メラン

言い訳があるなら聞くよ?

レウコン

何のことだ?

メラン

命令違反だ。レウコン第二騎士団長

レウコン

お前の命令は漠然としてて、よく分からなかった

メラン

理解できなかったとその場で言わなければ、理解しているものとするのは当然だ

レウコン

…………

メラン

……どういうつもりだ?

レウコン

確認を、したかった

メラン

確認?

レウコン

……手を見れば、分かるものもあるだろ?

メラン

レウコン

それを見たかっただけだ。
ヤマシイ気持ちなんて微塵もない

メラン

……何が分かったんだよ?

レウコン

話す必要性を感じないが……一つだけ言うなら、あの人とは違うなってことくらいだ

レウコン

これ以上はない

メラン

…………

メラン

ああそう。
じゃあいいよ

レウコン

……何ピリピリしてるんだ?

メラン

してない!

レウコン

お前、もしかして──

メラン

そんなことない!!

レウコン

……最後まで言ってないぞ?

メラン

…………

レウコン

教えてもらえないからって不貞腐れるな

メラン

そんな理由でイラついてると思ってるわけ?

レウコン

全然?

メラン

…………

レウコン

お前の気持ちは分かるが──

メラン

分かってほしくない!

レウコン

……いつもなら引き下がるが、今回はさすがにそうも言ってられないから言わせてもらう

レウコン

ルーチェはあの人じゃない。
お前のほうが“個人的感情”が強いだろ。
そんな状態で遠征にでも行ったら、お前かルーチェのどっちか死ぬぞ?

メラン

余計なお世話だ!

レウコン

オレは、お前しか助けるつもりないから

メラン

…………

レウコン

“最後の姿”とさっき言ったが、“生きてる時の”と付け加える

レウコン

つまり……そういうことだ

メラン

…………

レウコン

もう大人だと言うのなら、第一騎士団長だと言うのなら……キチンと受け入れろ

レウコン

……オレは、お前が悪いとはまったく思ってないからな?

メラン

……ムカつく

レウコン

そうか

メラン

レウコン第二騎士団長。
命令を撤回する

メラン

……ごめん。
誰にも心配かけたくないのに……結局みんなに心配されてばかりだ

レウコン

好かれてる証拠だろ

メラン

──ッ

レウコン

オレもお前が飲み食いしてる時食べ物をのどに詰まらせないかとか、歩いてる時何かに躓いて転んだりよそ見をして柱に激突しないかと常時心配を──

メラン

子供扱い以下の幼児扱いか!?

レウコン

まあそれは嘘だが

メラン

嘘じゃなかったら困る

レウコン

お前が好かれてるのは事実だ。
だから、もっと年上に頼れ。それは悪いことじゃない。
今お前は一人じゃないだろ

メラン

……け、検討するッ!

レウコン

素直じゃないな……

メラン

うるさい黙れアホ!
お前だけには絶対頼らないから安心しろ!

レウコン

オレはいつでも受け入れる気だが?

メラン

…………

レウコン

すぐにどうこうできるものじゃないから、焦る必要はない

レウコン

とりあえずそろそろ戻らないと、ジルの攻撃がお前に集中するぞ?

メラン

……そうだね。
ルーチェさんも心配だし

レウコン

お前より酒に強そうだけどな

メラン

なんでオレの周りって強い人ばっかりなんだろう……?

レウコン

……お前もそんなに弱い方じゃないからな? とはフォローしておく

メラン

酒豪どもめ……

レウコン

頑張って自衛しろ

メラン

そこは助けてくれてもいいんだよ?

レウコン

自衛で忙しい

メラン

オレは生贄か!?

レウコン

お前の犠牲は無駄にはしない!

メラン

覚えてろよ?

レウコン

…………

pagetop