La dernière 1.始まりは凶

ギアマン

…zZZ

ペタル

Salutー!

パルテ

Bonjour~

ギアマン

っ!?

ペタル

おきてー!おきて
兄様~っ!

ギアマン

・・・・?

パルテ

朝だよー朝だよー

ギアマン

…なんだ、お前たち
今日は支度が早いな

ペタル

何言ってるの兄様!
今日は私たちが早いんじゃ
なくて兄様が遅いんだよ

パルテ

心配だから起こしに
来たんだよね

ギアマン

…今、何時だ…?

グレンヌ

お兄様…
まだ眠ってらしたの?

もう7時半を
まわっていてよ

ギアマン

・・・・。

グレンヌ

・・・・。

ギアマン

ん??…寝坊?

グレンヌ

Oui…

ギアマン

殺される…!!

ペタル

身支度手伝って
あげるー!

ギアマン

Halte!!
On ne bouge
plus!
(止まれ!!
そこを動くな
ペタル!)

グレンヌ

二人とも遊んでる
場合ではなくてよ
遅刻してしまうわ

なにより、闇園様が
お待ちよ

パルテ

おねーちゃん!
邪魔しちゃだめだよ!
今日遅刻するかどうかで
今夜、兄様が拷問されるか
恥辱されるか決まるような
ものなんだから

ヤミゾノ・ノアール

遅いわね…一体
何をやってるのよ
あの木偶の坊

フバタキ・マダラユメ

トイレに紙が
無いのを叫べずに
困っているのでは?

ヤミゾノ・ノアール

はあ?

フバタキ・マダラユメ

無きにしも非ずです

グレンヌ

闇園様、大変お待たせ
いたしました

ヤミゾノ・ノアール

遅い!
トイレの紙は
ちゃんと補充して
あるはずでしょ?

ギアマン

なんの話だ?

ペタル

きゃっ♪兄様
朝からどでかいの
出しちゃった?

ギアマン

なんの話だ!

フバタキ・マダラユメ

トイレの紙が
無くて困ってたん
ですよね?ねっ?
ギアマンさん!

ギアマン

だから…

フバタキ・マダラユメ

・・・・。

ギアマン

なんでお前が
屋敷にいる?!

フバタキ・マダラユメ

なんでって、ここに
住んでるからですよ

ギアマン

なっ…??!
いつから…!

闇園!!

ヤミゾノ・ノアール

うるさいわね
一昨日くらいからよ

ギアマン

…聞いてない

ヤミゾノ・ノアール

今言ったんだから
当然でしょ

ギアマン

・・・・。

パルテ

兄様、しっかり

ヤミゾノ・ノアール

この前言ったと思うけど
フバタキは“物”よ

私、自分の物は
そばに置いておきたいの

特にフバタキなんて
常に所持していないと
意味がないから、自分の
部屋に置くことにしたわ

ギアマン

君の部屋に
置いてるのか?

ヤミゾノ・ノアール

Oui

ギアマン

そんな
なんで…!

フバタキと
寝たのか…?

ヤミゾノ・ノアール

あんた人の話
聞いてた!?
こいつはあくまでも
“物”で、すぐ
使えるよう、そばに
置いてるだけって
言ってるでしょ!
なに変な勘違い
してるのよ!

フバタキ・マダラユメ

僕もベッドで
寝たいのですが
いつも引き出しの中です

ギアマン

・・・・。

ヤミゾノ・ノアール

分かったでしょ!
無駄口叩いてないで
さっさと仕事に出るわよ!

ギアマン

けど、君の部屋に
男がいるのは事実だ

ヤミゾノ・ノアール

男って…
フバタキが?

ギアマン

俺だって、最近
拷問以外で部屋に
入れないのに…

フバタキは、毎晩
居座れるうえに
君の寝息も
聞けるってことか

ヤミゾノ・ノアール

ただのハタキでしょ?
置物と一緒よ!

ギアマン

でも、君は“道具”が好きだ
俺を虐げる時も、自分で
楽しむ時もよく使ってた

ヤミゾノ・ノアール

ばっ…!私がハタキを
そんなふうに使うと
思ってるの!?

ギアマン

なんでフバタキは
よくて、俺は
だめなんだ?

昔は、俺がいないと
眠れないとか言って
よく一緒に寝て…

グレンヌ

…おにいさま
もう、そのあたりで…

ヤミゾノ・ノアール

・・・・っ

ギアマン

ヤミゾノ・ノアール

死ね!!
出来損ない!!

