父は脳梗塞だったが幸いにも症状は軽かったため、農作業をするのも支障はないということだった。

だが。

『収穫が間に合わないから手伝ってほしい』
 とのメールが届いたのが一週間前。

 身近に親戚はいるが、経験が浅く高齢でもあるため、作業がはかどらないのだ。

 ほぼ毎日、母から電話がきた。

 当然、結人が異変に気づいた。

結人

青森、帰んないの?

善一朗

俺が帰るって言ったら、お前、ついてくるだろ

結人

うん、ついていくね。だめ?

 だめに決まってんじゃん。

 会社の休みと有給休暇を使って、新幹線の切符を二人分買い、エメラルドグリーンの車体に乗り込んだのが今日の昼前。

 車内で駅弁を食べ、伊勢神宮と出雲大社が同じ場所にあると思いこんでいた結人に、必死に違いを教えているといつのまにか眠っていた。

 夢を見た。

pagetop