの恐怖をよく
覚えておけ…

危機が察知出来なくて
泣きを見るのは自分
自身だぞ

ヴォレロ・フルウ

え…?あ、はい…

え?

闇人形

第1体目お兄様…
元々、何もする気は
なかったんですよね?
もちろん、わかって
ましたとも!

ギアマン

さっきから俺は何を
言ってるんだ…

こいつがどうなろうと
もう関係ないはずだろ

ヴォレロ・フルウ

なんなの?

ギアマン

クソ…前の影がちらつく
俺がこいつを覚えている
せいだ

闇園が俺のほうの記憶を
消さないのは…こうなる
ことを予想してか

ヴォレロ・フルウ

あのー…もう行っても?

ギアマン

…ああ、勝手にしろ

ヴォレロ・フルウ

…!

ねえ、その手…

ギアマン

手?

ヴォレロ・フルウ

指のところ、トゲみたいの
刺さってるよ!さっき壁
壊した時にやったんじゃ
ない?

ギアマン

この程度、問題ない

ヴォレロ・フルウ

そんな無理矢理
抜いたら…って
ああ!傷口から
何か出てるって
…その黒いの、血?

ギアマン

騒ぐな、鬱陶しい

ヴォレロ・フルウ

いいから
ちょっと
見せて!!

ギアマン

おい…!何する気だ

ヴォレロ・フルウ

…っ!?

どうしてこんなに
手が冷え切ってるの…?
すぐに何かで温めなきゃ

ギアマン

体温が低いのは元々だ!

ヴォレロ・フルウ

え、あ、そっか…
お人形さんだもんね
これが普通なのか

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

それより、早く傷の
手当てしないと!
あたし、自分がよく
怪我するから傷パッド
持ち歩いてるんだ!
とりあえずだけど
貼ってあげる

ギアマン

…そんなことしなくても
ほっとけば塞がる

ヴォレロ・フルウ

我慢しなくていいよ
ほらっ!

ギアマン

熱出して走り回ってた奴の
言う事か?

ヴォレロ・フルウ

これでよし…!

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

あ…勝手なことして
ごめんなさい…

ギアマン

お前は俺のことが
嫌いなんじゃないのか

なんで手当てなんかする?

ヴォレロ・フルウ

君があたしのことを
嫌ってるんでしょ?

あたしは別に…たしかに
酷いこと言われた時は
むっとしたけど…
嫌いだなんて思って
なかったし

ギアマン

それは嘘だ、お前は
俺を怖がっている

ヴォレロ・フルウ

それは!君が怖がら
せるからだよ!
あんなことされたら
誰だって怖いに
決まってるでしょ?

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

・・・・。

ギアマン

だとしても
…どうかしてる

ヴォレロ・フルウ

・・・・ねえ

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

気のせいかも
知れないけど…

あたしのこと心配…
してくれてるの?

ギアマン

してない、なぜ俺が
お前みたいな捨て駒の
心配をしなきゃならない?

ヴォレロ・フルウ

そう、だよね…
それじゃあやっぱり
フバタキさんが変なこと
しないように見張ってる
だけか…

ギアマン

それは無い

ヴォレロ・フルウ

うーん…

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

ギアマン

叩いてなおるのは
機械だけだったか…?

ヴォレロ・フルウ

え?

ギアマン

頭を軽く小突いてみるか…

ヴォレロ・フルウ

ちょっとっ?
何しようとしてるの…

ギアマン

いいからじっとしてろ
動くと別の場所にあたる

ヴォレロ・フルウ

何が!?
分かんないけど
やめてよ!

ギアマン

おい!動くなと
言ってるだろ
こっちに来い!

ヴォレロ・フルウ

痛っ!引っ張んないでっ
言う事聞くから、何するか
言ってよ…!

ギアマン

ヴォレロ・フルウ

もう、強引だなあ…
そんなに力いれて
引っ張ったら手首が
取れちゃう

ギアマン

…悪かった

ヴォレロ・フルウ

いいけど…

それで、何する
気なの?

ギアマン

お前の頭を
2、3回叩かせろ

ヴォレロ・フルウ

絶対嫌だ

ギアマン

手加減はする

ヴォレロ・フルウ

そういう問題じゃなくて
なんでそんなことするの?

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

あー…やっぱり
あたしが嫌いだから
殴りたいだけ?

ギアマン

違う!!

ヴォレロ・フルウ

っ!

ギアマン

嫌いな相手に
手加減すると
思うか…!?

ヴォレロ・フルウ

うーん…いくら
嫌いな相手でも
少しくらい手加減
するものじゃない…?

フバタキ・マダラユメ

ギアマンさーん!
こーんなところに
いた~探してたん
ですよー?

ヴォレロ・フルウ

フバタキさん

ギアマン

いいか、本当に
嫌いな相手なら

こうだ!

フバタキ・マダラユメ

あがっ!?

ヴォレロ・フルウ

!?

ギアマン

分かったか

ヴォレロ・フルウ

いや…あの…
フバタキさん大丈夫?
殺してないよね??

ギアマン

放っておけ…そんな奴
今はどうでもいい

ヴォレロ・フルウ

だけど、動かないよ?

ギアマン

いいから
殴らせろ!