ギアマン

目覚めの悪い朝だ…

グレンヌ

お兄様が饒舌になると
あまり良いことは無いわね

ギアマン

・・・・。

グレンヌ

ふふ、最近闇園様が
フバタキさんばかり
構うから、寂しいのね
お兄様?

ギアマン

別に…今に
始まったことじゃない

グレンヌ

…♪

ギアマン

グレンヌ

元気の出るおまじない…
してあげましょうか?

ギアマン

まじない?
何する気だ

グレンヌ

かつてあなたが
私を悪い女にした
おまじない…♪

ヤミゾノ・ノアール

グレンヌ?

グレンヌ

申し訳ございません
闇園様、お兄様を
元気づけるためにした
ほんの戯れでございます

ヤミゾノ・ノアール

変な冗談やめてよね!

あんたのそれは
あんまり洒落に
なってないから

グレンヌ

悲しいことに
冗談が下手だと
よく言われます…

ヤミゾノ・ノアール

別に…冗談のスキルは
求めて無いから
グレンヌはそのままで
いいわよ?

グレンヌ

承知いたしました

ギアマン

なんか、グレンヌに
甘すぎないか…?

ヤミゾノ・ノアール

最高傑作に甘くて何が
悪いの?

駄作は黙ってなさい

ギアマン

駄作…

ヴォレロ・フルウ

今日の配達物多いな~
それにこの160サイズの荷物
何が入ってるの??

闇人形

あ~、それはいいの
悪夢街行きの
千匹虫袋だから

ヴォレロ・フルウ

うえ…千匹虫袋…

ペタル

Bonjourー♪
ヴォレロ!

パルテ

Bonjour

ヴォレロ・フルウ

あ、おはよう!
ペタル、パルテ

フバタキ・マダラユメ

おはようございます
おはようございます~!

ヴォレロ・フルウ

おーおー!元気だね
フバタキさん

ヤミゾノ・ノアール

うろちょろ
するな
フバタキ!!

ヴォレロ・フルウ

わー!
ごめんなさい!

フバタキ・マダラユメ

なんでヴォレロさんが
謝るんです?

ヴォレロ・フルウ

わかんない
脊髄反射?

ヤミゾノ・ノアール

Bonjour,loup garou
(おはよう、オオカミ女)

仕事ははかどってる?
怠けたら承知しないわよ

ヴォレロ・フルウ

Oui…!

おはようございます
闇園社長

ヤミゾノ・ノアール

行くわよ、フバタキ

フバタキ・マダラユメ

はーい

ヴォレロ・フルウ

こわい

グレンヌ

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

あ…グレンヌさん
おはようございます!

グレンヌ

Bonjour…

あら

ヴォレロ・フルウ

はい?

グレンヌ

…汗かいてる

ヴォレロ・フルウ

社長が怖すぎて
冷や汗かいた
なんて言えない

グレンヌ

じっとして…顔だけでも
拭っておいたほうがいいわ

ヴォレロ・フルウ

ち、ちがうんです
これはその…!

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

ギアマン

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

…あの、おはよう…

ございます…

ギアマン

・・・・。

グレンヌ

・・・・。

ヴォレロ・フルウ

私ってやっぱり
彼に嫌われてます?

グレンヌ

お兄様は物静かな方なの
気にする必要はないわ

ヴォレロ・フルウ

・・・・。

ヤミゾノ・ノアール

さてと…

フバタキ・マダラユメ

・・・・。

ギアマン

・・・・。

ヤミゾノ・ノアール

何から決めよう
かしらねー…

ギアマン

待ってくれ

ヤミゾノ・ノアール

なに?

ギアマン

・・・・。

フバタキ・マダラユメ

ギアマン

なんで、こいつと
俺しかいないんだ?

ヤミゾノ・ノアール

仕事があるからよ
決まってるでしょ?

あの3体は、稼ぎ頭
なんだから

ギアマン

仕事って…

ヤミゾノ・ノアール

何か文句があるの?
あんた達この社内で
一番、暇でしょ…?

ギアマン

俺だって仕事が無い
わけじゃ…

おい、フバタキ
お前も何か言え

フバタキ・マダラユメ

雑用も立派なお仕事です

雑用係、お互い
頑張りましょうね
ギアマンさん!

けど僕は、いちお
社長秘書でもあるので
あなたより地位は上ですよ

ギアマン

…お前が嫌いだから
殴っていいか…?

