部屋に戻って着替えを済ませた私は仕舞っておいた荷物を出す。

 そこには浅葱をイメージした色と柄の手編みの手袋とマフラーがある。

縫えてない所とか解(ほつ)れている所とか無いよね


 念入りに確認して問題ないのを確かめてからラッピングをした。

……浅葱、どんな反応するかな


 そう考えてわくわくしながらスマホの時計を確認する。
 パーティーが終わった後、彼と待ち合わせる約束になっていたからだ。

 ホテルのロビーで待ち合わせ、ホテル近くを散策する予定だった。

 時計を見れば二十時を過ぎた所だった。

……そろそろ行こう

 荷物を持って立ち上がり、コートを羽織りながらロビーへと向かう。
 歩けば彼から貰って外していないネックレスとペアリングが廊下の明かりを反射して輝き、それが嬉しかった。

 ロビーに到着すればやっぱり浅葱は先に待っていた。
 彼もタキシードは流石に着替え、コートを羽織っていた。
 長身で足の長い彼にはコートが良く似合う。

浅葱!


 彼を呼びながら駆け寄れば優しい微笑が向けられた。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

プロデューサー

ごめん、待った?

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

嫌、私が早く来ただけだから大丈夫だよ


 言いながら彼は手を差し出す。
 その指にはペアリングが着いていた。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

余り遅くなるといけないし、行こうか

うん


 指輪を嬉しく思いながらも彼の手を握り、どちらからともなく指を絡める。
 パーティーの時との手の繋ぎ方の違いが恋人同士の時間という自覚を持たせ、それだけでドキドキした。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

貴女はコートもとても良く似合うね


 私に合わせて歩き出しながらサラリと褒めてくれる彼に照れ笑いを返す。

浅葱もコートが凄く似合うよね

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

貴女に褒められるのは私も嬉しい

 言いながら彼は笑った。

 歩いていけば夜景に彩られた街が遠くに見える。
 満天の星空も相俟って、幻想的な雰囲気を作り出していた。
 イルミネーション飾りがある場所の賑やかな空気とは対照的に、夜の静けさに包まれる。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

……私の送ったネックレスも指輪も付けてくれているんだね


 夜景の良く見える場所でふと足を止めた浅葱が言った。

うん。大事な物だから……常に身に着けてたいんだ


 照れ臭く思いながらそう返す。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

貴女が私の物というのを象徴しているようで、それが嬉しいと思ってしまうよ…………。
貴女が隣に居てくれるだけでも幸せなのに……私も我が儘になったな


 静かな雰囲気のせいか、熱のこもった言葉に頬が熱くなる。
 そんな私達を満天の星空が見守っているようだった。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

貴女を誰にも渡したくない。
こんな強い気持ち、今まで知らなかった


 更に頬が熱くなる。

……うん、離さないで


 そんな言葉が零れ、求めるように彼を見れば熱のこもった視線が絡み合い、そのまま抱き寄せられた。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

こんなに人を愛する事が出来るなんてね……思わなかった。
どうせ決められた人が居るだろうと思って諦めたのに……そんな私がまさか夢中になってしまうなんてね


 脈打つ鼓動が伝わってくるが、それがどちらの物なのかもうわからない。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

姫、私はね……貴女に溺れているんだ。
貴女と逢えない日々はとても空虚だった

……それは私も同じだよ


 たった一週間仕事以外でしっかり逢えないというだけなのに……寂しくて仕方が無かった。
 その感情を紛らわすように彼を思いながら編み物をしていた。
 そんな事を思い出したら今すぐ渡したくなった。

……浅葱、あのね……プレゼントがあるの


 そう言えば抱き寄せていた彼の腕が一度緩み、名残惜しそうに身体が離れる。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

……プレゼント?


 思ってもみなかったというような彼の表情を見て悪戯が成功したような気持ちになった。
 密かに燥いでしまいながらショルダーバックからラッピングした物を二つ取り出す。

メリークリスマス、浅葱。それからまだ少しだけ早いけど……生まれて来てくれてありがとう


 私の言葉に彼は珍しく驚いたように目を見開き、次いで笑顔を浮かべた。
 微笑の多い彼だからその表情も珍しかった。

又知らない一面が見れた


 それが嬉しくて笑顔を返す。
 そんな私に目を細め、それから彼はプレゼントを受け取った。

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

有難う、プロデューサー。
……開けて見ても良い?

うん。逆に空けて欲しいかな。今から使える物だし

天領浅葱(てんりょうあさぎ)

……それは楽しみだな


 そう言って彼は再び笑顔を浮かべ、それから丁寧に包装を解いた。

『Fratello』【クリスマス・天領浅葱誕生日番外編12/15】パートナーとして12

facebook twitter
pagetop