前回のあらすじ
 会社クビ
 体調崩して食欲なくした
 夜、誰もいない職場に侵入した
 体調を崩して病院に行った
 軽い気持ちで曲のリクエストを出したら人生相談のコーナーに出た

 その日はバイトの面接が重なっていたため、名駅で過ごすことになった。

 平日の昼間にぶらぶらするのは久しぶりだ。有給をあまりとらないため、土日とは違う平日の昼間の街は新鮮である。駅前にはスーツケースを手にした旅行者がいたり、専門学校の生徒か若者がたくさんぶらぶらと歩いていた。

 明るく前向きな気持ちで午前の面接が終了。絶対に受かったらいいなあ、働きたいなあと強く思ったバイトなのであとのことは神様に祈るしかない。

 アニメイトで時間をつぶしてみようかと一旦店に入ったのはいいが、駅近くの映画館がレディースデーで安く見れる日だったことを思い出してすぐさま移動する。

 レディースデーということでチケット売り場は混んでいた。この映画館は割と高級感があり、他の映画館にはない魅力がある。

ふー、なんとかチケットは取れたか。午後までも暇つぶしに最高の時間が取れてよかった

あの、すみません。高校生料金を使わなくてもよろしいでしょうか

ふぁっ!? 高校生って私が!?

 濃い化粧をしないのかなぜか学生に間違えられることがある。うーむ、そんなに若くみられるのかい?
 学生証がないし、大人であることを伝えて一般の料金でチケットを購入した。

 ちょうどお腹がすいたので、フィッシュアンドボテトとジュースのセットを購入。入場できるまでの間、ポテトと魚の揚げ物をぼりぼりと食べながら待つ。

映画館と言えば、ポップコーンだけど惣菜が好きなんだよね。甘いものだとチュロス。あー、おいしい

 入場の時間になって、指定席に座る。
 見た映画は『ねことじいちゃん』
 監督が世界猫歩きでおなじみの岩合光昭さん。
 映画は猫あるあると島の人々の日常で笑いあり、涙ありのほのぼのとした映画でした。

猫いいよなあ。可愛いなあ。本当、癒しだわ

 映画に癒されたあと、午後の用事までまだ時間があり、微妙にお腹がすいていたのでどうしようかと地下街に入ることにした。

困ったときは寿司だ!

 いやあ、会社を辞めたばかりに何贅沢しているんだと思われるかもしれないが、寿司が恋しかったんだ。寿司を食べるのは正月以来か、普段は寿司なんて食べてない。

 回転寿司はすぐに寿司を食べられるし、少し時間をつぶすにはいいところだ。

寿司、おいしい。ぷりぷりとして歯ごたえある身とシャリの相性、最高

 5皿食べ終えて、ぶらぶらと地下街をうろつく。なんとか時間をつぶして午後の用事の場所に足を運んだ。

 午後は派遣会社の登録という用事があった。事務職としてのスキルを活かす方法はないだろうかということ、そしてバイトが落ちた時の受け口を増やすために参加した。

 心理テストやタイピングのテストを受け、面談をして終了。自分がこれからどうなるのかわからない不安が少しずつ消えていき、新しい世界に向かうワクワクが増えていく。

 明日あるもう一つのバイトの面接のシチュエーションを考えながら、私は帰宅した。
 どんな出会いがあるのだろうと思いながら今日を終えていく。

pagetop