翌日から俺たちはリンゴ園に通っている。

 ぱりっと小気味いい音を立てて、真っ赤に色づいたリンゴをもぎ取っては手籠にいれていく。

 まず木の下枝から始め、だんだんと木の上の方を、梯子を使って収穫する。

結人

善ちゃん、楽しいね

善一朗

そうかい

 北国育ちのためか俺の返答は常に短く、要点だけをいうところがあった。

そのせいで仕事では苦労をしたし、恋愛でもうまくいかないことが多かった。

 でも、直すつもりはなかった。これが俺だから。

 そんな俺を、結人は好きでいてくれる。口げんかもするが、仲直りはいつも俺の手料理で、内心それが嬉しかったりする。

休憩だよー


 母のよく通る声がした。

善一朗

おーう

 農家はたいてい、午前九時と午後三時には作業休憩をとる。

 敷物を広げて、あるいはテーブルを設置して。それぞれの園地の『お茶会』が開かれている。

 俺たち三人がコーヒーを飲んでいると、父が遅れて運搬車にリンゴの入った手籠を積んで戻ってきた。
 年季の入った運搬車は、オイルの臭いを漂わせてぎこちなく停車した。

背景写真をお借りしました。
https://goo.gl/oCHrPq

pagetop