フバタキ・マダラユメ

キャンディーとか
出てきませんよ
それでも僕を
殴りますか?

ヤミゾノ・ノアール

やめなさいサルテ!

ギアマン

なんでこんな奴を
庇う!

ヤミゾノ・ノアール

壊れて使えなく
なったら
困るからよ!!

フバタキ・マダラユメ

お二人とも…

僕の為に争うのは
やめてください!

ヤミゾノ・ノアール

ブチッ

フバタキ・マダラユメ

いたーい!!

ヤミゾノ・ノアール

うるさい!

ギアマン

え?

フバタキ・マダラユメ

あれ?今さっき
僕への暴力は一切
禁止という、鉄壁の
守りを手に入れたと
思っていたのですが

勘違いですかね?

ヤミゾノ・ノアール

ああ、ごめんごめん
あんまりむかつく
顔するものだから
つい、殴っちゃった

ギアマン

壊れて使えなくなると
困るんじゃないのか…?

ヤミゾノ・ノアール

歯止めのきく女だったら
私はきっと、あんたを
殺してないわね?

ギアマン

…c'est sur
(ああ…そうだな)

フバタキ・マダラユメ

殴られたところ
痛いんですけどー?

ヤミゾノ・ノアール

喋るな

フバタキ・マダラユメ

はい

ヤミゾノ・ノアール

いいことサルテ…
あんたは、絶対
フバタキを殴ったり
するんじゃないわよ

むしろ、フバタキが
壊れないように
守るのが、あんたの
仕事の一つになるわ

ギアマン

…Oui

ヤミゾノ・ノアール

嫌な顔しない

ギアマン

なんで俺がフバタキなんか
守らなきゃいけないんだ…

フバタキ・マダラユメ

よろしく
お願いしますね
ギアマンさん

ギアマン

・・・・。

フバタキ・マダラユメ

期待してます
盾…ギアマンさん!

ギアマン

闇園!!

ヤミゾノ・ノアール

いいじゃないそれくらい
許してあげなさいよ

それか、これを機に
盾マンに改名したら?

ギアマン

盾マン!?

フバタキ・マダラユメ

壁マンでも可です

ギアマン

黙れ…っ!!

ヤミゾノ・ノアール

仲良くしろとは
言わないけど
統率がとれてないと
カンパニー奪還の作戦は
失敗するわよ

分かってるんでしょうね?

ギアマン

…分かってはいるが…

フバタキ・マダラユメ

大丈夫!
ティーキャディーを
ひっくり返しただけです
僕に怪我はありません!

ギアマン

・・・・。

ヤミゾノ・ノアール

・・・・。

フバタキ・マダラユメ

・・・・。

大丈夫!
ティーキャディーを…

ヤミゾノ・ノアール

言いたいことは
分かるわよ
こいつが、作戦中
かき乱さないか
心配なんでしょう?

ギアマン

Oui

ヤミゾノ・ノアール

それなら心配する必要は
無いわ

作戦中フバタキには
常時、本来の姿でいて
もらうことになると
思うから、変なドジは
踏まないはずよ

ギアマン

それなら大丈夫だな…
過信は出来ないが

ヤミゾノ・ノアール

まあ…こいつが
へまをしないという
絶対的な保証は無いわね

フバタキ・マダラユメ

二人とも、酷いです
僕は褒めて伸びるタイプ
なんで、褒めてくれないと
失敗しちゃいますよ?

ヤミゾノ・ノアール

ふばたき~
そういうのは
褒められること
してから言うのよ

フバタキ・マダラユメ

僕は、毎日一生懸命ですよ
それだけじゃダメ
なんですか?

ギアマン

ここで誉れを望むな
俺は褒められたことが
一度もない

フバタキ・マダラユメ

そんな…!

ここブラック
企業じゃない
ですかー!!

ヤミゾノ・ノアール

どちらかと
言えば
ノアール企業
だけど♪

フバタキ・マダラユメ

でも、ここの社長が
可愛いので辞めません!

ギアマン

お前!在職理由が
不純だぞ!!

ヤミゾノ・ノアール

うるさいわねえ
あんた達本当は
仲いいんじゃないの?

ギアマン

どこが?
どこがだ…
どこがだ!?

ヤミゾノ・ノアール

サルテ?
言っておくけど
同性愛も禁止よ

まあ、あんた
女好きだから
そこは問題
無いわね

ギアマン

酷い誤解が
交差しすぎて
もう収拾が
つかない…!

