契誓(けいせい)神社は契誓駅を降りれば徒歩数分で到着する縁結びの神様を奉る神社だ。
 三が日は混雑している様子がニュースで取り上げていたけれど、ここでも遅い正月休みが幸いしてそこまで混んでいなかった。

来たの今日で良かったね


 大河が人混みが苦手な事を知っているから……そんな言葉が出る。

大神大河(おおかみたいが)

うん、そんなに混んでなくてホッとした


 応じる大河は本当に安心している様子だった。

大神大河(おおかみたいが)

……参拝が終わったらちょっと休憩しようか。
休憩所も近くにあるし

うん、有難う


 気遣ってくれる事が嬉しい。

こういう優しい所、やっぱ好きだなぁ


 そんな事を思いながら進めばすぐに神殿前に到着した。
 作法に乗っ取ってお参りをしながら思う事は並んでお参りをしている大河の事だった。

最初に出会った頃はまさかこんな親密になるなんて思ってもみなかったな……

 彼の魅力に惹かれたのは確かにその通りだったと思う。
 だけど隣に居るのが当たり前のようになるなんて全く考えもしなかった。

これも神様の引き合わせてくれた運命だとすれば……凄く幸せな事だよね


 そう思えば彼への愛しさが込み上げると同時に神様への感謝の言葉が自然に浮かんだ。

神様、大河のような素敵な恋人と引き合わせてくれて……有難うございます。お陰で今私は……とても幸せです。
……だからもっと彼を喜ばせられるように頑張ろうと思います


 心中で決意を告げ、漸く顔を上げれば隣で大河が静かに待っていてくれた。

大神大河(おおかみたいが)

……お参りはもう良いの?


 問い掛けてくる彼に頷く。

うん。ちゃんと神様への感謝と私の決意も伝えられたから……もう大丈夫だよ

大神大河(おおかみたいが)

そっか……じゃあ行こう


 言いながら再び差し出された手を握る。

大神大河(おおかみたいが)

随分長い事お参りしてたね


 歩き出しながら問い掛けてくる彼に頷く。

うん。色々考えてたら……思ったより時間が経っちゃった

大神大河(おおかみたいが)

プロデューサーがそんなに考える事って……やっぱり仕事に関する事?

確かに少しはそうだけど……そればっかりじゃない、かな

大神大河(おおかみたいが)

そういう歯切れの悪い言い方するの、珍しいね

そうかな?

大神大河(おおかみたいが)

うん。プロデューサーは何時も思った事を素直にそのまま言ってる気がするから

……それ私が何も考えてないみたいじゃない

大神大河(おおかみたいが)

君は考えてないって言うか……考えを曲げないでしょ。
一つの考え事に対して真っ直ぐ進んでいるような、そんな感じだと思ってるけど


 その言葉に驚く。

そんな風に思ってくれてるなんて考えてもみなかった


 しかし続く発言にそんな考えは忘れてしまった。。

大神大河(おおかみたいが)

俺は君のそういう所が凄く……好きなんだけど

え!?


 思わず声を上げてしまう。

い、今大河……す、好きって言った!?

 心臓の鼓動が煩くなってくる事を感じながら彼を見れば、照れた様子で視線を逸らしている。

大神大河(おおかみたいが)

…………


 そんな様子を見れば更に頬が熱を持った。

…………

大神大河(おおかみたいが)

……何でそんな反応なわけ

 互いに視線を合わせられないまま……そう言う彼に思った事をそのまま告げる。

だ、だって突然す、好きとか言うからびっくりして……!
普段そんな事言わないでしょ!?


 そう言えば更に心臓の鼓動は激しくなった。
 そんな私の様子に相変わらず大河は目線を合わせずに言う。

大神大河(おおかみたいが)

……お参りしてた時、君の事を考えてたから

 その発言に驚いたせいか、思った事がそのまま口から出た。

……それ、私と同じだ

 その発言に今度は大河が驚いた様子になる。
 驚きのせいか、外れてた目線が合った。

大神大河(おおかみたいが)

え!?
じゃああんな長い事手を合わせながらプロデューサーが考えてた仕事以外の事って……

……うん、大河の事


 言いながら恥ずかしくなってくる。
 だけどしっかり伝えたくて続けた。

神様が大河と引き合わせてくれて良かったなって思って……そしたら感謝したくなったからずっと手を合わせてたの


 心臓の動機は激しくて、頬も熱い。
 きっと今の私の顔は真っ赤なんだと思う。
 でもそれ以上に目の前の彼が赤くなっているのが見えた。

大神大河(おおかみたいが)

……プロデューサーはさ、どんだけ俺を喜ばせば気が済むわけ

大神大河(おおかみたいが)

うっかり人前だって事、忘れそうになった


 言いながら強く繋がれた手が彼の想いを表しているようで、更に頬が熱くなった。

大神大河(おおかみたいが)

……もう何があっても絶対に離さないから。
……良いよね?

 彼にしては珍しい笑顔で……どこか嬉しそうに紡がれた言葉……。
 それに……静かに頷く。

……うん

 その言葉だけで今年の初詣は忘れられない思い出になっていた。

『Fratello』【大神大河新年番外編6/6】HappyNewYear6

facebook twitter
pagetop