利根川都(とねがわ みやこ)はとぼとぼ自宅に帰っていた。
 年齢は今年で60歳なる。旦那は58のときに病気で死んでしまった。子供たちは大きくなり、マンションで孫たちと暮らしていた。
 都は1人暮らしだった。
 大手スーパーで買い物をすませ、車の少ない道を歩いている。

利根川都

あっ、お味噌汁を買うのを忘れていたわね。まあいいわ。近くのコンビニでレトルトを購入しましょう。

 最近ボケてきたような気がする。子供たちの世話になるのは申し訳ないので、そろそろ施設に入ることを考える。年を取ると、お金を使うことがないからか、貯金はたまっていた。

ニャー

 目の前の道で猫がお座りをしていた。変わった猫だ。野良猫にしてはきれいな毛並みをしている。

利根川都

まあかわいい。猫ちゃん猫ちゃん。こっちにおいで。

 一目で気に入ってしまった。その場に座り手で誘ってみる。猫は警戒してか、近づいてこない。

利根川都

あっ! そうだ! 煮干しがあったわ。ちょっと待っててね。

 買い物かごをさぐってみる。
 猫は一声鳴くと、車道へ飛び出していった。

利根川都

あらあら。危ないわよ。こっちにいらっしゃい。

 買い物袋を置くと、猫を捕まえようと車道に出て行く。

ニャー

 奇妙な感覚にとらわれた。
 猫が、笑った気がしたのだ。
 意識が現実に戻ったのか、耳にサイレンが鳴り響いた。

利根川都

えっ?

 トラックがやってきていた。運転手が何か叫んでいる。耳が遠くなってしまったのか、轟音が聞こえたと思ったら真っ暗になった。鋭い痛みが一瞬したけど、すぐに消えてしまった。

 目を開けると世界は真っ白だった。
 しばらくきょとんと空を見上げる。
 じょじょに寒気と冷たさで意識が覚醒し、あわてて起き上がった。
 地面は雪でおおわれていた。おかしい。季節は夏だったはずだ。
 朝起きたら蚊にかまれていた。赤く腫れているはずだ。腕をまくってみる。

ミヤコ

あれ?

 肌が雪のように白く若々しい。筋肉が細くなり、血管が見え、シワシワだったはずなのに。一瞬誰の腕がわからず、つねってみた。
 痛い。間違いなく自分の腕だ。
 手のひらで顔にふれてみた。でこぼこの肌だったのになめらかでスベスベしている。髪の毛もはえてこなくなって短くしていたはずなのに長い。色まで違う。

ミヤコ

あれ? あれ? どうなってるのかしら?

訳がわからない。

リーズン

おっほっほっほっほぉ~。久しぶりね、ミヤコ。

 派手な女性があらわれて、高笑いしている。

ミヤコ

あっ、えっと……こんにちわ。お寒いですね。

 ニコリと笑ってあいさつ。誰かは知らないが。

リーズン

あっ、これはご丁寧に。こんにちわ。最近寒くなりましたわね……って違うわ! 私よ私! 雪の女王リーズンよ!

ミヤコ

レーズン? ああっ、ドライフルーツの。

リーズン

そうそう。ぶどうの。甘くておいしいですわね。って違います! リーズンよ! リーズン! 昔戦ったじゃない!

 ノリツッコみしてくれるので、意外といい人だった。

ミヤコ

昔戦った……ですか? ごめんなさい。最近ボケてきたせいか、記憶がなくって。あれ? 声がすきとおってる?

リーズン

しょうがないですわね。思い出させてあげますわ。それっ!

 リーズンが腕を上げると、雪から姿見が出てきた。鏡には知らない女の子が写ってる。きれいな子だ。

ミヤコ

あらかわいい。お子様ですか?

リーズン

残念ながら、私は独身ですわ。あなたよ、あなた。鏡に映ってるのは、あ・な・た。

ミヤコ

はあ……。私、なんですか?

リーズン

反応鈍いわね。異世界で私と戦ったじゃない。魔法剣士ミヤコ。

ミヤコ

異世界……あっ!

 思い出した。
 16のときだ。学校で授業を受けていたら、突然異世界に飛ばされた。そのあとなんやかんやあって、魔法剣士となり、異世界を救った。……ような気がする。
 あれから40年以上たっているのだから、おぼえているわけがない。

ミヤコ

ああっ、思い出しました。異世界で魔法剣士やってましたね。お恥ずかしい。あのときはお世話になりました。

リーズン

…………

ミヤコ

どうかなさいました?

リーズン

あなた。本当に魔法剣士ミヤコなの? 性格がぜんぜん違いますわ。当時は気性が荒くて、えらそうで、私の胸ぐらつかんで往復ビンタしたのよ。

ミヤコ

そっそんなことしてましたっけ? ごめんなさい。そういえばいっぱいバカなことをやってましたね。あんまり思い出せない……とにかくごめんなさい。

 リーズンにビンタした記憶がよみがえってきた。
 彼女は世界を雪の世界に変えて、雪だるまで序列を決めると宣言した、ちょっと頭の弱い人なのだ。
 えらそうだと言われたが、そっちのほうがもっとえらそうで、なまいきで、人の言うこと聞かなかったから手が出てしまった。
 ここは笑ってごまかそう。

リーズン

う~ん。おかしいですわ。私の知ってるミヤコはこんなに落ち着いてなかったですわ。熊を一撃で殺すような女だったですわ。

 ミヤコ本人かどうか疑い始めたのか、リーズンがジロジロ見回してくる。
 熊を一撃は言いすぎだと思った。かよわい女の子だったはずだ。たぶん。

ミヤコ

あのぉ、申し訳ないと思うのだけど。そろそろ自宅に帰してくれないかしら? 夏休みだから、明日孫たちがやってくるんです。お料理の準備をしないと。

リーズン

……孫? あなた、結婚したの?

ミヤコ

ええ。息子1人、娘1人授かりました。

リーズン

うっうそでしょ! あなた結婚しないって言ってましたわよ! 永遠の美しさをたもって、男たちをたぶらかして、財と富を手に入れてやるって! どうせ熟年離婚するだろうから、もらえるものは全部もらってやるって! 子供は金かかるし扱いがうっとうしいからいらないって!

ミヤコ

いっ言ってましたっけ? そんなこと?

リーズン

新世界の美魔女になるって夢はどうしましたの? いったい誰なのあなた? ミヤコは? ミヤコをどこにやったの!

 リーズンに肩を揺すられながら思った。

ミヤコ

若い頃の私ってバカだったんだ……。

 過去の自分はかなりイタイ人でした。

1-1 異世界に再び転生す

facebook twitter
pagetop