メラン

……士官候補生?

大尉

そうだ。
しばらくの間、そいつを第一騎士団に任せる

メラン

そんなこといきなり言われても困ります!

中佐

すべてを貴方一人に押し付けるわけではありませんよ。
レウコンとジルヴァラにも協力していただきます

レウコン

…………

大尉

……まさか寝てるんじゃないだろうな?

ジルヴァラ

おいレウコン!

中佐

何とかしてください、第一騎士団長

メラン

オレに全部押し付けてこないでください!

大尉

まあいい、話を進める。
アホに構っていたらいつまで経っても終わらないからな!

大尉

配属は第一騎士団で、団長直属の部下となる。
もちろん任務にも同行させる

メラン

何故です?

大尉

上司が現場のことをまったく知らぬわけにはいかないだろう?

中佐

私たちも昔戦場に行きましたからね

メラン

……そうなんだ

中佐

知りませんでしたか?

メラン

勉強不足で申し訳ありません

大尉

……ジルは、知っているな?

ジルヴァラ

そうだな。知っている

中佐

分からないことがあればジルヴァラに聞くといいでしょう。
それと、ジルヴァラにはお願いしたいことがあります

ジルヴァラ

何だ?

大尉

候補生の任務以外での世話を頼みたい

ジルヴァラ

何故私が!?

大尉

お前が適任だからだ

メラン

……女性、ですか?

中佐

その通りです。
ですが、女性だからといって特別甘くする必要はありませんよ?
殉職を考慮した上での候補生です

大尉

オレは殉職しかけたからな……

メラン

……そうだったんですか

メラン

それで?
その候補生は……?

中佐

名前は“ルーチェ”です。歳は貴方より下ですね。
女性だからといって手は出さないよう気を付けてくださいよ?

メラン

そうじゃなくて、何故遅れてるのかなと思いまして。
方向音痴属性持ちならオレはお断りですよ?

中佐

方向音痴だったら、是非第二騎士団に配属させてみたいですよね!

メラン

これ以上そんな属性持ちはいらないからッ!!

レウコン

…………。
メランどうした? うるさいぞ?

メラン

ああ起きたの?
永眠しててよかったのに

大尉

葬儀はいらないな?
適当に投げ捨てて放置でいいだろう?

レウコン

…………

中佐

どうぞ

レウコン

!?

ルーチェ

失礼いたします!
遅くなりまして申し訳ありません!!

メラン

……え?

ルーチェ

お初にお目にかかります、メラン第一騎士団長! ルーチェと申します!
レウコン第二騎士団長とジルヴァラ第三騎士団長もよろしくお願いいたします!

ジルヴァラ

なかなか元気のいい候補生だな

大尉

ウルサイとも言うな

メラン

…………

中佐

レウコン

……もういいだろ。
オレは戻る

大尉

座れ。
話はまだ終わっていない

大尉

レウコン!

大尉

あいつ……また勝手なッ

メラン

…………

中佐

…………。
メラン第一騎士団長、あとでレウコンに伝えておいてください。
それと、終わったら話があります

メラン

……分かりました

ルーチェ

……私、何かしてしまったでしょうか?

中佐

大丈夫でしょう。
ルーチェは騎士団所属の間、騎士団の宿舎に寝泊まりしていただきます。
ジルヴァラには申し訳ありませんが、そのお世話をお願いします

ジルヴァラ

……分かった。引き受けよう

中佐

先程も言いましたが、士官候補生で女性だからといって特別甘くする必要はありません。
ただし、襲わないようにはしてくださいね?

ジルヴァラ

気を付けろよ? メラン

メラン

……大丈夫ですよ

大尉

普段我々に提出する書類はルーチェに任せるといい。
最終確認だけすれば問題はない。
我々の主な仕事はそれだしな

メラン

そうですね。
では任せることにします

ジルヴァラ

もっと喜ぶのかと思ったら、意外な反応だな

メラン

候補生関係の提出書類があるだろうから、全面的に喜べないかなと思いまして

中佐

そうですね。
与えた仕事に対する成果の報告は必須でお願いします。
詳細は後ほどお伝えいたしますので

中佐

では顔合わせも済みましたし、解散としましょう。
ジルヴァラはルーチェを宿舎に案内してあげてください

ジルヴァラ

了解した

ルーチェ

よろしくお願いいたします!

メラン

…………

pagetop