大神色羽(おおかみしきは)

最近寒くなってきたな。もう冬も近いか

 少しずつ澄んで来た朝の空気を感じながら経営事務所『sorelle(ソレッラ)プロダクション』に向かって走るジャージの色羽は思った。

 色羽は別に通勤を走って行っている訳では無い。
 特に財閥代表の立場上、移動も多い彼は車通勤が普通だ。
 唯忙しい中で走り込みをするのであれば最初の仕事先に車で行って、駐車場に停めてから約束の時間までの間にやるのが彼からすると効率的だというだけである。

 本日はプロダクションが最初の仕事。だから色羽は事務所駐車場に車を停め、こうして走り込みをしていた。

大神色羽(おおかみしきは)

しっかしこの辺の道は走り込みには持って来いだよな~


 『sorelleプロダクション』は『fratelloプロダクション』と同時期に出来たプロダクションでまだ規模が大きく無いので敢えて田舎に建てている。

 とはいえ規模が大きくなっても移動するような事はほぼ無いという気が色羽はしているのだが。
 彼は経営者ではあっても勝手に事務所を移動出来るような立ち位置ではないのである。

大神色羽(おおかみしきは)

経営してるのは俺だけど立ち上げは兄貴と一緒だったしなぁ。まぁ楽しいから良いんだけどさ

 彩羽は事務所を立ち上げる時都会側と田舎側に造りたいといっていた。
 都会と田舎では集まってくる人々も変わるし二つあれば好敵手の関係にもなるからそれが狙いなんだと聞いた。だから移動は無いだろうと思っている。

大神色羽(おおかみしきは)

とはいえ好敵手になるにはまだまだ『sorelleプロダクション(ウチ)』が小さ過ぎる。
今現在は連携してどちらにも仕事が入ってくるようにしてるのが精一杯なんだよな。場所もあるだろうけどこっちは地方局番の依頼位しか入んねぇし


 それでも事務所が経営出来ているのは経営者である色羽の資金源が膨大であり、彩羽の援助もあるからだ。

大神色羽(おおかみしきは)

まぁこういった緩いのも俺好みだけど

 他の仕事はどうしても上役だと様々な縛りがある。 それの少ない事務所経営は楽ではあった。
 それでもしっかりやる辺りは彼の優れている部分な訳だが。

大神色羽(おおかみしきは)

つっても自分のペースでやってるから他の仕事も大して大変じゃ無いか


 色羽は基本マイペースだがそれさえ気にしなければ仕事の質は誰よりも高い。
 仕事を任せる側もそれを良く知った上で任せているのでそれが許されるのである。

 そういう考え方だから経営が上手く行くと彼を知る人物は皆思っているが、本人は無自覚である。

 そんなように考え事をしながら走っているとそんな色羽に声を掛けた人物が居た。

???

あれ、色羽ちゃん。今日も精が出るねぇ

大神色羽(おおかみしきは)

おお、ニ丁目八百屋のクラばーちゃん。おはよう!
ばーちゃんは散歩?


 色羽は一端走るのを止めて挨拶をする。
 走り込みのお陰で周辺のご近所さんとは何時しか関係が出来上がっていた。

クラ

ああ、そうだよ。あたしゃ死ぬまで店をやってたいからねぇ……健康づくりは大切なのさ

大神色羽(おおかみしきは)

確かにばーちゃんの八百屋は評判も良いし、無くなったら俺も困るしなー。
これからも元気でやってくれよ

クラ

ああ、勿論だよ。
ところで色羽ちゃん、あんた何時結婚するんだい?

大神色羽(おおかみしきは)

結婚?
うーん暫くは考えらんねぇなぁ

クラ

まぁまだ若いもんねぇ……でもそろそろ身も固めたいんじゃないかい?
あんたの子供、死ぬ前に見たいよ

大神色羽(おおかみしきは)

はは……じゃあばーちゃんこれからも長生きしねーとな!

クラ

良い子とか居ないのかい?あんたモテそうじゃないか

大神色羽(おおかみしきは)

うーん?そっかな~?

クラ

町内会の老人会でもファンが多いし、あんたがこうやって来るのを楽しみにしている女衆は一杯居るんだよ?

大神色羽(おおかみしきは)

そうなのかー。それは嬉しいな。
こうやってばーちゃんにもモテてたりしてな

クラ

まぁあたしも後五十年位若ければ思ったかもねぇ……

大神色羽(おおかみしきは)

ははっばーちゃん面白い事言うなー。
じゃあ俺そろそろ行くな

クラ

ああ、呼び止めちまって悪かったねー。
頑張って

大神色羽(おおかみしきは)

おう!ばーちゃんも元気でな~


 クラに手を振って走り込みを再開する。

大神色羽(おおかみしきは)

結婚、ねぇ……正直考えた事ねぇなぁ


 確かに同世代で所帯を持っているのは大多数になってきている。
 しかし色羽は特に焦るような事も無かった。

大神色羽(おおかみしきは)

そもそも俺、そんな本気で恋愛した事も無いしなー


 色羽は昔からそういった事には余り興味が無かった。
 家族以外の他人と深く関わるような事も少なく遊んでいられるような環境では無かったからだった。

大神色羽(おおかみしきは)

恋愛、かぁ……


 そんなように考えを巡らせながら角を曲がった時、進行方向から犬が走ってくるのが見えた。

???

わんわんっ


 色羽は再び足を止め、走ってくる犬を捕まえた。

大神色羽(おおかみしきは)

桃太郎(ももたろう)……御前また逃げ出してきたのか

桃太郎

ワフン


 走って来て頷いたように鳴いた犬は付近の家に住む老夫婦の飼い犬だ。
 脱走常習犯なので首輪に家の連絡先と住所も乗っている。
 色羽が走り込み中に捕まえる事も多く、飼い主とも何時しか顔見知りになっていた。

大神色羽(おおかみしきは)

ったく仕方ねぇなぁ……


 色羽は桃太郎を抱え、住所の家に向かった。

『Fratello』【大神色羽誕生日番外編1/5】始まる予感1

facebook twitter
pagetop