フバタキ・マダラユメ

まあまあ

ギアマン

フバタキ…!お前も
自分の名誉のために
少しは否定しておけ…!

フバタキ・マダラユメ

そういうのは
よく分からないので
否定しません

ギアマン

なんでだ!!

フバタキ・マダラユメ

いいですか、ギアマンさん
同性愛について僕は
経験不足なので、可能性の
話しか出来ないのです

例えば、僕は
ギアマンさんのことが
嫌いじゃありません
どちらかと聞かれれば
好きに当てはまります

そしてそれは、今この
時点で、友好的な
意味であったとしても
この先、その好意が
愛に変わる可能性もあり
もしかしたらそういう…

ギアマン

こいつ
その気も
無い癖に
変な可能性
広げ始めた

ヤミゾノ・ノアール

やめてよ

フバタキ・マダラユメ

はーい

ギアマン

もう疲れた…
休憩していいか?

ヤミゾノ・ノアール

なにただの会議に
疲弊してるのよ
だらしないわね

大体、まだ何も
決まってないじゃない

ギアマン

朝っぱらから、俺だけ
精神を削られ続けている
気がしてならない…

フバタキ・マダラユメ

それはそれは…

どうぞ
ハーブティーを
淹れましたので

あっ

ギアマン

ぶっ!?
あっつい!!

ヤミゾノ・ノアール

うふふっ!
泣きっ面に
ハーブティー

ギアマン

面白くない!

フバタキ・マダラユメ

すみません!大丈夫ですか
ギアマンさん、火傷は??

ギアマン

茶なんて入れなくて
いいから、座ってろ
クソハタキ!!

フバタキ・マダラユメ

いけません!
そんな汚い
言葉づかい
訴えますよ!

ヤミゾノ・ノアール

自分がやられると
腹立つけど、他人が
フバタキのドジに
巻き込まれるのを
見るのは楽しいわね

ギアマン

この会議が長引けば
長引くほど苦しむ未来が
見えた…

これは新しい拷問か…?

フバタキ・マダラユメ

ギアマンさん…
頭大丈夫ですか?

ヤミゾノ・ノアール

拷問され続けると
苦痛に慣れようとして
事前に構える癖がでるのよ

フバタキ・マダラユメ

普通に気の毒ですね…

ギアマン

お前に同情されたくない

フバタキ・マダラユメ

それでは、話を
カンパニー奪還に
戻し、さくさく
作戦を決めて
残りの時間は3人で
さくさくクッキーを
食べながらお茶を
するというのは
どうでしょう?

ギアマン

・・・・。

ヤミゾノ・ノアール

・・・・。

ギアマン

いや、なんの提案だ!?

フバタキ・マダラユメ

これって、とてもいい
案だと思うんですけど
いかがでしょう社長?

ヤミゾノ・ノアール

だめ

フバタキ・マダラユメ

ですよね

ギアマン

黙ってろ

フバタキ・マダラユメ

はい

ヤミゾノ・ノアール

それで、作戦実行
場所のことだけど…

フバタキ・マダラユメ

あのー

ヤミゾノ・ノアール

…チッ

なに?

フバタキ・マダラユメ

作戦を立てる前に
聞いておきたくて

質問しても構いませんか?

ヤミゾノ・ノアール

だから、なによ?

フバタキ・マダラユメ

カンパニーを奪還すると
おっしゃいますが

そもそも、どうして
カンパニーを奪われる
なんて事態になって
しまったのか、その
経緯を教えて
もらえませんか?

ギアマン

・・・・。

ヤミゾノ・ノアール

…そんなの大体
分かるでしょ…

あんた、あいつと
知り合いのくせに
聞かされて無いの?

フバタキ・マダラユメ

お知り合いと言っても
僕の兄さんが会長様と
ご縁があるだけです

僕が知っているのは
あの方の顔と人柄くらい
ですかね

ヤミゾノ・ノアール

はあ~?
なにそれ

フバタキ・マダラユメ

あの方は、僕に就職先を
紹介してくれた恩人でも
ありますし、個人的には
優しい方だと思って
いるのですが

ヤミゾノ・ノアール

…分かってないわね

ギアマン

あれは…この世の
秤にかけられない
…化け物だ

フバタキ・マダラユメ

一体…何が
あったんですか?

ヤミゾノ・ノアール

思い出したくもないけど

あんたが知らないなら
知っておいたほうが
いいかもしれないわね

フバタキ・マダラユメ

・・・・?

END?

 La dernière 1. 始まりは凶

facebook twitter
pagetop