ルーチェ

…………

ルーチェ

…………

ルーチェ

…………

メラン

……ルーチェさんって、とても表情豊かですね

ルーチェ

ハッ!?
そ、そうですか!?

メラン

……将来の士官としてはもう少し落ち着いて欲しいところではありますが……

ルーチェ

す、すみません

メラン

…………。
貴女は、どこまで似てるんですか

ルーチェ

…………

メラン

……すみません。
忘れてください

ルーチェ

……メラン団長も、ソレイユさんという方をご存知なのでしょうか?

メラン

……どこでその名前を?

ルーチェ

あ……。
レウコン団長に他言しないようにと──

メラン

理解した

ルーチェ

ああ!
私またやらかしてしまいました!

メラン

機密性の高い案件を任せるには不安大……と

ルーチェ

せ、正当な評価ですね……

メラン

今のはオレも悪かったので、今回は目を瞑りますよ

メラン

……どこまで聞いてるんですか?

ルーチェ

昔、私と似ている方がいたと……。
あとはその方のお名前だけです

メラン

そうですか

ルーチェ

“昔”と仰っていましたし、過去形でしたので……ソレイユさんは鬼籍に入られている方なのですよね?

メラン

……そうだね

ルーチェ

レウコン団長にとって、とても大切な方だったのだと思います。
私の顔を見て思わず退室してしまうくらい……強い想いを抱いていたのだと……

メラン

だったらどうなんですか?
貴女はどうしたいんですか!?

ルーチェ

私にできることは何もありません。
私はソレイユさんではありませんので

メラン

…………

メラン

…………

ルーチェ

……すみません

メラン

だからどうして貴女はすぐに謝るんですか!?

ルーチェ

……え?

メラン

──ッ

メラン

す、すみませんルーチェさん……。
怒鳴ってしまって……

ルーチェ

…………。
メラン団長。お聞きしても良いでしょうか?

メラン

何ですか?

ルーチェ

メラン団長とレウコン団長は、いつからお知り合いなのでしょうか?

メラン


お互い存在は小さい頃から知ってたと思いますけど、実際知り合ったのは団長になってからです

ルーチェ

……?
そうなのですか?

メラン

ルーチェ

もう一つよろしいですか?
メラン団長はソレイユさんといつお知り合いになったのでしょうか?

メラン

知り合うと言うか……ソレイユは母なので──

ルーチェ

お母さん!?

メラン


それが何か?

ルーチェ

い、いえ……。
何となく理解しました……

メラン

た、他言はしないでくださいよ?
つい話してしまったけど……

ルーチェ

今度こそ大丈夫です!
大丈夫にしてみせます!

ルーチェ

モヤモヤしていたものが少し解決できたので、これで集中できそうです!

メラン

……何が分かったって言うんですか?

ルーチェ

……言っていいのであれば言わせていただきます。
レウコン団長の大切な人“ソレイユさん”はメラン団長の母。
そして“昔”……おそらくメラン団長が幼少期の頃他界された。
お二人が知り合ったのは団長になってからということなので、事情は分かりませんが“ソレイユさん”はあまりメラン団長のところにはいなかったのだと推測します

メラン

何故、オレのところにいなかったと思った?

ルーチェ

レウコン団長が非常に強くソレイユさんを想っていること。
対してメラン団長は……先程大きな声を出されたときにどこか他人行儀な感じを受けました。
よくソレイユさんが謝られていたのだと予想できますし、普通の親子であればそこまで謝罪することもないかと思います

メラン

…………

ルーチェ

間違っていたら大変申し訳ありません!
私の勝手な想像です!

メラン

すごく似てるけど……やっぱり違うんだ

メラン

オレも、少し解決しました。
ありがとうございます

ルーチェ

メラン

貴女の言うとおり、母はオレの傍にはいませんでした。
そしてオレの知らない間に知らないところで亡くなった……

ルーチェ

…………

メラン

貴女とレンが話しているのを見て、醜く嫉妬していました。
また母はあいつのところに行くんじゃないかと……またオレを残していくのかと

メラン

貴女に母を重ねてしまっていることを謝罪させてください。
貴女と母はもちろん別人だと理解しています。ですが、どうしても完全に切り離せないんです。
オレはレンみたいに大人になりきれない

メラン

で、出来るだけ努力はします!
だから、その……

ルーチェ

告白の流れでしょうか!?

メラン

流れぶった切りに来るな!

メラン

いや、違います。
今後もまた母と重ねてしまうかもしれないので、その時は申し訳ありませんって言おうとしただけですよ!
オレは誰かと付き合う気はないんで

ルーチェ

それはつまり、遊びに遊びたいということなのでしょうか?

メラン

ジルさん余計なこと吹き込みすぎだろ!

メラン

そりゃオレの歳で婚姻して子供がいる人なんて普通にいますけど、オレは子供なんて絶対いらないので婚姻する意味がないから、お付き合いもしないってことですよ。
女性としての幸せをオレは与えることができないんですから

ルーチェ

……子供がお嫌いなのですか?

メラン

まあそんなに好きじゃないのは本当だけど、でも事情がありまして……。
それは絶対言いませんけど

メラン

……そもそも、こんなに話すとは思いませんでした!
オレのこと知らない人にこれだけ話すのは初めてですよ!

ルーチェ

そうなのですか?
嬉しいです!

メラン

嬉しい……?

ルーチェ

はい!
私のことを信用してくださっている、ということですよね?
とても嬉しいことだと思います!

メラン

…………

ルーチェ

お母様と重ねてしまってつい……ということなのかもしれませんが、それでも話すことでメラン団長の心の負担が少しでも軽くなるのであれば、私は構いません。
私なんかが想像も及ばないほど……メラン団長は大変な思いをしてきたのだと思います

メラン

…………

ルーチェ

お飲み物お取替えいたしますね!

メラン

……お願いします

ルーチェ

畏まりました!

pagetop