ヴォレロ・フルウ

だからなんで?!

闇人形

ねえねえ、ヴォレロ

ヴォレロ・フルウ

え??何っ?今
あたし絶体絶命中
だから後にして
もらえるかな

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

ほらあ!怖いお兄ちゃんが
こっち見てるでしょ!?

闇人形

ヴォレロ
ヴォレロ~

ヴォレロ・フルウ

今じゃなきゃ
ダメなの?

闇人形

ヴォレロはムカデが
好きって聞いたから
動くムカデの玩具
作ってみた

ヴォレロ・フルウ

ぎゃああああ
ああああああ
あああああ!!?

ギアマン

闇人形

嬉しい?嬉しい?

ヴォレロ・フルウ

あたしムカデは
ダメだって…!
好きだなんて嘘
誰から聞いたの!?

闇人形

あ、それ言ったの私だ

闇人形

そうなの?でもこれ
玩具だよ

ヴォレロ・フルウ

分かってるけどっ!
形を見るだけで…体が
体がぞわってするから…

ギアマン

おい…

ヴォレロ・フルウ

や…やだ、むかで…
近づけないで…!

闇人形

かわいい

闇人形

興奮する

闇人形

ヴォレロ、ムカデ
もういないよー

ヴォレロ・フルウ

本当…?

闇人形

あ、ムカデ

ヴォレロ・フルウ

○▲□×☆!?

ギアマン

・・・・。

闇人形

!!

闇人形

!!

闇人形

ソロソロイカナキャー

闇人形

ワタシモー!

ギアマン

…くだらないことを

ヴォレロ・フルウ

…っ

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

意地悪しないで…
ムカデだけは本当に
駄目なの…!

ギアマン

…知ってる

ヴォレロ・フルウ

・・・・っ

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

・・・・。

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

ごめんなさい!
くっついて…

君のマント視界を
隠すのに丁度よかった
から…

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

本当にごめん…!
お詫びに、殴って
いいから…

出来るだけ痛く
しないでくれると…
嬉しいんだけど

ギアマン

…もういい
気にするな

ヴォレロ・フルウ

…え、…え?

ギアマン

…そろそろ時間か

ヴォレロ・フルウ

怒ってない…?

絶対怒られると
思ったのに…

ギアマン

ヴォレロ

ヴォレロ・フルウ

ギアマン

手を…

ヴォレロ・フルウ

手?

ギアマン

やはり、お前の手は暖かい
あの時と一緒だ…

こうして触れていると
熱が伝わって、自分も
生きているような気になる

ヴォレロ・フルウ

あの時…?

ギアマン

お前のことを諦めきれない
自分が怖い…そしてまた
同じ過ちを繰り返そうと
している…

ヴォレロ・フルウ

・・・・。

ギアマン

ヴォレロ、今日は
帰れ

ヴォレロ・フルウ

…っどうして?

ギアマン

言うとおりにしろ

ヴォレロ・フルウ

・・・・。

ギアマン

…Adieu

ヴォレロ・フルウ

…!

闇人形

お兄様…

フバタキ・マダラユメ

何が起こるか分かりません
からね、ヴォレロさんを
帰すのはいい案だと僕も
思います

ギアマン

いつから聞いてたんだ
お前は…

フバタキ・マダラユメ

そんなこと言って~
ちょっとは手加減して
くださったのでしょう?

ギアマン

いいや、お前が思ったより
丈夫だっただけだ

もっと力をこめるべき
だったと今は後悔している

フバタキ・マダラユメ

素直じゃないですね
ヴォレロさんの前じゃ
あんなに丸くなって
いたのに

ギアマン

フバタキ・マダラユメ

それにしても、ムカデを
怖がるヴォレロさん
可愛かったですね♪

虫が苦手なように
見えないので意外でした

ギアマン

お前…本当に
いつから聞いてた?

フバタキ・マダラユメ

さあ…?僕は物言わぬ
物のふりが得意ですので
物なだけに

ギアマン

なら、普段から
物言わぬ物のふりを
していろ!不快だ

フバタキ・マダラユメ

そういえば…
ギアマンさん
何も言わずにずっと
ヴォレロさんに抱き
着かれてましたよね
どうしてですか?

ギアマン

黙れ!俺の前であいつの
話は二度とするな!!

カリエス

・・・・。

ぐルがガが…

カリエス

頼みたいことが
あるんだけど

そりゃ内容によるな

カリエス

今日の正午から予定がある

その間、先輩の食事の
面倒をみてほしいのだけど

先輩の?そんなの
ブルースに頼めば…

カリエス

頼めると思うか?

いや、無理だな

カリエス

決まりだね、先輩の食費は
私が出すから安心して

問題なく役目を果たして
くれれば報酬も奮発しよう

今日一日、先輩の舎弟に
なればいいってことだろ?

カリエス

いつだってお前は
先輩の舎弟だろ

・・・・。

カリエス

それじゃあ
頼むよ

カリエス

先輩、あとで迎えが
くるから少しだけ
待ってて

・・・・。

カリエス

それじゃあ
行こうか

承知いたしました

カリエス

闇園
カンパニーへ

END?

 La dernière 12. 開始と決別の朝

facebook twitter
pagetop