ニオミヤ

あっ……ちょっと苦しそう…

ニオミヤ

大丈夫?

グレイル

けほっ……殺す気か…。

グレイル

あー、いや、前言撤回

グレイル

これは、効く

羽根に浸透する…。

ニオミヤ

羽根?

グレイル

羽根

ニオミヤ

羽根

グレイル

おかしいこと言ったか?

ニオミヤ

自称人間だったのに

グレイル

まあ人間には憧れてるけど
昔の俺は痛々しい奴だったのか?

ニオミヤ

いつ、妖精だって自覚したの?

グレイル

は?

いつって、俺は初めから妖精だけど

ニオミヤ

妖精なの?

グレイル

なんだその疑いの目は

ニオミヤ

羽根……

グレイル

これでいいか?

ニオミヤ

本当にグレイルくんなの?

グレイル

存在さえも否定され始めたんだが

ニオミヤ

う、ううん……

ニオミヤ

こっちが、本当のグレイルくん……?

グレイル

何言ってんだこいつ

ニオミヤ

うるさいわね

ニオミヤ

自称人間の妖精が
記憶喪失になって

いきなり
自称妖精の妖精に
なられても困るのよ

ニオミヤ

前より遠慮ない性格しやがって

グレイル

聞こえてる聞こえてる

グレイル

でも、俺は鑑の妖精だ


物事を理想に近付ける、模範に近付ける
または修復・修繕をする

グレイル

――そういう、鑑の妖精。

ニオミヤ

もうね、違和感しかない♪

ニオミヤ

私だけが、普通の人間じゃない

グレイル

……俺は、本当に
人間自称してたんだな

ニオミヤ

そう。自称人間

ニオミヤ

それでいて、それにちょっと救われていたから、なんだか、なぁ……?

グレイル

なんか、ごめん

ニオミヤ

私こそ、ちょっと我儘言ったわね

ニオミヤ

……うん

ニオミヤ

私は、吸血鬼だろうと、妖精だろうと、
信じるし、大好きになりたいから大丈夫

ニオミヤ

やっぱり怖いことには怖いな

でも、
約束したんだから余裕なの

グレイル

!!

グレイル

良く分からないけど、
その考え、死ぬほど嬉しい

ニオミヤ

……

ニオミヤ

そっか、それは嬉しいな

ニオミヤ

貴方と、約束したんだけどな

ニオミヤ

繰り返しになるけど。

記憶喪失なのに
よく自分が妖精ってわかったわね?

グレイル

記憶喪失でも、
自分が何者かとか、
言葉ぐらいは覚えている

グレイル

ニオミヤの顔と、
ヴィクターJr.であろう人の姿は覚えてた

ニオミヤ

なにそれ、うれしい

ニオミヤ

まあ、あの綺麗な堕天使も
勿論覚えてたのよね?

グレイル

堕天使?

グレイル

あ、
あの記憶を返すとか言ってた黒髪美人?

ニオミヤ

え、なんで忘れてるの…?

グレイル

また可笑しいこと言ったのか?

ニオミヤ

うん。グレイルくん。

覚えている記憶が、
可笑しい、と、思うの。

グレイル

可笑しい…?

ニオミヤ

だって、
ずっと一緒にいた人を忘れて、

ほとんどあったばかりの人を
覚えているだなんて――

グレイル

黒髪美人と、
ずっと一緒にいたのか?

ニオミヤ

あっ、
金髪美少女がよかったから、
記憶から飛んじゃったのかしら♪

グレイル

いや、好きだからこそ、
忘れるってことも…

グレイル

俺、黒髪美人って見た目好きだし

ニオミヤ

なぁに?

グレイル

金髪碧眼美少女ガ
好キデス

ニオミヤ

よろしい

グレイル

お前、本当にいい性格してるな…?

8歩目…忘れた約束を私だけが知っている

facebook twitter
pagetop